UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 71143

2018.1 Vivado IP フロー - インターフェイス パラメーターにタイポがあるモジュール参照を追加すると Vivado がクラッシュする

説明

割り込みインターフェイスを定義するポート パラメーターを使用するモジュールがあります。

ポート マッピングにタイポがある場合、RTL モジュールとしてブロック図 (BD) にモジュールを追加すると Vivado がクラッシュします。

例:

RTL モジュールに次のようなパラメーターがある場合、このモジュールを BD に追加すると Vivado がクラッシュします。

    (* X_INTERFACE_INFO = "xilinx.com:signal:interrupt:1.0 in_interrupt INTR" *) 
    (* X_INTERFACE_PARAMETER = "SENSITIVITY EDGE_RISING" *)


これは、言語テンプレートの Verilog/IP インテグレーターの HDL/信号インターフェイス/割り込みの定義を示しています。

タイポの種類が問題ではありません。ほかのインターフェイスに対するタイポであっても同様にクラッシュします (たとえば、クロック インターフェイスで CLK の代わりに CLOCK を使用すると Vivado がクラッシュする)。

ソリューション

これは Vivado 2018.1 での問題です。

Vivado 2017.4 では、ポート マッピングに失敗したというメッセージが表示されていました。


ポート マッピング名のスペル (大文字化を含む) が正しく指定されていれば、モジュールを BD に追加したり、モジュールをパッケージ化するときに Vivado がクラッシュすることはありません。

この問題は、割り込みインターフェイスの言語プレートにタイポがあることが原因で割り込みインターフェイスで頻発するエラーです。ポート マッピングでは、INTR ではなく INTERRUPT を使用してください。


この問題は、Vivado 2018.2 で修正される予定です。モジュールは BD に追加されますが、インターフェイスは定義されません。同時に、次のようなメッセージが表示されるようになります。

CRITICAL WARNING: [IP_Flow 19-5381] No Valid Port Maps exist for interface 'in_interrupt'.It will not be created.

AR# 71143
日付 05/25/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加