AR# 70287

2017.4 Zynq UltraScale+ MPSoC: R5 コアの FreeRTOS LWIP サンプルでジャンボ フレームが機能しない

説明

RPU コア 0 の FreeRTOS BSP を使用してサンプルの LWIP エコー サンプル アプリケーション プロジェクトを作成しました。 

temac_use_jumbo_frames フラグを使用しジャンボ フレームをイネーブルにするよう LWIP コンフィギュレーションを変更し、もう 1 方の LWIP パラメーターを次のように変更しました。

                PARAMETER ip_frag_max_mtu = 2032

                PARAMETER mem_size = 524288

                PARAMETER memp_n_pbuf = 2048

                PARAMETER memp_n_tcp_seg = 1024

                PARAMETER n_rx_descriptors = 512

                PARAMETER n_tx_descriptors = 512

                PARAMETER pbuf_pool_bufsize = 2700

                PARAMETER pbuf_pool_size = 8192

                PARAMETER tcp_ip_rx_checksum_offload = true

                PARAMETER tcp_ip_tx_checksum_offload = true

                PARAMETER tcp_snd_buf = 65535

                PARAMETER tcp_wnd = 65535

                PARAMETER temac_use_jumbo_frames = true

 

temac_use_jumbo_frames および上記のパラメーターをイネーブルにした後も、ジャンボ フレームは機能しません。

この問題の回避策を教えてください。

ソリューション

2017.4 ツールで LWIP を使用してジャンボ フレームを使用するには、次の手順に従ってください。

次のコマンドを使用してザイリンクスの github ページから embeddedsw リポジトリを複製します。

git clone https://github.com/Xilinx/embeddedsw.git
cd embeddedsw
git checkout xilinx-v2017.4 -b xilinx-v2017.4

このアンサーに添付されているパッチ ファイルをダウンロードし、git ディレクトリ内で次のコマンドを使用してパッチを適用します。

(次のコマンドを使用してパッチを適用しているあいだ、エラーなどがないことを確認してください。)

git apply --stat 0002-lwip141-Fix-jumbo-frame-checks-on-R5.patch
git apply --check 0002-lwip141-Fix-jumbo-frame-checks-on-R5.patch

最後に、次のコマンドを使用してパッチを適用します。

git apply 0002-lwip141-Fix-jumbo-frame-checks-on-R5.patch

 

SDK 2017.4 の [Repositories]embeddedsw を使用します。

SDK リポジトリについての詳細は、SDK ヘルプを参照してください。


LWIP のサンプル アプリケーションを起動し、パッチを適用した LWIP のサンプルが機能していることをテストします。

ジャンボ フレームのサンプルは、後のバージョンのツールで修正される予定です。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
0002-lwip141-Fix-jumbo-frame-checks-on-R5.patch 2 KB PATCH
AR# 70287
日付 12/20/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits