AR# 70445

2017.4 Vivado HLS - Windows OS - hls::stream インターフェイスを使用すると、生成された RTL にポートが不足する

説明

Windows OS (Windows 7 または Windows 10) では、Vivado HLS 2017.4 により、hls::stream インターフェイスに対して間違った RTL コードが生成されます。

このため、生成された RTL にインターフェイスの一部のポートが不足します。

  • TVALID
  • TKEEP
  • TSTRB
  • TUSER
  • TLAST
  • TID
  • TDEST

この問題は、(Xilinx Answer 70421) で説明されているとおり、ザイリンクス HLS ベースの IP (TPG、VPSS、Video Mixer など) に影響します。

ソリューション

このアンサーに添付されているパッチを Vivado 2017.4 のルート インストールにインストールする必要があります (手順については README_AR70445.txt を参照)。

パッチがインストールされたら、ザイリンクス ツールをすべて閉じ、再起動します。

注記: このパッチにより、Windows OS 上の llvm/clang 3.1 が修正されます。

この問題は Vivado 2018.1 で修正される予定です。


添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
AR70445_vivado_hls_2017_4_preliminary_rev1.zip 24 MB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 70445
日付 02/27/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール