AR# 70581

LogiCORE IP MIPI D-PHY Controller v4.0 (rev.1) (または MIPI CSI-2 Receiver Subsystem v3.0 (Rev. 1)) - UltraScale+ デバイスをターゲットにすると MIPI RX IP で SoT/ECC/CRC エラーが発生する

説明

UltraScale+ デバイスをターゲットにすると MIPI RX IP で SoT/ECC/CRC エラーが発生するのはなぜですか。

UltraScale+ をターゲットにして MIPI D-PHY RX IP (または MIPI CSI-2 Receiver Subsystem) を使用した場合、イメージ センサーに正しいグローバル オペレーションのタイミング パラメーターが設定されているにもかかわらず、一部の UltraScale+ デバイスで SoT/ECC/CRC エラーが発生することがあります。

ソリューション

この問題は、Vivado 2017.2、2017.3、および 2017.4 を使用して生成した MIPI D-PHY RX IP (または MIPI CSI-2 Receiver Subsystem) で発生します。

また、イメージ センサーが非連続クロック モードに設定されている場合に、一部のデバイスで生じます。

(イメージ センサーが連続クロック モードに設定されている場合、この問題は生じません)。

LP から HP モードへの遷移における MIPI D-PHY クロック レーンの変動入力信号によって、データ レーン FIFO で無効なデータがキャプチャされてしまい、SoT/ECC/CRC エラーが発生します。

この問題は、Vivado 2018.1 で修正される予定です。

  • Vivado 2017.4 バージョンを使用している場合は、(Xilinx Answer 70530) から LogiCORE IP MIPI D-PHY Controller v4.0 パッチをダウンロードできます。
  • Vivado 2017.2、2017.3、またはそれ以前のバージョンを使用している場合は、デザインを 2017.4 バージョンにアップグレードしてからパッチを適用してください。すべてのユーザーが Vivado 2018.1 へ移行することを推奨しています。


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 70581
日付 03/21/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP