AR# 71754

Alveo データセンター アクセラレータ カード - カスタム フロー - 一般情報および既知の問題

説明

このアンサー レコードには、次の内容が含まれています。

  • 一般情報
  • 既知の問題および修正された問題

この情報は、Alveo データセンター アクセラレータ カード用に作成された Vivado デザインおよび IP インテグレーターでの Vivado プラットフォーム ボード フローに関するものです。

Alveo データセンター アクセラレータ カードのリリース ノートおよび Vitis 運用および開発については、(Xilinx Answer 71752) を参照してください。


ザイリンクス フォーラム:

Alveo データセンター アクセラレータ カード ボードからテクニカル サポートを受けてください。ザイリンクス フォーラムを利用すると、問題解決に役立ちます。

ザイリンクス コミュニティに質問したり、ザイリンクス エキスパートと協力したりして、ソリューションを見つけ出すことができます。

Alveo カード専用の IP

Alveo データセンター アクセラレータ カードのカスタム フロー インプリメンテーション専用に作成されたヘルパー IP がいくつかあります。  

既知の問題および一般情報は、次のアンサーを参照してください。

(Xilinx Answer 73190)Card Management Solution Subsystem IP

ソリューション

次に、Vivado でビルドされた Alveo データセンター アクセラレータ カードのカスタム デザインの作成および読み込みに関するデザイン アシスタントおよびガイドラインを含むアンサーをリストします。

表 1: 入門アンサー

アンサー
タイトル
(Xilinx Answer 71756)Alveo データセンター アクセラレータ カード - カスタム フロー - ビットストリーム制約および PROM ファイルの生成
(Xilinx Answer 71763)
Alveo データセンター アクセラレータ カード - カスタム フロー - USB-JTAG (Micro USB) インターフェイスを介したフラッシュ プログラミング


表 2 : 既知の問題

アンサータイトル問題の発生したバージョン修正バージョン
(Xilinx Answer 72926)Alveo データセンター アクセラレータ カード - U280 - カスタム フロー - ピン D32 を 0 に駆動する必要があるVivado 2019.1 - SC FW v.4.2.0

表 3: トラブルシューティングおよびリカバリに関するアンサー

アンサー
タイトル
(Xilinx Answer 71757)Alveo データセンター アクセラレータ カード - カードを工場出荷時のイメージに戻す方法
(Xilinx Answer 71761)
Alveo データセンター アクセラレータ カード - カスタム デザインを読み込んだ後 xbutil にカードが表示されなくなる
(Xilinx Answer 71797)
Alveo データセンター アクセラレータ カード - カスタム フロー - 「ERROR: [Labtools 27-3347] Flash Programming Unsuccessful: SPI flash sector at address 0x0000 is locked for erase/program」というエラー メッセージが表示される.

表 4: デザイン ガイダンス

アンサー
タイトル

(Xilinx Answer 71981)

Alveo データセンター アクセラレータ カード - カスタム フロー - QSFP ポートを介したイーサネット IP の使用

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
71752 Alveo Data Center Accelerator Card - Known Issues and General Information N/A N/A
AR# 71754
日付 01/06/2020
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
Boards & Kits