AR# 71453

Queue DMA Subsystem for PCI Express (PCIe) - パフォーマンス レポート

説明

このアンサーは、使いやすさを改善し、QDMA パフォーマンス レポートをダウンロード可能な PDF ファイルで提供します。

アンサーはウェブ ベースであり、情報は随時更新されます。

この PDF の最新版は、このアンサーから入手できます。


このアンサーは、PCI Express ソリューション センターの一部です。

(Xilinx Answer 34536)ザイリンクス PCI Express ソリューション センター

ソリューション

ザイリンクス QDMA (Queue Direct Memory Access) Subsystem for PCI Express (PCIe) は、PCI Express 3.x Integrated Block と併用するハイ パフォーマンス DMA です。

AXI メモリ マップドまたはストリーミング インターフェイスを使用して機能し、高帯域幅および高パケット カウントのデータ伝送のどちらにも最適された複数のキューを使用します。詳細は、『QDMA Subsystem for PCI Express v2.0 製品ガイド』(PG302) を参照してください。
 
ザイリンクスでは、QDMA IP に対して 2 つのリファレンス ドライバーを提供しています。

  • Linux Kernel ドライバー (Linux ドライバー)
  • DPDK Poll Mode ドライバー (DPDK ドライバー)

このパフォーマンス レポートを参考に、リファレンスの Linux および DPDK ドライバーを使用する QDMA IP の DMA 帯域幅の値を確認できます。

また、このレポートを参考に、ターゲット アプリケーションに対し、異なる DMA コンフィギュレーションを使用して、DMA 帯域幅を推測できます。  
 
このリファレンス デザインは、VCU1525 ボードのザイリンクス Virtex UltraScale+ FPGA VU9P デバイスの PCIe Gen 3 x16 デザインをターゲットにしています。このリファレンス デザインは、ほかのザイリンクス カードにも移植できます。
 
注記: QDMA DPDK ドライバーおよび Linux ドライバーは、(Xilinx Answer 70928) から入手できます。

このアンサーでレポートされているパフォーマンスを Vivado 2018.2 で計測するには (Xilinx Answer 70927) にある最新の緊急パッチをインストールして QDMA IP をアップデートする必要があります。

改訂履歴

  • 2018/08/27 - 初版
  • 2018/10/05 - Linux ドライバーのパフォーマンス レポートを追加し、DPDK パフォーマンス レポートをアップデート
  • 2018/12/10 - パフォーマンス レポートをアップデート
  • 2019/02/25 - パフォーマンス レポートをアップデート


添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
Xilinx_Answer_71453_QDMA_Performance_v6.pdf 882 KB PDF
Xilinx_Answer_71453_QDMA_Performance_Bit_File.zip 4 MB ZIP
AR# 71453
日付 11/13/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP