AR# 70956

2018.1 Zynq UltraScale+ MPSoC: ZCU106 PetaLinux BSP に対して構築済みのイメージを使用して XEN をブートできない

説明

構築済みのイメージを使用して ZCU106 PetaLinux BSP で XEN を起動すると、カーネル パニックが発生します。

[ 4.490172] [<ffffff8008d30a1c>] zynqmp_pm_platform_driver_init+0x18/0x20

[ 4.497004] [<ffffff8008083980>] do_one_initcall+0x38/0x128

[ 4.502628] [<ffffff8008d10cc4>] kernel_init_freeable+0x138/0x1d8

[ 4.508773] [<ffffff8008a129e0>] kernel_init+0x10/0x100

[ 4.514046] [<ffffff8008084a90>] ret_from_fork+0x10/0x18

[ 4.519415] Code: 2a080042 b8236885 29008829 17ffffbf (d4000003) 

[ 4.525553] --[ end trace 0850631db9521139 ]--

[ 4.530252] Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init! exitcode=0x0000000b

[ 4.530252] 

[ 4.539480] Kernel Offset: disabled

[ 4.543025] CPU features: 0x002004

[ 4.546484] Memory Limit: none

 

[ 4.549605] ---[ end Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init! exitcode=0x0000000b

ソリューション

これは、CMA メモリが VCU OOB 機能用に予約されているために発生します。

カーネル コマンド ライン引数に cma = 256M を追加して、CMA サイズをデフォルトの 1000MB から 256MB に変更します。

2) DOM0 メモリをデフォルトの 768M から 1.2G に増やします。

xen-overlay.dtsi:

xen,xen-bootargs = "console=dtuart dtuart=serial0 dom0_mem=1200M bootscrub=0 maxcpus=1 timer_slop=0";
AR# 70956
日付 04/23/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits