AR# 7172

Virtex JTAG - Virtex デバイスでリードバック検証を行う方法

説明

キーワード : Virtex, readback, JTAG, readback verify, リードバック, 検証

重要度 : 重要

概要 :
Virtex デバイスでリードバック検証を行う手順を説明します。

ソリューション

1

リードバック検証を行うには、次の手順に従ってください。

1. JTAG IR に CFG_IN 命令を読み込み、SDR に移動します。

2. パケットをシフトインし、フレーム開始アドレスを FAR に書き込みます。 フルチップ リードバックの場合、CLB 列 0 のフレーム 0 になります。

3. パケットをシフトインし、RCFG コマンドを CMD レジスタに書き込みます。

4. パケット ヘッダをシフトインし、FDRO (Frame Data Output Register) の読み込みを要求します。 ワード数は、読み込むフレームの数が反映されている必要があります。 ワード数が 2048 を超える場合、2 部ヘッダ (タイプ I の後にタイプ II が続くなど) を使用する必要があります。

5. 余分の 32 ビットをシフトインします。 このビットはパケット プロセッサを介してパイプラインを処理します。 その後、RTI に戻ります。

6. JTAG IR に CFG_OUT 命令を読み込み、SDR に移動します。

7. TCK を送り、TDO を読み込みます。 リードバック データが現れる前に意味のない 32 ビット ワードが若干現れます。

8. ブロック RAM (BRAM) データおよび CLB データを読み込む場合、最初の CLB アドレスを適切な BRAM アドレスに置き換えて手順 1 - 7 を繰り返します。 BRAM は個別にアドレス指定する必要があります。 BRAM リードバックはアクティブなシステムの BRAM 操作と一致する必要があります。 このため、BRAM リードバックを行う前にシステムを停止させることをお勧めします。

2

ザイリンクス JTAG Programmer 3.2i 以降で Virtex デバイスのリードバック検証がサポートされます。
AR# 7172
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般