UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 70386

2017.4 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2017.4 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2018 Xilinx, Inc. All rights reserved. This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc. and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER
This disclaimer is not a license and does not grant any rights to the materials distributed herewith.Except asotherwise provided in a valid license issued to you by Xilinx, and to the maximum extent permitted by applicable law: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" AND WITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIES AND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON-INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and (2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort, including negligence, or under any other theory of liability) for any loss or damage of any kind or nature related to, arising under or in connection with these materials, including for any direct, or any indirect, special, incidental, or consequential loss or damage (including loss of data, profits, goodwill, or any type of loss or damage suffered as a result of any action brought by a third party) even if such damage or loss was reasonably foreseeable or Xilinx had been advised of the possibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS
Xilinx products are not designed or intended to be fail-safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage(individually and collectively, "Critical  Applications").
Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

100M/1G TSN Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 1)

* 一般: 機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet MAC (15.1)

* バージョン 15.1(Rev. 4)

* 変更なし

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G/25G Ethernet Subsystem (2.3)

* バージョン 2.3(Rev. 1)

* 機能改善: CR 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/10G/25G Switching Ethernet Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 1)

* 機能改善: Virtex UltraScale GTH、Kintex UltraScale GTH、Kintex UltraScale+ GTH、Zynq UltraScale+ GTH のデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (16.1)

* Version 16.1(Rev. 2)

* 機能改善: 1588 ptp の rxoutclk のデバイス サポートを追加

* その他: タイミング修正をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

32-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 9)

* 評価ライセンスのように有償ライセンスがタイムアウトしてしまう問題を修正

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 14)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 12)

* 変更なし

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 一般: メタデータへの変更。(機能上の変更はなし)

3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 変更なし

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 変更なし

40G/50G Ethernet Subsystem (2.3)

* バージョン 2.3(Rev. 1)

* 機能改善: CR

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 9)

* 評価ライセンスのように有償ライセンスがタイムアウトしてしまう問題を修正

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 8)

* バグ修正: XAZU デバイス サポートに関連したロジックを修正

* バグ修正: ライン レートが 5.0 Gpbs を超える場合の 2 バイト内部データ幅をサポートしないため、Zynq データシートの条件に従うよう、GUI を修正

* バグ修正: 有効な基準クロック選択をチェックするために使用される DRC をアップデート

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 7)

* 一般: インターフェイス値で xx を削除

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AMM AXI Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.1)

* バージョン 7.1(Rev. 2)

*一般: このコアのサブコアの変更に関しては、tri_mode_ethernet_mac v9_0 および gig_ethernet_pcs_pma v16_1 のコア変更ログを参照。

* 一般: 未接続ポートの修正をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHBLite Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AMM Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI APB Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 一般: 64 ビットのアドレス指定をサポートするため Memory_Depth を変更

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* バグ修正: プロジェクトの言語が VHDL の場合、または外部スタートアップ プリミティブが選択されている場合のシミュレーション パラメーター階層を修正。

* 機能改善: UltraScale デバイスの Tandem および PR シミュレーションのサポートを追加

* その他: IP サンプル デザインのシミュレーション タイムアウト値を 2.5 ms に変更

* その他: PCIe ID GUI タブのインターフェイス値から xx を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 16)

* 一般: IP インテグレーターの拡張サポート

* 一般: サンプル デザインのアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EPC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Buffer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Clocking (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AXI EthernetLite (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 10)

* 変更なし

AXI Lite IPIF (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし

AXI MMU (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.8)

* バージョン 2.8 (Rev. 7)

* 機能改善: AXIBAR がないとき、スレーブ エラー応答をイネーブルにする c_axibar_chk_slv_err オプションを追加

* その他: component.xml IP-XACT ファイルに AXI レジスタ記述を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Multi Channel Direct Memory Access (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 1)

* 一般: バグ修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 一般: オプションで pc_status に hidden user_param enable_mark_debug で制御されるmark_debug 属性を追加

* 一般: メタデータのアサート チェックに has_wstrb パラメーターを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Firewall (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: サンプル デザインを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 14)

* 一般: 制約のアップデート。1 ns の最大遅延を 1.3 ns に緩和

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 15)

* バグ修正: 古い手動フロアプランニング用の SLR クロッシング モードのサブモジュール インスタンス名を修正。

* 新機能: SLR ごとに可変パイプライン段のあるマルチ SLR クロッシング モードを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI SmartConnect (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 一般: テストを実行しやすくするための若干の内部変更機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Traffic Generator (3.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* 一般: サンプル デザイン TB のアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI USB2 Device (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Uartlite (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Verification IP (1.1)

* バージョン 1.1(Rev. 1)

* 一般: サンプル デザインのアップデート。

* 一般: slv_rd_driver verbosity を追加

* 一般: インターフェイス アサートを変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Video Direct Memory Access (6.3)

* バージョン 6.3Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 12)

* 変更なし

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Verification IP (1.1)

* バージョン 1.1(Rev. 1)

* 一般: インターフェイス アサートを変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Accumulator (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Adder/Subtracter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Aurora 64B66B (11.2)

* Version 11.2Rev. 3)

* バグ修正: HLD_POLARITY_OUT 信号の CDC 警告を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 8B10B (11.1)

* バージョン 11.1 Rev. 3)

* 一般: XC7A12T、XC7A12Ti、XC7A25T、XC7A25Ti、XC7Z012S デバイスでの CPG238 パッケージのサポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Binary Counter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Block Memory Generator (8.4)

* バージョン 8.4(Rev. 1)

* 一般: IP の GUI に表示されている書き込みの深さは選択されているデバイスで使用可能な BRAM の数に依存するようになりました。機能上の変更はなし。

CANFD (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 一般: Spartan-7 デバイスのサポートを追加。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CIC Compiler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 12)

* 変更なし

CORDIC (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 13)

* 一般: GCC の最新バージョンで正しくコンパイルできるよう、run_bitacc_cmodel に cstdlib を追加。(機能上の変更はなし)

CPRI (8.8)

* Version 8.8(Rev. 1)

* バグ修正: 重複した set_max_delay 制約を削除することメソドロジー TIMING-11 違反を修正。

* バグ修正: Vivado で警告が表示されていた 7 シリーズのロジックのバグを修正。

* バグ修正: iaw IEEE 802.3bj-2014 91.5.3.3 の未修正のコードワードがある場合は、ハード FEC で同期ヘッダーが破損するように変更。

* バグ修正: corrected_cw_inc が各コードワードでアサートされていたハード FEC インプリメンテーションでのバグを修正。

* 機能改善: ハード FEC が選択されているとき GUI のスレーブ オプションをディスエーブル。スレーブは現在ハード FEC ではサポートされません。

* 機能改善: Vivado メソドロジー警告メッセージを削除し、同期化ロジックを最適化。

* 機能改善: 低いファンアウト制御セットを低減するため TX 制御ワード ロジックをリファクタリング。

* 機能改善: ランタイムを改善するため get_pins 制約をアップデート。

* 機能改善: 制約されていない内部エンドポイントの警告メッセージを削除するため、未使用の PicoBlaze ポートに false_path 制約を追加。

* その他: azynquplus デバイスのサポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Clock Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Clocking Wizard (5.4)

* Version 5.4Rev. 3)

* バグ修正: COMPENSATION モードを INTERNAL になるよう GUI を修正

* バグ修正: MMCME3、MMCME4 CR-991054 の分数値 M のダイナミック リコンフィギュレーションの問題を修正

Color Correction Matrix (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Color Filter Array Interpolation (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Compact GT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Complex Multiplier (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 14)

* 一般: GCC の最新バージョンで正しくコンパイルできるよう、run_bitacc_cmodel に cstdlib を追加。機能上の変更はなし。

Concat (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 1)

* 変更なし

Constant (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 変更なし

Convolution Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 12)

* 変更なし

DDR3 SDRAM (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (2.2)

* バージョン 2.2Rev. 3)

* 一般: 2017.4 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 一般: GCC の最新バージョンで正しくコンパイルできるよう、run_bitacc_cmodel に cstdlib を追加。機能上の変更はなし。

DMA/Bridge Subsystem for PCI Express (PCIe) (4.0)

* バージョン 4.0(Rev. 1)

* バグ修正: MSIX 制御レジスタの MSI-X イネーブル ビットが 0 の間に、MSI-X テーブルおよび PBA レジスタをプログラムをできるように修正。(ブリッジの機能モードのみに影響)

* バグ修正: MSI-X 表サイズを 'h1F (32 ベクター) に訂正。

* バグ修正: C2H トラフィックが多いとき、レジスタの読み出しエラーを引き起こしていた CC から TX への変換を修正。(この問題は DMA とブリッジの両方の機能モードに影響 - 7 シリーズのみ)

* バグ修正: 64 ビットのアドレス指定がイネーブルのとき、PCIe ハード ブロックの受信データを修正。(この問題は DMA とブリッジの両方の機能モードに影響 - 7 シリーズのみ)

* バグ修正: UltraScale+ で ext_sys_clk_bufg オプションを修正

* 機能改善: [GT Settings] ページに自動 RX 等化のサポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP48 Macro (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 変更なし

DUC/DDC Compiler (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 一般: GCC の最新バージョンで正しくコンパイルできるよう、run_bitacc_cmodel に cstdlib を追加。機能上の変更はなし。

Debug Bridge (3.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* 一般: GUI モードの情報メッセージをアップデート

Discrete Fourier Transform (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 変更なし

DisplayPort (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1(Rev. 1)

* 機能改善: A7 デバイスのサポートがなくなりました。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort TX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1(Rev. 1)

* 機能改善: A7 デバイスのサポートがなくなりました。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Distributed Memory Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Divider Generator (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 12)

* 変更なし

Double Data Rate Sampling (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

ECC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FEC 5G Common Utilities (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

FIFO Generator (13.2)

* Version 13.2(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIR Compiler (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 10)

* 機能改善: シフト レジスタ推論属性の SHREG_EXTRACT および SRL_STYLE を削除するためのオプションを追加

Fast Fourier Transform (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 14)

* 一般: 不動焦点の FFT のクロック周波数の改善機能上の変更はなし。

* 一般: パイプライン化された、ストリーミング I/O アーキテクチャをブロック浮動小数点のデータパスでモデル化すると、データ依存した、間違ったブロック指数になるのを修正するため、C モデルのバグを修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fiber Channel 32GFC RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fixed Interval Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* 変更なし

FlexO 100G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

*一般: 機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Floating-point (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 5)

* 変更なし

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.3)

* バージョン 2.3(Rev. 1)

* 変更なし

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 14)

* 変更なし

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 16)

* 一般: ソース コードのコメントをアップデート。機能上の変更はなし。

Gamma Correction (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Gamma LUT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Gmii to Rgmii (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 5)

* 一般: オートモーティブ Zynq UltraScale+ デバイスのサポートを追加

HDCP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし

HDCP 2.2 Cipher (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDCP 2.2 Montgomery Modular Multiplier (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDCP 2.2 Random Number Generator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

HDCP 2.2 Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし

HDCP 2.2 Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし

HDMI 1.4/3.0 Receiver (2.0)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/3.0 Receiver Subsystem (2.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* バグ修正: VIC106 の HFP および HBP の間違った値を修正

* バグ修正: AXI4_Lite で Aud_Reset および TMDSClkRatio レジスタビットを読み出すように修正。

* バグ修正: HBR 音声のサポート問題を修正

* バグ修正: 音声パターン ジェネレーターでのオーディオ チャンネル スワップの問題を修正

* バグ修正: FSBL をサポートするため PS 設定の問題を修正

HDMI 1.4/3.0 Transmitter (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

HDMI 1.4/3.0 Transmitter Subsystem (2.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* バグ修正: AXI4_Lite で Aud_Reset および TMDSClkRatio レジスタビットを読み出すように修正。

* バグ修正: HBR 音声のサポート問題を修正

* バグ修正: 音声パターン ジェネレーターでのオーディオ チャンネル スワップの問題を修正

* バグ修正: SCL および SDA 信号の同時立ち上がりでの DDC の問題を修正

* バグ修正: FSBL をサポートするため PS 設定の問題を修正

High Speed SelectIO Wizard (3.2)

* バージョン 3.2Rev. 3)

* バグ修正: LVDS 規格の DIFF_TERM 選択での問題を修正

* 機能改善: 非同期モードのサポートをアップデート (ベータ)

* その他: Rx Only のバス方向で非同期モード (ベータ) のサポートをイネーブル

IBERT 7 Series GTH (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTX (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTH (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 9)

* 一般: 対象デバイスファミリをプロダクション ステータスにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTY (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 9)

* 一般: Virtex UltraScale+ HBM デバイスの新規デバイス サポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 200G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 25G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 400G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 50G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3bj 100G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 5)

* 一般: XDC 警告を処理するため ILA をアップデート

IOModule (3.1)

* バージョン 3.1Rev. 3)

* 一般: PIT カウンターの RTL インプリメンテーションを提供。機能上の変更はなし。

Image Enhancement (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

In System IBERT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interlaken 150G (2.3)

* バージョン 2.3(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interleaver/De-interleaver (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 11)

* 変更なし

JESD204 (7.2)

* Version 7.2(Rev. 1)

* バグ修正: ffvd1760 パッケージの Zynq UltraScale Plus デバイスで GT タイプを選択できなかった問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 PHY (4.0)

* バージョン 4.0(Rev. 1)

* バグ修正: AR70023 の一部のコンフィギュレーションで CPLL リセット パルスの周期が短すぎた問題を修正

* バグ修正: ffvd1760 パッケージの Zynq UltraScale Plus デバイスで GT タイプを選択できなかった問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204C (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JTAG to AXI Master (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LDPC Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* バグ修正: シングル ブロックの DOUT データおよびパリティ フラグが間違っていたレイヤーのルックアップ問題を修正。(Xilinx Answer 69966) を参照。 

LMB BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 一般: 複数の LMB ポートを使用している場合の ECC タイミングを改善

LPDDR3 SDRAM (MIG) (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE DL Channel Encoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 変更なし

LTE Fast Fourier Transform (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE PUCCH Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE RACH Detector (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* 一般: 評価コアでの問題を削除するため、機能には影響しない修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE UL Channel Decoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 変更なし

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 変更なし

MIPI CSI-2 Rx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Rx Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* ポート変更: C_SHARE_IDLYCTRL が false に設定されている場合、dlyctrl_rdy_in ポートを追加

* 機能改善: Virtex-7、Kintex-7、Artix-7、Zynq-7000 のプロダクション デバイスのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Tx Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 機能改善: Virtex-7、Kintex-7、Artix-7、Zynq-7000 のプロダクション デバイスのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (4.0)

* バージョン 4.0(Rev. 1)

* ポート変更: C_SHARE_IDLYCTRL が false に設定されている場合、dlyctrl_rdy_in ポートを追加

* バグ修正: D-PHY TX のレーン全体での treadyhs アサートを修正

* バグ修正: HS_PREPARE の時間が OBUFTDS がイネーブルになっている 7 シリーズの MIPI D-PHY TX の仕様範囲内になるように修正

* バグ修正: HS_SETTLE レジスタ値が D-PHY RX でアップデートされていなかった問題を修正

* 機能改善: Virtex-7、Kintex-7、Artix-7、Zynq-7000 のプロダクション デバイスのサポート

* その他: HSSIO DIFFERENTIAL_IO_TERMINATION パラメーターを NONE から TO_NONE にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 機能改善: Virtex-7、Kintex-7、Artix-7、Zynq-7000 のプロダクション デバイスのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 変更なし

Memory Helper Core (1.4)

* Version 1.4

* 変更なし

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 5)

* 変更なし

MicroBlaze (10.0)

* バージョン 10.0 (Rev. 5)

* バグ修正: 間違ったソフトウェア ブレークポイントが設定されないように修正。この問題の発生したバージョン: 10.0. ソフトウェア ブレークポイントでデバッグをすると周波数最適化でのみ問題が発生する可能性がある。

* バグ修正: MSR の DZO ビットが間違って消去されないように修正。この問題の発生したバージョン: 10.0. 整数分周率をすると周波数最適化でのみ問題が発生する可能性がある。

* その他: キャッシュがイネーブルのとき、キャッシュ可能メモリが使用できない場合に警告メッセージを表示

* その他: デバッグ外部トレースに制約を追加

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 12)

* バグ修正: MDM がインスタンシエートされていると [Enable Cross Trigger] および [External Trace] が非アクティベートにならない問題を修正。

* 機能改善: AXI スレーブ インターフェイスでのアクセスに MDM が常に応答するようにしました。

* 機能改善: 外部トリガー リセット値を設定するためのパラメーターを追加

* 機能改善: 代替の外部トレース プロトコルを追加

MicroBlaze MCS (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* バグ修正: IP インテグレーター ブロック デザインでクロック、リセットおよび外部割り込みのプロパティをポートから伝搬。IP コンフィギュレーション ダイアログ ボックスから対応する設定を削除。

* その他: XA Zynq UltraScale+ および XA Spartan-7 デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 13)

* 変更なし

Multiply Adder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Mutex (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 変更なし

PCIe PHY IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 機能改善: 非同期クロックの制約をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Controller (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* バグ修正: IES/ncsim export_simulation フローでコアを修正

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 2)

* 変更なし

Processor System Reset (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 変更なし

QDRII+ SRAM (MIG) (1.4)

* Version 1.4Rev. 3)

* 一般: 2017.4 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM (MIG) (2.0)

* バージョン 2.0Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM PHY IP (2.0)

* バージョン 1.2

* 変更なし

QSGMII (3.4)

* Version 3.4(Rev. 2)

* バグ修正: 7 シリーズ トランシーバーをターゲットにするデータ有効生成のイネーブル信号を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAM-based Shift Register (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 11)

* 変更なし

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RLDRAM3 (MIG) (1.4)

* Version 1.4Rev. 3)

* 一般: 2017.4 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.4)

* Version 4.4(Rev. 2)

* バグ修正: UltraScale デバイスの SYNC_COUNT_LENGTH の値を 26 に変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Decoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 13)

* 変更なし

Reed-Solomon Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Reset Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

S/PDIF (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC EXIT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: VCD 比較エラーを避けるためメモリを初期化

SC MMU (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし

SC SI_CONVERTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし

SC SPLITTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

SC TRANSACTION_REGULATOR (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし

SDI RX to Video Bridge (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI RX (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI RX SUBSYSTEM (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 1)

* バグ修正: UHD-SDI パススルーのサンプル デザイン生成スクリプトから ZCU106 ボードの参照を削除

SMPTE UHD-SDI TX (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI TX SUBSYSTEM (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SPI-4.2 (13.0)

* バージョン 13.0 (Rev. 11)

* 変更なし

SelectIO Interface Wizard (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 10)

* 一般: ASPARTAN7 デバイスのサポートを追加

Sensor Demosaic (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Serial RapidIO Gen2 (4.1)

* バージョン 4.1(Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect AXI2SC Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし

SmartConnect Node (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* バグ修正: マルチクロック モードのとき、BRAM FIFO に出力フリップフロップを追加。

SmartConnect SC2AXI Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし

SmartConnect Switchboard (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

Soft Error Mitigation (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 10)

* 変更なし

Switch Core Top (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Cache (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 3)

* 変更なし

System ILA (1.1)

* バージョン 1.1(Rev. 1)

* 一般: AXI プロトコル チェッカーの変更に応じて IP をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Management Wizard (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 6)

* 変更なし

TMR Comparator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

TMR Inject (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

TMR Manager (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 2)

* バグ修正: 生成されたラッパーとサンプル デザインのテストベンチのポート名を一致させるために修正

TMR Soft Error Mitigation Interface (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TMR Voter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

TSN Tri Mode Ethernet MAC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

Timer Sync 1588 (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 4)

* 変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 10)

* バグ修正: RTC クロックのナノ秒のフィールドが繰り越されると、秒フィールドおよびナノ秒フィールドが同期しなくなる AVB RTC クロック ロジックのバグを修正

UHD-SDI GT (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

UltraScale 100G Ethernet Subsystem (2.3)

* バージョン 2.3(Rev. 1)

* 一般: タイミング修正をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.4)

* Version 4.4(Rev. 1)

* 一般: RBAR 機能の GUI オプションはコアでサポートされていないため削除。

* 一般: パイプラインの段数が 2 に設定されている場合のパイプ モード シミュレーションの問題を修正

* 一般: RP モードのサンプル デザインのリンク番号 (cfg_ds_port_number) を 8'h9F から 8'h00 へ変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.7)

* バージョン 1.7(Rev. 2)

* 一般: 一部の トランシーバー コンフィギュレーション プリセットのステータスをアップデート

* 一般: 警告メッセージの数を減らすため、GTHE4/GTYE4 の遅延パワーグッド ロジックを変更

UltraScale Soft Error Mitigation (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 6)

* 一般: スピード ファイルのステータスと一致させるため UltraScale+ の IP ステータスをアップデート

UltraScale+ 100G Ethernet Subsystem (2.4)

* バージョン 2.4(Rev. 1)

* 一般: 新しい Virtex UltraScale+ デバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express 4c Integrated Block (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 機能改善: [GT Settings] ページに自動 RX 等化のサポートを追加。

* 機能改善: pcie4_cfg_external_msix インターフェイスに cfg_interrupt_msi_function_number を追加。

* 機能改善: IP レベルの XDC の set_clock_groups 制約の名前を削除。

* 機能改善: IP レベルの XDC の create_clock 制約の名前を削除。

* 機能改善: タイミングを修正するため 512-I/F に clock_delay_group 制約と追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.3)

* バージョン 1.3(Rev. 1)

* 機能改善: [GT Settings] ページに自動 RX 等化のサポートを追加。

* 機能改善: IP レベルの XDC の set_clock_groups 制約の名前を削除。

* 機能改善: IP レベルの XDC の create_clock 制約の名前を削除。

* 機能改善: タイミングを修正するため 512-I/F に clock_delay_group 制約と追加。

* その他: RP モードのサンプル デザインのリンク番号 (cfg_ds_port_number) を 8'h9F から 8'h00 へ変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Universal Serial XGMII Ethernet Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 1)

* バグ修正: サンプル デザインの AXI4-Lite FSM で、block_lock チェックを gt_reset_done で検証

* その他: コアのステータスをプロダクションに変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Utility Reduced Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 変更なし

Utility Vector Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 変更なし

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 変更なし

Video Color Space Conversion and Correction (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Read (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Write (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video In to AXI4-Stream (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 7)

* 変更なし

Video Letterbox Engine (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Mixer (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 一般: シミュレーション サンプル デザインでアドレス自動割り当て

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video On Screen Display (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video PHY Controller (2.1)

* バージョン 2.1(Rev. 1)

* 一般: GTHE3 および GTHE4 の DP プロトコルに 8.1 Gpbs の最大 GT ライン レートのサポートを追加

Video Processing Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Test Pattern Generator (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 12)

* 一般: カスタム GUI に検証チェックを追加。

Video Vertical Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Vertical Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video to SDI TX Bridge (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.3)

* バージョン 4.3(Rev. 1)

* 一般: RBAR 機能の GUI オプションはコアでサポートされていないため削除。

Viterbi Decoder (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 8)

* 変更なし

XADC Wizard (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 5)

* 一般: この IP に対し aspartan7 サポートを追加

XAUI (12.3)

* Version 12.3(Rev. 2)

* 一般: HDIO ロケーションに I/O が配置されないようにするため、サンプル デザインの XDC ファイルに制約を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

XHMC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* バグ修正: UltraScale+ GTH の gt_drp アドレス幅を修正

* バグ修正: UltraScale+ GTH の isi_gt_txdiffctrl_in アドレス幅を修正

* バグ修正: 非再順序付けモードの RID 幅を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQ UltraScale+ VCU (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System (5.5)

* バージョン 5.5 (Rev. 6)

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQMPSOC Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Zynq UltraScale+ MPSoC (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* バグ修正: ACP ポート、S_AXI0_HP0_FPD ポートの AXI_VIP ラッパーの問題を修正。

* バグ修正: SDx run での制約生成の問題を修正。

* バグ修正: アップグレード中の PSU__M_AXI_GP2__FREQMHZ の伝搬を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

axi_msg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

axi_sg (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

interrupt_controller (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 変更なし

lib_bmg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_cdc (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_pkg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

 

AR# 70386
日付 01/17/2018
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
  • Vivado Design Suite
このページをブックマークに追加