UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 70921

2018.2 Vivado IP フロー - IP インテグレーターのブロック デザイン IP インスタンスを選択してアップグレードする機能に既知の問題

説明

IP インテグレーターのブロック デザイン (BD) で選択したブロックのみをアップグレードする機能が Vivado 2018.1 で追加されました。

この機能の詳細は、(UG896) の「選択的な IP のアップグレード」のセクションを参照してください。

https://japan.xilinx.com/cgi-bin/docs/rdoc?v=latest;d=ug896-vivado-ip.pdf

このアンサーでは、後のリリースで修正または改善される予定の問題の一部がまとめられています。

ソリューション

既知の問題:

A) 選択アップグレードを使用すると、プロジェクト デバイスが変更されていても、アップグレードする IP ブロックの選択を解除できます。


  • IP ブロックが生成されたときに使用されていたデバイスからプロジェクト デバイスが変更された場合、このデバイスは選択解除されるべきではありません。選択解除されてしまうと、異なるデバイス設定でブロック デザインが生成されてしまいます。
  • この問題は、Vivado 2018.2 で修正されています。


B) MIG IP ブロックの DCP が次のケースで有効なチェックポイントとして認識されません。

  1. MIG がブロック デザイン IP のほかの部分と一緒にアップグレードされていない
  2. ユーザーがロックされている MIG IP カスタマイズ GUI を開こうとしている (BD でダブルクリックしたなど)
  3. ユーザーが MIG 出力ファイルをリセットしようとし、それから
  4. デザインを再合成しようとした

ERROR: [Runs 36-335] '/proj/.Xil/Vivado-gen/myproj_bd_axi_7series_ddrx_0_0/myproj_bd_axi_7series_ddrx_0_0.dcp' is not a valid design checkpoint

  • MIG 7 Series IP の再カスタマイズには、ディスク上に一時的なディレクトリが必要です。メモリのみに IP インスタンスをコピーする新サポートがあるため、このディレクトリが Vivado 2018.1 では抜けています。
  • この問題は、Vivado 2018.2 で修正されています。


C) [Properties] ウィンドウで、既に最新になっている IP ブロックに対し、LOCK_UPGRADE のボックスをオンにすると、セルが完全に生成されなかったことを伝えるエラー メッセージが表示されます。

例:

set_property LOCK_UPGRADE 1 [get_bd_cells /axi_gpio_0]

ERROR: [BD 41-1985] Cannot lock the cell /axi_gpio_0 that is not fully generated

  • [IP Status] ウィンドウでは、この LOCK_UPGRADE のボックスは正しくグレー表示になっていて、変更できません。[Properties] ウィンドウではなく、[IP Status] ウィンドウでこのプロパティを制御する必要があります。
  • IP ブロック出力が完全には生成されていないことを示す無効のメッセージが表示されるだけで、このプロパティを変更しようとしても実際には変更できず、IP コアまたはデザインには悪影響はありません。
  • この問題は、Vivado 2018.3 で修正される予定です。
AR# 70921
日付 06/18/2018
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
このページをブックマークに追加