AR# 71362

Soft-Decision FEC (SDFEC) v1.1 (Rev 1) - 初期化されたパラメーター インターフェイス (S_AXI) を使用してコンフィギュレーションすると、間違った動作が見られる

説明

SD-FEC IP がコード パラメーターで自動的にコンフィギュレーションされるよう、Windows OS を使用して Parameter_Interface パラメーターを [Initialized] または [Initialized retain I/F] に設定すると、この IP で間違った動作が見られます。

これは、IP によって生成されたメモリ初期化ファイル (MIF) でのエラーが原因です。この MIF ファイルは、コード パラメーターをコンフィギュレーションするのに使用されます。

MIF ファイルで定義されている ECC ビットが間違っているため、コード パラメーターがおかしくなっています。

IP の動作は使用状況によって変わるのですが、それはこのエラーの性質に起因しています。

ソリューション

これは、Vivado 2018.1 および 2018.2 で SDFEC IP を Windows OS で生成したときに見られる既知の問題です。

Linux OS を使用するとこの問題を回避できます。

または、Parameter_Interface に対し [Run-time Configured] 設定を使用し、プロセッサまたは、IP で生成されたコマンド トランザクション ログを使用したプログラマブル ロジック ベースのコントローラーを使用して、コード パラメーターを初期化します。

詳細は、(PG256) の「LDPC Runtime Configuration」のセクションを参照してください。

Windows OS を使用している場合:

  • Vivado 2018.1 - この問題を回避するには、(Xilinx Answer 71341) から SDFEC パッチをダウンロードして適用します。
  • Vivado 2018.2 - この問題を回避するには、(Xilinx Answer 71347) から SDFEC パッチをダウンロードして適用します。
  • Vivado 2018.3 - この問題は、Vivado 2018.3 以降で修正される予定です。

Soft-Decision FEC (SDFEC) Integrated Block の既知の問題については、(Xilinx Answer 70720) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 71362
日付 07/30/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
IP