UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 70329

2017.4 Vivado IP フロー - ポートを削除した後にユーザー IP をパッケージすると、予期しないエラーが発生する

説明

Vivado 2017.4 で、パッケージされた IP からいくつかのポートを削除しました。

その後、[Review and Package] → [Package IP] をクリックすると、Vivado IDE が停止し、次のような予期しないエラーが発生します。

#
An unexpected error has occurred (11)
#
Stack:
/EDA/Vivado/2017.4/tps/lnx64/jre/lib/amd64/server/libjvm.so(+0x923da9) [0x7f6713c58da9]
/EDA/Vivado/2017.4/tps/lnx64/jre/lib/amd64/server/libjvm.so(JVM_handle_linux_signal+0xb6) [0x7f6713c5f3f6]
/EDA/Vivado/2017.4/tps/lnx64/jre/lib/amd64/server/libjvm.so(+0x9209d3) [0x7f6713c559d3]
/lib64/libc.so.6() [0x38900326a0]
/EDA/Vivado/2017.4/lib/lnx64.o/librdi_coregen.so(Java_ui_data_coregen_packagerEngine_IPPort_1getName+0x15) [0x7f67422eed75]
[0x7f6703fd3571]

ソリューション

このクラッシュは、ユーザーがパッケージされた IP から複数のポートを削除しようとした後に Vivado 2017.4 の IP パッケージャーで発生する可能性があります。

このエラーを回避するには、次の 2 つのオプションがあります。

  • 1 度に複数のポートを削除するかわりに、1 つずつポートを削除します。
  • 1 度に複数のポートを削除しますが、すべてのポートを削除した後に、Vivado GUI のどこかをクリックして、それから IP をパッケージし直してみます。

この問題は、Vivado 2018.1 で修正される予定です。

AR# 70329
日付 12/20/2017
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
このページをブックマークに追加