AR# 71389

2018.2.1 Vivado - Vivado 2018.2 アップデート 1 (2018.2.1) のリリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーは Vivado 2018.2 アップデート 1 (2018.2.1) のリリース ノートです。

ソリューション

Vivado 2018.2 アップデート 1 (2018.2.1) では次の問題が修正されています。

Vivado 2018.2 アップデート 1 には次が含まれています。

プロダクション デバイス:

Zynq UltraScale+ MPSoC (-3) デバイス

  • XCZU4EG/EV、XCZU5EG/EV、XCZU6EG、XCZU7EG/EV、XCZU9EG
Kintex UltraScale+ FPGA (-3) デバイス:

  • XCKU9P
Zynq UltraScale+ RFSoC (-1L, -2LI) デバイス:

  • XCZU21DR、XCZU25DR、XCZU27DR、XCZU28DR、XCZU29DR

Spartan-7 デバイス:

  • XC7S75 (-1Q)、XA7S75 (-1, -2, -1Q)、XC7S100 (-1Q)、XA7S100 (-1, -2, -1Q)、XA7S6 (-1, -2, -1Q)、XA7S15 (-1, -2, -1Q)
WebPack で新たにサポートされるデバイス:

  • Spartan-7: XC7S75、XA7S75、XC7S100、XA7S100、XA7S6、XA7S15

これらのデバイスをご使用の場合、Vivado 2018.2.1 アップデート 1 のインストールをお奨めします。

それ以外のデバイスは、Vivado 2018.2 を引き続きご使用ください。

Vivado 2018.2 アップデート (2018.2.1) のダウンロードおよびインストール

  • アップデートはhttps://japan.xilinx.com/download からダウンロードできます。
  • 既存の 2018.2 (SW Build 2258646) インストレーションに対して適用するものであり、適用後は Vivado 2018.2.1 バージョンに変更されます。


Vivado 2018.2 アップデート 1 (2018.2.1) の既知の問題

  • Memory IP のタイムライン アップデートおよび -2LI RFSoC デバイスを使用したプロジェクトの統合サポートについては、(Xilinx Answer 71391) を参照してください。
  • Vivado 2018.2 の既知の問題については、(Xilinx Answer 70860) を参照してください。
  • 特定の IP に関する既知の問題は、ザイリンクスのサポート サイトで「既知の問題」と IP 名で検索してください。
AR# 71389
日付 04/02/2019
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール