UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 70586

SMPTE UHD-SDI RX Subsystem v1.0 (Rev. 1) - SDI ソース用の Blackmagic Design ATEM 4K を使用する場合に ST352 valid ビットが 1080i59.94 用にトグルする理由

説明

SDI ソース用の Blackmagic Design ATEM 4K を使用する場合に ST352 valid ビットが 1080i59.94 用にトグルする理由を教えてください。

ソリューション

これは、HBR オーディオ インプリメンテーションに関する既知の問題です。

この問題は、Vivado 2018.1 以降で修正される予定です。

  • Vivado 2017.4 の場合は、(Xilinx Answer 70593) に添付されている SMPTE UHD-SDI RX Subsystem パッチを適用すると、この問題を回避できます。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 70586
日付 02/27/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
このページをブックマークに追加