AR# 71023

2018.1 Zynq UltraScale+ MPSoC VCU - VCU デコーダーが破損した AVC ファイルでハングすることがあるのはなぜか

説明

VCU デコーダーが破損した AVC ファイルでハングすることがあるのはなぜですか。

ソリューション

この問題は、AVC ファイルが破損した場合に VCU 制御ソフトウェアが復旧できないことがあり、VCU デコーダーがハングするために発生します。

添付のパッチを適用して VCU 制御ソフトウェア (vcu-ctrl-sw) をアップデートすることで、この問題を解決できます。

この修正は、PetaLinux 2018.2 で含まれる予定です。

  1. <plnx-proj-root>/project-spec/meta-user/recipes-multimedia/vcu/files ディレクトリを作成します。
  2. パッチ ファイルを <plnx-proj-root>/project-spec/meta-user/recipes-multimedia/vcu/files にコピーします。
    パッチ ファイル: 0001-Improve-AVC-decoder-s-error-resilience.patch
  3. bbappend ファイルを <plnx-proj-root>/project-spec/meta-user/recipes-multimedia/vcu/ に作成します。

注記: レシピへのパッチの適用方法は、(UG1144) または http://www.wiki.xilinx.com/PetaLinux+Yocto+Tips を参照してください。


        bbappend file: libvcu-xlnx_%.bbappend
FILESEXTRAPATHS_prepend := "${THISDIR}/files:"
SRC_URI_append += " \
    file://0001-Improve-AVC-decoder-s-error-resilience.patch \
"

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
0001-Improve-AVC-decoder-s-error-resilience.patch 1 KB PATCH

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 71023
日付 06/11/2018
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
IP