AR# 71466

DMA Subsystem for PCI Express (Vivado 2018.2) - 「ERROR: [Place 30-69] Instance xdma_app_i/led_2_obuf (OBUF drives I/O terminal xdma_app_i/leds[2]) is unplaced after IO placer」というエラー メッセージが表示される

説明

[Tandem with field updates] オプションを使用している IP サンプル デザインで、design_field_updates.tcl スクリプトを実行すると、次のようなエラー メッセージおよびクリティカル警告メッセージが表示されます。


CRITICAL WARNING: [filemgmt 56-226] HADGDesignGraphMgr::releaseGraph: Graph could not be found.
 
WARNING: [Vivado 12-584] No ports matched 'led_0'. [/xdma_0_ex/imports/xilinx_pcie_xdma_ref_board.xdc:97]
CRITICAL WARNING: [Common 17-55] 'set_property' expects at least one object. [/xdma_0_ex/imports/xilinx_pcie_xdma_ref_board.xdc:97]
Resolution: If [get_<value>] was used to populate the object, check to make sure this command returns at least one valid object.
WARNING: [Vivado 12-584] No ports matched 'led_1'. [/xdma_0_ex/imports/xilinx_pcie_xdma_ref_board.xdc:99]

CRITICAL WARNING: [Vivado 12-4739] set_false_path:No valid object(s) found for '-to [get_ports -filter NAME=~led_*]'. [/xdma_0_ex/imports/xilinx_pcie_xdma_ref_board.xdc:109]
........................................
 
ERROR: [Place 30-69] Instance xdma_app_i/led_2_obuf (OBUF drives I/O terminal xdma_app_i/leds[2]) is unplaced after IO placer
ERROR: [Place 30-68] Instance xdma_app_i/led_2_obuf (OBUF) is not placed
ERROR: [Place 30-99] Placer failed with error: 'IO Clock Placer failed'
Please review all ERROR, CRITICAL WARNING, and WARNING messages during placement to understand the cause for failure.
17 Infos, 1 Warnings, 0 Critical Warnings and 4 Errors encountered.
place_design failed
ERROR: [Common 17-69] Command failed: Placer could not place all instances 

このアンサーは、PCI Express ソリューション センターの一部です。

(Xilinx Answer 34536)ザイリンクス PCI Express ソリューション センター

ソリューション

xdma_app.v モジュールには「led」出力ポートがあります。 

この出力は、サンプル デザインの最上位ファイルの led_0、led_1、led_2、led_3 ポートに接続されるはずです。 

この問題を解決するには、次の手順に従います。 

1) 出力ポート led_0、led_1、led_2、led_3 を追加します。



 

2) xdma_app モジュール インスタンスから led 出力を出力ポートに接続します。


 



3) 次の Tcl コマンドを、synth_design コマンドの前に、static_synth.tcl ファイルに追加します。

# Disable DRC relating to unconnected IO on the PR region. This is intentional as
# the provided design is an example design rather than completed design.
set_msg_config -id {Constraints 18-952} -new_severity {Warning}
# Disable DRC relating to unconnected IO at the PR region boundary relating to the
# PR region debug bridge IP.
set_msg_config -id {Synth 8-4442} -new_severity {Warning}
 

 
 

改訂履歴

  • 2018/11/14 - 初版
 
 
AR# 71466
日付 11/14/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP