AR# 70599

SDK - パッチを適用したドライバーの使用方法

説明

パッチを適用したドライバーを SDK 内で使用するにはどうしたらよいでしょうか。

ソリューション

SDK でカスタムのリポジトリ フォルダーを指定でき、そこにパッチを適用したドライバー、サードパーティのドライバー、ライブラリなどを保存できます。 

「SDK ヘルプ」にあるように、ローカル リポジトリはグローバル リポジトリよりも優先されるので、それらを使用して、同じバージョン番号を使用して既存のドライバーにパッチを適用できます。

カスタム リポジトリ (新しいドライバーがある) は GUI またはバッチ モードを使用してプロジェクトに追加できます。

GUI モード:

[Xilinx ] → [Repositories] をクリックします。

 


 

 

 

2) ドライバーの親フォルダーとして新しいリポジトリを追加します。

注記: このリポジトリ フォルダーには、「driver」や「sw_services」などの適切なフォルダーを含めておく必要があります。

 


 

 

注記: BSP が既に作成されている場合は、新しいドライバーでアップデートする必要があります。[Re-generate BSP Sources] オプションを使用します。

バッチ モード:

次はユーザーリポジトリで BSP を作成するための Tcl スクリプトの例です。

#!/usr/bin/tclsh
#set workspace location
sdk setws ./

#import hdf file
sdk createhw -name exdes_wrapper_hardware_platform_batch -hwspec ../../v_hdmi_rx_ss_0_ex/v_hdmi_rx_ss_0_ex.sdk/exdes_wrapper.hdf

#add my repo here
sdk set_user_repo_path ../../sw_repos

#creating bsp
sdk createbsp -name standalone_bsp_0 -hwproject exdes_wrapper_hardware_platform_batch -proc ps7_cortexa9_0 -os standalone
sdk projects -build -type bsp -name standalone_bsp_0

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
66297 SDK - デザイン アシスタント N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
32309 EDK - 作成したドライバーを SDK で使用できない N/A N/A
AR# 70599
日付 08/29/2018
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
ツール