AR# 70379

HDMI Transmitter (TX) Subsystem v3.0 - Software Driver v4.0 - HDMI 2.0 の解像度 (TMDS クロック >340 MHz) から HDMI 1.4 の解像度に切り替えてもスクランブラーがイネーブルのままなのはなぜか

説明

HDMI 2.0 の解像度から (TMDS クロック >340 MHz) HDMI 1.4 の解像度へ切り替えてもスクランブラーがイネーブルのままなのはなぜですか。

ソリューション

これは、Vivado 2018.1 以降で修正される HDMI TX Subsystem v3.0 Software Driver v4.0 での既知の問題です。

この問題は、Vivado 2018.1 以降で修正されています。

  • Vivado 2017.4 - HDMI Transmitter Subsystem パッチを (Xilinx Answer 70380) からダウンロードすると、この問題を回避できます。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 70379
日付 01/12/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
IP