AR# 70698

LogiCORE Discrete Fourier Transform (DFT) v4.0 - Vivado 2018.1 が使用されていて、同期リセットがない場合、DFT IP コアの一部のコンフィギュレーションが合成後に論理的に間違っていることがある

説明

Vivado 2018.1 が使用されていて、同期リセットがない場合、DFT IP コアの一部のコンフィギュレーションが合成後に論理的に間違っていることがあります。

これは、すべてのコア出力でビヘイビアー シミュレーションとの不一致として現れます。

ソリューション

この IP コアを生成する前に、同期リセット (SCLR) コアのオプションがオンになっていることを確認してください。

この問題は、Vivado 2018.2 で修正される予定です。Vivado 2017.4 またはそれ以上のバージョンを使用することも回避策として推奨します。

AR# 70698
日付 04/09/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール
IP