UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 71806

2018.3 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2018.3 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2018 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc. and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER This disclaimer is not a license and does not grant anyrights to the materials distributed herewith.Except as otherwise provided in a valid license issued to you by Xilinx, and to the maximum extent permitted by applicable law: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" AND WITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIES AND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON-INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and (2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort, including negligence, or under any other theory of liability) for any loss or damage of any kind or nature related to, arising under or in connection with these materials, including for any direct, or any indirect, special, incidental, or consequential loss or damage (including loss of data, profits, goodwill, or any type of loss or damage suffered as a result of any action brought by a third party) even if such damage or loss was reasonably foreseeable or Xilinx had been advised of the possibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS Xilinx products are not designed or intended to be fail- safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications"). Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

100M/1G TSN Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 機能改善: エンドポイント パケット スイッチングおよびエンドポイント拡張機能を追加

* 機能改善: 内部物理インターフェイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet MAC (15.1)

* バージョン 15.1 (Rev. 6)

* 変更なし

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 14)

* バグ修正: リントの修正。

*バグ修正: ホールド タイム違反の修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 10)

* 一般: 制約処理スピードを改善するため制約をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G/25G Ethernet Subsystem (2.5)

* バージョン 2.5

* バグ修正: 最適化のため AXI ファイルをアップデート

* バグ修正: AN/LT ロジックおよび RSFEC ランタイム切り替え設定のためファイルをアップデート

* 機能改善: MAC+PCS/PMA 32 ビットのタイプに対して FEC および一時停止のサポートを追加

* その他: 新しいデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/10G/25G Switching Ethernet Subsystem (2.2)

* バージョン 2.2

* バグ修正: タイミング DRC のためアップデート

* 機能改善: 制御およびステータス ポートのサポートを追加

* 機能改善: 一時停止サポートを追加

* 機能改善: LT / FEC サポートを追加

* 機能改善: 32 ビット PCS のみのタイプに対して SGMII をサポート

* その他: 新しいデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (16.1)

* バージョン 16.1 (Rev. 5)

* 機能改善: Artix-7 -2L デバイスに対して 2.5G スピードのサポートを追加

* 機能改善: 2.5G コア スピードに対してプリアンブル縮小のサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

32-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 66 MHz の xc7a15t に対して制約を追加

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 変更なし

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 変更なし

3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 14)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 変更なし

40G/50G Ethernet Subsystem (2.4)

* バージョン 2.4

* バグ修正: TX_unfout のためサンプル デザイン ファイルをアップデート

* バグ修正: ANLT+ RSFEC 検証エラーのためファイルをアップデート

* 機能改善: RX GT をリセットするためコアにウォッチドッグ タイマーを追加

* 機能改善: トランスコードを使用する LAUI および LAU2 のサポートを追加

* 機能改善: KP4FEC を使用する GTM のサポートを追加

* その他: 新しいデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 11)

* 変更なし

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 10)

* 一般: 非効率的な get_pins クエリを書き直すことにより open_checkpoint ランタイムを改善。

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 10)

* バグ修正: JTAG デバッガー問題を修正。

* 問題修正: リント エラーを表示させないオプションを追加。

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 変更なし

AMM Master Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: コードのリント問題をすべて修正。同期リセットするためサンプル デザインリセットをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AMM Slave Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 5)

* バグ修正: サブ ブロックで接続されていない SGMII over LVDS IO 625 MHz クロックに対する問題を修正

* 機能改善: Artix-7 -2L デバイスに対して 2.5G スピードのサポートを追加

* 機能改善: VCU128 ボード自動化のためボード タブに dummy_port_in を追加

* その他: このコアのサブコアの変更に関しては、tri_mode_ethernet_mac v9_0 および gig_ethernet_pcs_pma v16_1 のコア変更ログを参照

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHBLite Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 一般: MAX_FANOUT 属性を削除するため RTL をアップデート

AXI APB Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 変更なし

AXI BRAM Controller (4.1)

* バージョン 4.1

* 一般: 複数のマスター セグメントにある場合に範囲計算を追加

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* 一般: axi_bram_ctrl のサブコア バージョンを 4.1 にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 21)

* 一般: 内部 XDC をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 4)

* 一般: 非効率的な get_pins クエリを書き直すことにより open_checkpoint ランタイムを改善。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 20)

* 一般: IP インテグレーターの拡張サポート

* 一般: リント問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 一般: MAX_FANOUT を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EPC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: MAX_FANOUT を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Buffer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Clocking (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AXI Ethernet Lite (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 一般: この IP は 2019.1 リリースから廃盤予定です。 この IP が必要なお客様はザイリンクス FAE までお問い合わせください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* 一般: MAX_FANOUT 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 22)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: coreinfo.yml memory_maps レジスタを正しい値でアップデート。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 12)

* 機能改善: 高速割り込みを使用する割り込みベクター拡張アドレスのサポートを追加

* その他: OOC 合成中に制約警告メッセージを回避

AXI Lite IPIF (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし

AXI MMU (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.9)

* バージョン 2.9

* バグ修正: IP インテグレーター デザインの AXI BAR パラメーター伝搬問題を修正

* バグ修正: JTAG デバッガー問題を修正

* 機能改善: user_link_up 出力ポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Multi Channel Direct Memory Access (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 20)

* 一般: XDCB-5 問題を修正するためガイドラインに従って XDC ファイルをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 一般: LIGHT_WEIGHT==1 の場合に有効になる一連のチェックにチェック 19、27、35、56、66 (xVALID_STABLE) を追加。

* 一般: マスター側のみをチェックするモード (PC_MASTER_SIDE) を追加。

* 一般: 自動割り当てアドレスをサポートするため、S_AXI レジスタ スレーブのアドレス範囲を 256B から 4 kB に増加。

* 一般: max_fanout 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 18)

* 一般: max_fanout 属性を削除。必要に応じて配置プログラムで複製されます。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Firewall (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: max_fanout 属性を削除。必要に応じて配置プログラムで複製されます。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 17)

* その他: 内部 GUI 変更。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 18)

* 一般: max_fanout 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Sideband Utility (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: サンプル デザイン サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI SmartConnect (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 機能改善: 最大未処理トランザクション数 (NUM_OUTSTANDING) を 256 に拡大

* 機能改善: 変更されていないサブサイズ (ナロー) の単一ビート トランザクションの伝搬をサポート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: MAX_FANOUT 属性を削除

* 一般: XDCB-5 問題を削除するためガイドラインに従って XDC ファイルをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 機能改善: MAX_FANOUT 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* 一般: MAX_FANOUT 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Traffic Generator (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 一般: XDCB-5 問題を修正するためガイドラインに従って XDC ファイルをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* 一般: MAX_FANOUT 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI USB2 Device (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 19)

* 一般: XDC ファイルをアップデート。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Uartlite (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 22)

* 一般: MAX_FANOUT を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Verification IP (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 4)

* 一般: IP インテグレーターの AXI メタデータに一致させるため、ユーザー インターフェイス Tcl の QOS をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Video Direct Memory Access (6.3)

* バージョン 6.3 (Rev. 6)

* 一般: デバイス サポートを有効にするため変更。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* 一般: サンプル デザインでサブコア AXI BRAM CTRL バージョンを v4.0 から v4.1 に変更。それ以外の機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.2)

* バージョン 4.2

* 機能改善: FIFO Generator を XPM に置き換え

* 機能改善: FIFO_PE_THRESHOLD パラメーターのデフォルト値を 5 に変更。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 14)

* 一般: open_checkpoint ランタイムを改善するため制約をアップデート。機能上の変更はなし

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 17)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 19)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 16)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (2.0)

* バージョン 2.0

* ポート変更: m_axis_aresetn ポートを削除。FIFO は s_axis_aclk ドメインの s_axis_aresetn ピンからのみリセットされます。

* ポート変更: axis_data_count ポートを削除。wr_axis_data_count を代わりに使用します。

* ポート変更: ステータス ポートの wr_axis_data_count および rd_axis_data_count をオプションに変更。

* 機能改善: FIFO Generator から xpm_fifo_axis に移行。

* 機能改善: ブロック RAM および UltraRAM FIFO タイプに対してオプションのエラー挿入を使用するオプションの ECC サポート

* 機能改善: オプションの almost empty/full およびプログラム可能な empty/full ステータス フラグを追加。

* 機能改善: 独立したクロックを使用するパケット モードを提供。

* その他: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 17)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 一般: axis_data_fifo をバージョン v2.0 にアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 18)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 18)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 18)

* 一般: 製品ガイドへのリンクをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Verification IP (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 4)

* 一般: xsim に対して Arm axi4s プロトコル チェッカーをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* バグ修正: YUV420 リマッパー割り込みを remap_en で接続されるようにアップデート

* バグ修正: IP インテグレーターのブロックで aclken および vid_io_out_ce の極性バブルが削除されるようにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Accumulator (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Adder/Subtractor (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Audio Clock Recovery Unit (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 機能改善: 基準クロックを分周することによりシンプルな Audio Clock Recovery をサポート

* 機能改善: ループ制御 (FIFO レート制御) メカニズムを使用して Audio Clock Recovery をサポート

* その他: IP を一般リリース

Audio Formatter (1.0)

* バージョン 1.0

* 新機能: 2、4、6、または 8 個のオーディオ チャネルをサポート

* 新機能: 独立した読み出しおよび書き込みモードをサポート

* 新機能: インターリーブおよび非インターリーブ パッケージ モードをサポート

* 新機能: AES/PCM 入力を AES/PCM 出力に変換する複数のデータフォーマットをサポート

* 新機能: 失われているオーディオ チャネル入力にミュート データを追加

* その他: IP の初期リリース

Aurora 64B66B (11.2)

* バージョン 11.2 (Rev. 6)

* バグ修正: UFC/NFC/USER-K のどちらもイネーブルでない場合の GTY デバイスのストリーミング モードのパフォーマンスを改善

* バグ修正: TXdiffctrl 信号のビット割り当てを 4 ビットから 5 ビットへ修正

* バグ修正: RX_PPM_OFFSET の表示範囲を UltraScale/UltraScale+ FPGA データシートに記述されているようにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 8B10B (11.1)

* バージョン 11.1 (Rev. 6)

* 一般: 非効率的な get_pins クエリを書き直すことにより open_checkpoint ランタイムを改善。

* 一般: RX_PPM_OFFSET の表示範囲を UltraScale/UltraScale+ FPGA データシートに記述されているようにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Binary Counter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Block Memory Generator (8.4)

* バージョン 8.4 (Rev. 2)

*機能改善: IP インテグレーターから選択した場合の URAM の読み出しレイテンシ サポートを追加

* その他: IP の GUI で URAM プリミティブの消費電力計算を非表示に変更。機能自体に変更はなし。

* その他: 内部デバイス ファミリを変更。機能上の変更はなし

CANFD (2.0)

* バージョン 2.0

* 一般: 新規バージョンの IP で RX パスの APB およびその他の FIFO をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CIC Compiler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 変更なし

CORDIC (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 14)

* 変更なし

CPRI (8.9)

* バージョン 8.9 (Rev. 2)

* ポート変更: Hard FEC FIFO レイテンシ測定ポートを追加

* バグ修正: FEC コアの同期制御ワード ビットの破損を修正

* バグ修正: 2018.1 から発生していたスレーブ コアが原因で 10 ms ごとにリンクが再同期されていた問題を修正

* バグ修正: よく使用されるラッパー DRP ステート マシンのライン レートおよび基準クロックのコメントを修正

* バグ修正: RXUSRCLK & TXUSRCLK 最大周波数が少なすぎたので -1LV スピード グレードの Zynq UltraScale+ パーツから 12.1Gbps サポートを削除

* 機能改善: レイテンシ測定を改善するために Hard FEC rsfec_clk 周波数を変更

* 機能改善: レイテンシ測定を改善するために Hard FEC ラッパーを修正

* 機能改善: Hard FEC コアの CMAC/GT 位置の制限を削除

* その他: UltraScale Plus CMAC (Hard FEC) のバージョン 2.5 を使用するようにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Clock Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: マスター モードで set clk_out にアップデート

Clocking Wizard (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 2)

* バグ修正: プライマリおよびセカンダリ クロックに別々の入力ソースを作成

* その他: 新しいファミリのサポートを追加

Color Correction Matrix (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Color Filter Array Interpolation (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Compact GT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Complex Multiplier (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 16)

* 一般: 新規デバイスのサポートを追加(機能上の変更はなし)

Concat (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 1)

* 変更なし

Constant (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 5)

* 変更なし

Convolution Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 13)

* 変更なし

DDR3 SDRAM (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 6)

* バグ修正: (Xilinx Answer 71697) FSVE1156 パッケージに正しくないデータ幅が使用できてしまう

* 機能改善: PHY のみのデザインにインターリーブ バースト サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 6)

* バグ修正: UltraScale+ AXI TG ECC サンプル デザインを修正 (合成問題のみ)

* バグ修正: UltraScale AXI TG の WRAP アクセスのサイズが小さすぎたのを修正

* バグ修正: (Xilinx Answer 71697) FSVE1156 パッケージに正しくないデータ幅が使用できてしまう

* バグ修正: x4 コンポーネントの VREF 値を x4 DIMM の値に合うように変更

* 機能改善: (Xilinx Answer 71696) Tcl フローを使用したリフレッシュ パラメーターの変更のサポートを追加

* 機能改善: PHY のみのデザインにインターリーブ バースト サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 17)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

DMA/Bridge Subsystem for PCI Express (PCIe) (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 2)

* バグ修正: PF0 以外の場合にベンダー ID を変更できないように修正

* バグ修正: Gen2 デバイスの MSI-X パケット破損を修正

* バグ修正: GUI に Gen2 デバイスのレーン リバーサル パラメーターを有効にするオプションを追加

* バグ修正: ブリッジ モードの Root Port サンプル デザインの Slot Capabilities レジスタのオフセットを修正

* バグ修正: 32 ビット AXI BAR から 64 ビット PCIe BAR へのブリッジ アドレス トランザクション問題を修正 (AXI アドレス幅が 64 未満の場合)

* バグ修正: VU440 デバイスの IP インテグレーターのブロック オートメーションを修正

* 機能改善: SDAccel の Resizable BAR を追加

* 機能改善: EROM 機能を追加

* 機能改善: AXI Bridge モードのパリティ オプションを追加。イネーブルの場合に s_axib_wuser および s_axib_ruser 信号を追加。

* 機能改善: GUI にポートを介した PCIe ID を選択するオプションを追加

* 機能改善: GUI に Root Port Bridge モードで MSI 割り込みに対して FIFO モードまたはデコード モードを選択するオプションを追加

* 機能改善: GUI に Bridge Root Port モードの場合の基本ページで MPSOC Root Port ソリューションを選択するオプションを追加

* 機能改善: GUI にオプションのデバッグ ポート、cfg_current_speed および cfg_negotiated_width をイネーブルにするオプションを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP48 Macro (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし

DUC/DDC Compiler (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 変更なし

Debug Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 一般: 今後のデバイスのサポートを単純化するため、サポート デバイスとプロダクション ステートを自動的に識別

Discrete Fourier Transform (4.1)

* バージョン 4.1

* 一般: ポイント サイズ、4、8、16、20、32、40、64、80、128、256 のサポートを追加

DisplayPort (9.0)

* バージョン 9.0

* 機能改善: DP1.4 MST、HDCP1.3 アップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 4)

* バグ修正: AXI-4 Stream ビデオ インターフェイス (UG934) コンプライアンスを作成し、後方互換性のため UG934_COMPLIANCE ユーザー パラメーターで制御

* バグ修正: ランダムな SDP パケット シーケンスを処理するよう修正

* バグ修正: オーディオ パケットの損失処理を修正

* バグ修正: Windows OS のパスの長さの問題に対応するためアプリケーション サンプル デザインの名前を短く変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort TX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 4)

* バグ修正: AXI-4 Stream ビデオ インターフェイス (UG934) コンプライアンスを作成し、後方互換性のため UG934_COMPLIANCE ユーザー パラメーターで制御

* バグ修正: Windows OS のパスの長さの問題に対応するためアプリケーション サンプル デザインの名前を短く変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Distributed Memory Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Divider Generator (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 14)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。パフォーマンスまたは機能に変更なし

Double Data Rate Sampling (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

ECC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 変更なし

ERNIC (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース

ETRNIC (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* 一般: この IP は 2019.1 リリースから廃盤予定です。 この IP をお探しの場合は、ザイリンクス FAE までご連絡ください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FEC 5G Common Utilities (1.1)

* バージョン 1.1

* 変更なし

FIFO Generator (13.2)

* バージョン 13.2 (Rev. 3)

* 機能改善: なし

* その他: ビヘイビアー モデルのシミュレーション警告を削減機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIR Compiler (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 11)

* 変更なし

Fast Fourier Transform (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fiber Channel 32GFC RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fixed Interval Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 9)

* 一般: FIT 周期カウンターを使用する際の正確性を改善

FlexO 100G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Floating-point (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 7)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。(機能上の変更はなし)

* 一般: 指数演算子のシミュレーション中に表示された内部用のデバッグ メッセージをディスエーブル

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.4)

* バージョン 2.4

* 一般: 内部での使用目的で機能を追加。インターフェイス、機能などへの変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 16)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。動作や機能への変更はありません。

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 変更なし

Gamma Correction (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Gamma LUT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: 合成可能なサンプル デザインのアップデート。Kintex-7 デバイスでは、ビデオ クロック周波数が 297 MHz から 200 MHz に、ビデオ ストリーム クロックが 300 MHz から 200 MHz に変更されています。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

GMII to RGMII (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 7)

* 一般: 制約処理を速めるために制約をアップデート

HBM IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: 2018.3 用にアップデート

HDCP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし

HDCP 2.2 Cipher (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* バグ修正: ランタイムを速めるために制約をアップデート、機能のアップデートはなし

HDCP 2.2 Montgomery Modular Multiplier (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDCP 2.2 Random Number Generator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

HDCP 2.2 Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDCP 2.2 Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDMI 1.4/2.0 Receiver (3.0)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 1)

* バグ修正: 15 ~ 45 分実行した後の ビデオ ドロップ (2160p) を修正

* バグ修正: ZCU104 の未使用のピン (IDT_8T49N241_RST_OUT) を削除

*バグ修正: ZCU104 の PSS_REF_CLK の上書きがされないように変更

* 機能改善: HDMI TX に Video Bridge FIFO ステータス (オーバーフローおよびアンダーフロー) を検出する割り込みを 2 つ追加

* 機能改善: サンプル デザインでより新しいコア バージョンをサポート (v_tpg は 7.0 から 8.0 へ)

*機能改善: サンプル デザインでより新しいコア バージョンをサポート (MicroBlaze は 10.0 から 11.0 へ)

* 機能改善: XC7Z012S Zynq デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDMI 1.4/2.0 Transmitter (3.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Transmitter Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 1)

* バグ修正: HDMI ケーブルが問題でなくなった場合の EDID 読み出しエラーを修正

* バグ修正: ZCU104 の未使用のピン (IDT_8T49N241_RST_OUT) を削除

*バグ修正: ZCU104 の PSS_REF_CLK の上書きがされないように変更

* 機能改善: ZCU102 のサンプル デザイン トポロジ (パススルー + I2S オーディオ) (1 つのシステム コンフィギュレーションのみ)

* 機能改善: HDMI TX に Video Bridge FIFO ステータス (オーバーフローおよびアンダーフロー) を検出する割り込みを 2 つ追加

* 機能改善: サンプル デザインでより新しいコア バージョンをサポート (v_tpg は 7.0 から 8.0 へ)

*機能改善: サンプル デザインでより新しいコア バージョンをサポート (MicroBlaze は 10.0 から 11.0 へ)

* 機能改善: XC7Z012S Zynq デバイスのサポートを追加

* 機能改善: HPD 検出を改善

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

High Speed SelectIO Wizard (3.5)

* バージョン 3.5

* 新機能: 各ピンの遅延を表示するため、[Pin Planning] ページに [Delay values] 列を追加

* 新機能: 該当するピン プロパティを選択しやすいように、バイト グループごとに [Common Bus Direction] および [Common Signal Type] という新機能を追加

* その他: UltraScale+ の -1 スピード グレード デバイスの最大速度を 1600 Mbps に増加

I2S Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* バグ修正: 幅が一致しないことが原因の audio_ch**_ctrl レジスタの読み出しを修正

* その他: ワードの左揃えと右揃えのサポートを追加

* その他: 不必要な I/O を削除するようにサンプル デザインをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

I2S Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: ワードの左揃えと右揃えのサポートを追加

* 一般: 不必要な I/O を削除するようにサンプル デザインをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTH (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTX (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTH (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 1)

* バグ修正: さまざまなライン レートの RX PPM 値をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTY (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 1)

* バグ修正: さまざまなライン レートの RX PPM 値をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 200G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 25G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 400G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 50G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 Clause 74 FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 Multi-channel 25G RSFEC (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース

IEEE 802.3bj 100G RS-FEC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 一般: xczu3 シリーズに対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 8)

* 一般: 今後のデバイスのサポートを単純化するため、サポート デバイスとプロダクション ステートを自動的に識別

IOModule (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 機能改善: 高速割り込みを使用する割り込みベクター拡張アドレスのサポートを追加

Image Enhancement (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

In System IBERT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 一般: コアの生成時間を減らすため IP レベルの制約をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interlaken 150G (2.4)

* バージョン 2.4 (Rev. 2)

* 問題修正: AXI レジスタのマップ カウンターが最適化されないように XDC 制約を追加

* その他: 新しいデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interleaver/De-interleaver (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 4)

* 機能改善: 許容範囲の警告をユーザーに見えないようにする XDC ウェーバー メカニズムを新しく導入

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 PHY (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 4)

* バグ修正: サンプル デザインで TX または RX が 8B10B エンコーディングを使用して JESD204C に設定される場合の生成の問題を修正

* 機能改善: IP ユーザーに無効な CDC および DRC 違反を見せないようにする内部ウェーバー機能を追加

* 機能改善: TX および RX の両方が QPLL に設定され、ダイナミック スイッチングがイネーブルになっている場合の CPLL CAL ブロックの制約を改善

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204C (4.0)

* バージョン 4.0

* バグ修正: RX buf_fil_lvl レジスタが間違った値をレポートする問題を修正

* バグ修正: MB_IN_EMB ! = 1 の場合の RX の EMB アライメント問題を修正

* バグ修正: RX エラー カウント レジスタが読み出しでクリアされない問題を修正

* バグ修正: 実行されているリンクがリセットされると TX および RX 両方でレーン間のアライメントがずれる問題を修正

* バグ修正: AXI ストリーミング仕様に従うよう、TX/RX_CMD バス インターフェイスを毎レーン 32 ビットに変更

* バグ修正: 間違った CRC が生成されてしまう問題を修正

* バグ修正: すべてのレーンがイネーブルになっているわけではない場合の同期の問題を修正

* 機能改善: IP サンプル デザインを改善

* その他: 未定

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JTAG to AXI Master (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 8)

* 一般: AXI BRAM サブ IP リファレンスをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LDPC Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* バグ修正: Windows でのメモリ初期化ファイル生成を修正

LMB BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 15)

* 変更なし

LPDDR3 SDRAM (MIG) (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: 2018.3 用に変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE DL Channel Encoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 変更なし

LTE Fast Fourier Transform (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE PUCCH Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE RACH Detector (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 一般: データシートに記述されるよう、コンフィギュレーションのバルク読み込みができるようにコンフィギュレーション読み込み動作を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE UL Channel Decoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 15)

* 一般: 新規デバイスのサポートを追加(機能上の変更はなし)

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 変更なし

MIPI CSI-2 RX Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし

MIPI CSI-2 RX Subsystem (4.0)

* バージョン 4.0

* 機能改善: 最新の (UG934) 標準に従うようにコアをアップデート

* 機能改善: CSI v2.0 イネーブルの改善: RAW16/RAW20/YUV422_10bit および VCx 機能を追加

* 機能改善: MIPI D-PHY HS/ESC タイムアウト レジスタをイネーブルにするオプションを追加

* その他: すべての FIFO を XPM FIFO へ移行

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 TX Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

MIPI CSI-2 TX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 機能改善: 効率的なピクセル幅 <= 32 の場合に、入力および出力インターフェイスで Equal Bandwidth 比率をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 2)

* 機能改善: MIPI D-PHY RX コンフィギュレーションを 8 レーンへ改善

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI TX Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI TX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 機能改善: Spartan-7 デバイスをサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 11)

* 一般: OOC 合成中の制約警告を回避


Memory Helper Core (1.4)

* Version 1.4

* 変更なし

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (4.2)

* バージョン 4.2

* バグ修正: XDC/UCF ファイルを参照すると Windows 10 GUI が停止する問題 (Xilinx Answer 67168) を修正

* その他: Vivado 2018.3 ソフトウェア サポート

* その他: Windows 10 のサポートを改善するため 7 シリーズ MIG の GUI をアップデート

MicroBlaze (11.0)

* バージョン 11.0

* バグ修正: 例外が正しく発生した場合の出力拡張デバッグ トレース PC。 問題のあるバージョン: 10.0。拡張デバッグ トレースがイネーブルの場合のエリア最適化でのみ発生する可能性あり。

* バグ修正: プロセッサがデバッグを停止した後の拡張デバッグ トレース データの断続的な損失を回避。問題のあるバージョン: 10.0。外部デバッグ トレースがイネーブルの場合にのみ発生する可能性あり。

* バグ修正: 前の命令ビヘイビアーとは関係なく SLR および SHR が正しく書き込まれるように修正。問題のあるバージョン: 10.0。スタック保護がイネーブルの場合の周波数最適化でのみ発生する可能性あり。

* 機能改善: 64 ビット モードを使用してアップデート

* その他: 現在の PC ではなく、最初の実行命令から開始した後の出力拡張デバッグ トレースの初期 PC

* その他: AXI バス インターフェイス プロパティの HAS_LOCK を追加

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 15)

* 機能改善: AXI マスターおよび LMB 拡張アドレスのサポートを追加

* 機能改善: 接続されたプロセッサからデバッグ インターフェイスを自動的に設定

* 機能改善: BSCAN なしでシリアル デバッグ インターフェイスを使用可能

MicroBlaze MCS (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 一般: 最新版のサブコアでアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 14)

* 変更なし

Multiply Adder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 一般: 新規デバイスのサポートを追加。(機能上の変更はなし)

Mutex (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 10)

* 一般: OOC 合成中の制約警告を回避

NVMe Host Accelerator (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: IP の最初の公式リリース

PCIe PHY IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* バグ修正: XDCB-5 警告をクリーンアップするために制約をアップデート

* バグ修正: UltraScale+ デバイスで GT_COMMON ブロックを IP 外に配置するオプションを追加

* バグ修正: UltraScale デバイスの GTWizard インスタンスの RXdfe* および RXlpm* ポートをイネーブル

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

PR AXI Shutdown Manager (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

PR Bitstream Monitor (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Partial Reconfiguration Controller (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 1)

* 変更なし

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 一般: パラメーター伝搬で表示される冗長なデバッグ メッセージを削除

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 1)

* バグ修正: ハード クリッパーを PPS として使用するよりも、モード内の制御インターフェイスからのバージョン レジスタ リードバックを修正

Polar Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 機能改善: N 未満の E の場合の C モデル コード生成ユーティリティ機能を変更

Processor System Reset (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 13)

* 一般: equivalent_register_removal を削除

QDRII+ SRAM (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 6)

* 一般: 2018.3 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM (MIG) (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 6)

* 一般: 2018.3 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM PHY IP (2.0)

* バージョン 1.2

* 変更なし

QSGMII (3.4)

* バージョン 3.4 (Rev. 5)

* 一般: 制約処理スピードを改善するため制約をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Queue DMA Subsystem for PCI Express (PCIe) (3.0)

* バージョン 3.0

* バグ修正: ディスクリプター エンジンおよびプリフェッチ エンジンのデッドロック: QDMA がデッドロック状態になることがある (ディスクリプター エンジンが tm_sts の背圧のためにディスクリプターのフェッチを停止するような状態)

* バグ修正: 終了タイマーの問題: 複数のキューがタイマー ベースのトリガー モードで実行される場合、終了しないタイマーがある

* バグ修正: プリフェッチ ディスクリプターの退去問題: プリフェッチをイネーブルにすると、プリフェッチされたディスクリプターの退去が間違って発生し、データが破損する

* バグ修正: クレジット合体問題: 15 個を超える同時キューをサポートするためには、ディスクリプター エンジンのクレジットを合体してフェッチ レートを高いままにする必要あり

* バグ修正: C2H QID0 問題: キューの無効化または特定のディスクリプター エラー イベントがディスクリプター エンジンからプリフェッチ エンジンまででレポートされると、実際の QID が QID0 でパケット ドロップになるのではなく、QID0 に対して記録されることがあり。

* バグ修正: tm_dsc_sts_avl バス幅を修正

* 機能改善: Streaming H2C Engine のリクエスト スロットルに基づいた顕著なデータ: このオプションにより、0xE24 でユーザー コンフィギャラブル レジスタを使用することで、C2H ストリーム パフォーマンスが改善

* 機能改善: C2H Completion Engine に User+Timer+Count トリガー モードを追加

* 機能改善: GUI にオプションのデバッグ ポート cfg_current_speed および cfg_negotiated_width をイネーブルにするオプションを追加

* 機能改善: 64 バイトのディスクリプターを追加

* 機能改善: 64 バイトの C2H Stream Completion データ幅を追加

* 機能改善: C2H データ パスから C2H Completion Qid をデカップル

* 機能改善: C2H Completion 入力フォーマットを変更 (プログラマブル カラー ビットを追加、プログラマブル エラー ビットを追加、転送長情報はなし)

* 機能改善: C2H Completion インターフェイスを変更

* 機能改善: すべてのコンテキストを変更

* 機能改善: コンフィギャラブルな DMA BAR ロケーション

* 機能改善: アドレス変換のために ATC をサポート

* 機能改善: 柔軟な MSI-X ベクター アロケーションにより、SRIOV がディスエーブルの場合、ファンクションごとに最大 32 まで、イネーブルの場合は 8 までに改善

* 機能改善: MSI-X インプリメンテーションは Base PCIe IP 外部に設定

* 機能改善: レガシー割り込みを追加

* 機能改善:QID2VEC を削除し、割り込み情報をキュー コンテキストへ移動

* 機能改善: Tcl オプションの CONFIG.adv_int_usr を追加して MSIX 割り込みベクター用のポートをイネーブルにすると、GUI で許容されるよりも多くの割り込みベクターを使用可能

* 機能改善: Tcl オプションの CONFIG.pfch_cache_depth を追加してプリフェッチ キャッシュの深さを変更

* 機能改善: ID ポートを IP 最上位レベルに移動する GUI オプションを追加

* 機能改善: リソース削減およびタイミング改善アップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAM-based Shift Register (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 12)

* 変更なし

RAMA IP (1.1)

* バージョン 1.1

* 新機能: linear/multi-pseudo-channel 帯域幅を改善するためにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RLDRAM3 (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 6)

* バグ修正: (Xilinx Answer 71697) FSVE1156 パッケージに正しくないデータ幅が使用できてしまう

* バグ修正: (Xilinx Answer 69438) キャリブレーション書き込み DQ/DM デスキューの修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.4)

* バージョン 4.4 (Rev. 5)

* 一般: この IP は 2019.1 リリースから廃盤予定です。 この IP が必要なお客様はザイリンクス FAE までお問い合わせください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Radio over Ethernet Framer (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース

Reed-Solomon Decoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 14)

* バグ修正: 可変シンボル カウントの範囲を持つコンフィギュレーションの合成時間が長すぎる問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reset Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: rst_out にマスター インターフェイス モードを追加するため、コア情報をアップデート

SC EXIT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 機能改善: 最大未処理トランザクション数 (NUM_OUTSTANDING) を 256 に拡大

* 機能改善: 変更されていないサブサイズ (ナロー) の単一ビート トランザクションの伝搬をサポート。

* 機能改善: AXI4-to-AXI3 変換で連続トランザクションをサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC MMU (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 機能改善: 最大未処理トランザクション数 (NUM_OUTSTANDING) を 256 に拡大.

* 機能改善: 変更されていないサブサイズ (ナロー) の単一ビート トランザクションの伝搬をサポート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC SI_CONVERTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 機能改善: 最大未処理トランザクション数 (NUM_OUTSTANDING) を 256 に拡大。

* 機能改善: 変更されていないサブサイズ (ナロー) の単一ビート トランザクションの伝搬をサポート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC SPLITTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC TRANSACTION_REGULATOR (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 機能改善: 最大未処理トランザクション数 (NUM_OUTSTANDING) を 256 に拡大

* その他: max_fanout 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SDI RX to Video Bridge (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* バグ修正: 3-G SDI モードの TRS 検出ロジックを改善

* その他: チャネルの C ストリームへの ST352 挿入を新しい C_TX_INSERT_C_STR_ST352 ユーザー パラメーターで制御

* その他: チャネルの C ストリームから ST352 を抽出

SMPTE UHD-SDI RX (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI RX SUBSYSTEM (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 新機能: Y ストリームに加えて、C ストリームからの ST352 ペイロードの抽出 (使用可能な場合のみ)

* 新機能: 32 個のオーディオ チャネルのサポートを追加

* 新機能: オーディオ チャネル ステータスのサポートを追加

* 新機能: サンプル デザインへのオーディオ抽出のサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE UHD-SDI TX (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI TX SUBSYSTEM (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* バグ修正: タイミングを満たしやすくするため、max_delay 制約がつきすぎる問題を修正

* バグ修正: vid_lock、underflow、overflow、および TX_ce_err を立ち上がりエッジ割り込みに変更

* 新機能: Picxo を使用したパススルー サンプル デザインを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SPDIF/AES3 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* バグ修正: CDC クロッシング警告を修正

* その他: TID の幅を 6 ビットに変更。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SelectIO Interface Wizard (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 12)

* 変更なし

Sensor Demosaic (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: 合成可能なサンプル デザインのアップデート。Kintex-7 デバイスでは、ビデオ クロック周波数が 297 MHz から 200 MHz に、ビデオ ストリーム クロックが 300 MHz から 200 MHz に変更されています。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Serial RapidIO Gen2 (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 5)

* 一般: コア生成中のファイル呼び出しの変更。出力ファイルには影響なし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect AXI2SC Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect Node (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 機能改善: 最大未処理トランザクション数 (NUM_OUTSTANDING) を 256 に拡大

* その他: max_fanout 属性を削除。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect SC2AXI Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect Switchboard (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: max_fanout 属性を削除。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Soft Error Mitigation (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 11)

* 変更なし

Soft-Decision FEC (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 2)

* バグ修正: Windows でのメモリ初期化ファイル生成を修正

* 機能改善: xczu35dr および xczu37dr デバイスのサポートを追加

Stream Traffic Manager (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Switch Core Top (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Cache (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 5)

* 変更なし

System ILA (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 4)

* 一般: 幅の伝搬に関する問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Management Wizard (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 9)

* 一般: 内部 GUI の変更。 ユーザーへの影響はありません。

* 一般: IP にボード サポートを追加。

TMR Comparator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TMR Inject (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 機能改善: 拡張アドレス インジェクト レジスタのサポートを追加

TMR Manager (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 機能改善: 内部ウォッチドッグを一時停止する入力を追加

TMR Soft Error Mitigation Interface (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: サポートされるファミリを更新。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TMR Voter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* バグ修正: ロックステップ モードで未使用の信号を非表示に変更

* 修正点: BRAM バス マスター インターフェイスのプロパティの伝搬

TSN Endpoint Block (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TSN Tri Mode Ethernet MAC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし

Time-Aware DMA (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* ライセンスの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Timer Sync 1588 (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 4)

* 変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 13)

* バグ修正: HASH(0x1569e00)

* バグ修正: XDCB-5 DRC 違反を修正するよう制約を更新

* バグ修正: GMII クロック制約 XDC を更新: 生成クロックを定義するときにマスター クロックを指定

* その他: Artix-7 -2L デバイスで 2.5 Gbps データ レートをイネーブル

UHD-SDI Audio (2.0)

* バージョン 2.0

* 新機能: Audio Embed & Extract に 32 チャネルのサポートを追加

* 新機能: 7 シリーズ デバイスのサポートを追加

* 新機能: リソース使用率を下げるようアーキテクチャを変更

* 新機能: Audio Embed : 192 ビット AES チャネル ステータスを抽出する設定を追加

* 新機能: Audio Embed : 4 チャネル以外の複数システム (2、6、10 など) をサポートするためのチャネル パディング ロジック (2 つのミュート チャネルの最後のグループにパディング) を追加

* 新機能: Audio Extract : SD-SDI 以外のモードにオーディオ クロック リカバリに基づいたクロック位相を追加

* 新機能: Audio Extract : 単一 AXI4-S または複数 AXI4-S にオーディオを出力するための設定を追加 (各オーディオ グループに 1 つ)

UHD-SDI GT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* バグ修正: TDATA 幅を 40 または 20 に変更可能にする設定を追加

* バグ修正: cmp_gt_st が接続されているときに発生するインプリメンテーション エラーを修正

* バグ修正: QPLL 基準クロックのコネクティビティを修正

* 新機能: PICXO モードに制御を追加

UHD-SDI Video Pattern Generator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 新機能: TX ファミリ、レート & スキャンを選択したモード外で生成

UltraScale 100G Ethernet Subsystem (2.4)

* バージョン 2.4

* バグ修正: サンプル デザインの共有ロジック/GT の GT コモン ラッパーの SDMDATA をアップデート

* 機能改善: ANLT イネーブルのコンフィギュレーション向けにサンプル デザインのオプションに GT を追加

* その他: GT のリセットにウォッチドッグ タイマーを追加

* その他: XDC の制約宣言から XDCB-5 DRC を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.4)

* バージョン 4.4 (Rev. 4)

* バグ修正: XDCB-5 の警告メッセージを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.7)

* バージョン 1.7 (Rev. 5)

* 機能改善: GTY-DisplayPort_8_1G/ GTH-DisplayPort_8_1G の新トランシーバー コンフィギュレーション プリセット オプションを追加

* その他: I 温度グレード デバイスの属性をアップデート

* その他: Q/M 温度グレード デバイスの属性をアップデート

* その他: RX_PPM_OFFSET の表示範囲を UltraScale/UltraScale+ FPGA データシートに合わせて更新

UltraScale Soft Error Mitigation (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 9)

* バグ修正: (Xilinx Answer 71155) を修正。VU35P および VU37P のレポートされたエラーの箇所、エラーの挿入, クエリー、およびアドレス転送を修正

* その他: 航空宇宙グレードグレードの UltraScale+ デバイス サポートを追加

UltraScale+ 100G Ethernet Subsystem (2.5)

* バージョン 2.5

* バグ修正: サンプル デザインの共有ロジック/GT の GT コモン ラッパーの SDMDATA をアップデート

* 機能改善: 100GAUI2 - GTM に KP4 FEC Transcode コンフィギュレーション サポートを追加

* 機能改善: CAUI4 - GTM コンフィギュレーション サポートを追加

* 機能改善: ANLT イネーブルのコンフィギュレーション向けにサンプル デザインのオプションに GT を追加

* その他: 新しい UltraScale+ デバイス サポートを追加

* その他: GT のリセットにウォッチドッグ タイマーを追加

* その他: XDC の制約宣言から XDCB-5 DRC を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express 4c Integrated Block (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 機能改善: [Add Debug Options] ページに Mark Debug ユーティリティを追加

* 機能改善: サイズ変更が可能な BAR 機能を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 4)

* バグ修正: PF0 以外の場合にベンダー ID を変更できないように修正

* 機能改善: [Add Debug Options] ページに Mark Debug ユーティリティを追加

* 機能改善: サイズ変更が可能な BAR 機能を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Universal Serial XGMII Ethernet Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* バグ修正: CDC パスの set_max_delay 制約で使用されるクロック周期の値を修正

* バグ修正: XDCB-5 DRC 違反を修正するよう制約を更新

* バグ修正: まれにしか発生しないバグの修正: 一時停止フレームの転送が PTP フレームの送信直後に請求されると、TX PTP バッファーの読み出しエラーが発生する

* その他: レジスタ空間の最適化: IP 機能に付随するレジスタはコア生成時にイネーブルにしておかないと、存在しない

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Utility Reduced Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 変更なし

Utility Vector Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 変更なし

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 19)

* 変更なし

Video AXI4S Remapper (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Color Space Conversion and Correction (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 一般: 8k 解像度 (8192x4320) のサポートを追加

* 一般: 合成可能なサンプル デザインのアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video DisplayPort 1.4 RX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0

* バグ修正: AXI4-Stream のカラー マッピングを UG934 に従うように変更

* バグ修正: シンボル エラー カウンターがクリアされない問題を修正

* バグ修正: Windows OS のパスの長さの問題に対応するためアプリケーション サンプル デザインの名前を短く変更

* バグ修正: XDC 制約の XDCB-5 警告を修正

* 新機能: HDCP v1.3 のサポートを追加

* 新機能: 最大 4 個のストリームまで MST のサポートを追加

MST Audio のサポート (1 個のストリームのみ)を追加

* 新機能: UltraScale+ GTYE4 のサポートを追加

* 新機能: VCU118 RX のみのサンプル デザインを追加

* 機能改善: Audio Interface (I2S) および ACR をアプリケーション サンプル デザインに統合

* 機能改善: オーディオ クロック再生成インターフェイスを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video DisplayPort 1.4 TX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0

* バグ修正: AXI4-Stream のカラー マッピングを UG934 に従うように変更

* バグ修正: Windows OS のパスの長さの問題に対応するためアプリケーション サンプル デザインの名前を短く変更

* バグ修正: XDC 制約の XDCB-5 警告を修正

* バグ修正: AXI-4 Stream の幅を 8 の倍数にアップデート

* 新機能: HDCP v1.3 のサポートを追加

* 新機能: 最大 4 個のストリームまで MST のサポートを追加

MST Audio のサポート (1 個のストリームのみ)を追加

* 新機能: UltraScale+ GTYE4 のサポートを追加

* 新機能: VCU118 TX-Only サンプル デザインを追加

* 機能改善: Audio Interface (I2S) および ACR をアプリケーション サンプル デザインに統合

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Read (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 1)

* 一般: IP ライセンスが無償になるようライセンス セクションを更新。

* 一般: 解像度で 8k がサポートされるよう変更

* 一般: サンプル デザインの Tcl ファイルに含まれるサポートされる IP バージョンの番号を変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Write (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 1)

* 一般: IP ライセンスが無償になるようライセンス セクションを更新。

* 一般: 解像度で 8k がサポートされるよう変更

* 一般: サンプル デザインの Tcl ファイルに含まれるサポートされる IP バージョンの番号を変更

* 一般: カラー フォーマットに X を含めることができるようにアップデート

* 一般: xdcb-5 err を削除

* 一般: ストリーム クロックを下げることでネガティブ スラックの問題を解決。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video In to AXI4-Stream (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* バグ修正: IP インテグレーターのブロックで aclken からの極性バブルが削除されるようにアップデート

Video Letterbox Engine (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Mixer (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 2)

* 一般: IP ライセンスを無償化

* 一般: フラッシュをサポートするようにアプリケーションをアップデート

* 一般: ネガティブ スラックに関する問題を修正

* 一般: デザイン依存の IP バージョンを変更

* 一般: XDCB-5 の解析エラーを修正

* 一般: YML エラーを修正

* 一般: 8k サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Multi-Scaler (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: IP の初期リリース

* 一般: 最大 8 個の出力までをサポート

* 一般: 8K 解像度をサポート

* 一般: 8 ビットおよび 10 ビットをサポート

* 一般: メモリ ベース スカラー

Video On Screen Display (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video PHY Controller (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 2)

* 一般: GTYE4 から DP プロトコル サポートを追加

* 一般: DP UltraScale および UltraScale+ デバイス向けに C_TX_Raw_Mode_EN および C_RX_Raw_Mode_EN を追加

* 一般: TX Buffer Bypass がイネーブルのときに DP GTHE4 で TX MMCM インスタンスを削除

* 一般: Vivado フローが向上するよう XDC で "get_pins" をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Processing Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 一般: IP ライセンスが無償になるようライセンス セクションを更新。

* 一般: サンプル デザインの Tcl ファイルに含まれるサポートされる IP バージョンの番号を変更。

* 一般: ttcl でサンプル デザインのタイミング変更をアップデート。

* 一般: XDCB-5 エラーを修正。

* 一般: ストリーム クロックを下げることでネガティブ スラックの問題を解決。

* 一般: VPSS GUI の問題を修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Scene Change Detection (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: IP の初期リリース

* 一般: 入力ビデオのシーン変化検出

* 一般: シーン変化を検出するのに luma 情報のみを使用

* 一般: メモリ マップ モードで最大 8 つの入力ストリームをサポート、ストリーム モードで 1 つのストリームをサポート

Video Test Pattern Generator (8.0)

* バージョン 8.0

* 一般: field_id register および fid_in and fid ポートを追加

* 一般: 10k 解像度 (10328x7760) のサポートを追加

* 一般: ライセンスを削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 13)

* バグ修正: フィールドごとにアクティブ ラインの数が異なる SD-SDI 解像度をサポートするため、アクティブ ライン レジスタを追加

Video Vertical Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Vertical Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video to SDI TX Bridge (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.3)

* バージョン 4.3 (Rev. 3)

* 変更なし

Viterbi Decoder (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 10)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能への変更はありません。

XADC Wizard (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 6)

* 一般: 属性の若干の変更。 影響はありません。

XAUI (12.3)

* バージョン 12.3 (Rev. 5)

* 一般: この IP は 2019.1 リリースから廃盤予定です。 この IP が必要なお客様はザイリンクス FAE までお問い合わせください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

XHMC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* バグ修正: XDCB-5 警告をクリーンアップするために制約をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQ UltraScale+ VCU (1.2)

* バージョン 1.2

* ポート変更: なし

* バグ修正: VCU 生成を Zynq UltraScale+ MPSoC EV パーツに制限

* 機能改善: なし

* その他: Decoder Streams 数を設定する GUI オプションを追加

* その他: バージョン 1.2

ZYNQ UltraScale+ VCU DDR4 Controller (1.0)

* バージョン 1.0

* ポート変更: なし

* バグ修正: なし

* 機能改善: 初期リリース

* 機能改善: x8 および x16 メモリ デバイスのセットの限られたセットをサポート

* 機能改善: Zynq UltraScale+ MPSoC EV シリーズ -1e、-2、 -3e パーツのサポート

* 機能改善: 2133、2400、および 2667 Component/SODIMM メモリ デバイスの限られたセットをサポート

* 機能改善: Component/SODIMM で 64 ビットのインターフェイスをサポート

* 機能改善: JEDEC に準拠した DDR4 初期化をサポート

* 機能改善: デコーダー 0、デコーダー 1、MCU、PS、およびディスプレイ制御インターフェイスに接続するために、5 つのハイ パフォーマンスな AXI ポートをサポート

* その他: Zynq UltraScale+ MPSoC VCU IP のみと使用可能

ZYNQ7 Processing System (5.5)

* バージョン 5.5 (Rev. 6)

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQMPSOC Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Zynq UltraScale+ MPSoC (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 2)

* バグ修正: 1. DDR アクチャル周波数 >= 332 MHz かどうかをチェックして、それに基づいてクリティカル警告を表示する DRC

* バグ修正: 2. psu_init.c/tcl に psu_init_ddr_self_refresh proc を導入

* バグ修正: 3. DDR 高位アドレスをデフォルトでイネーブル

* バグ修正: 4. APU およびビデオ クロックの分数クロッキング問題を修正

* バグ修正: 5. 同じ乗算器/分周器を使用した場合の手動モードおよび自動モードのクロッキングの一貫した出力の問題を修正

* バグ修正: 6. クリティカル警告がritical warning is shown when GEM TSU クロックが EMIO に接続され、BUFG クロック ポート ペアがループバックしない場合にクリティカル警告が表示される

* バグ修正: 7. レジスタ コンフィギュレーション用に GEM TSU ポートの clk_to_pl_bufg のループバック接続情報を伝搬するパラメーターを追加

*機能改善: 1. I/O コンフィギュレーション ページに USB PHY リセットが含まれるように変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Zynq UltraScale+ RF Data Converter (2.1)

* バージョン 2.1

* ポート変更: ステート モニタリングをパワーアップするためのデバッグ ポートを新しく追加

* バグ修正: DAC 最小サンプリング レートを 100 MHz から 500 MHz に修正

* バグ修正: 補間/間引き値が一致しない場合に Multi Tile Sync がイネーブルになる可能性がある問題を修正

* バグ修正: Real コンフィギュレーションから Complex コンフィギュレーションの ADC スケーリング出力係数を修正

* バグ修正: ステート マシンが 1 タイル分早期に再開されると別の動作と干渉し合うことがある問題を修正

* バグ修正: ADC0 または DAC0 がディスエーブルになっているとインプリメンテーション後のシミュレーションでエラーになることがある問題を修正

* バグ修正: HSCOM_PWR レジスタからの読み出しに間違ったデータが含まれることがある問題を修正

* 新機能: マルチバンドのサポートを追加

* 新機能: 専用ポートを介した リアルタイム NCO 変更をサポート

* 新機能: 各タイルの予期せぬリセットに対応するカウンターを追加。レジスタ Tile BaseAddress + 0x38 に値を格納。

* 新機能: 基準クロックの分周を変更可能にするオプションを追加

* 機能改善: Mixer Type のデフォルト値を "Bypass" から "Off" に変更

* その他: [PLL Summary] タブを GUI に追加

* その他: IP GUI ウィジェットを更新

* その他: [Interpolation/Decimation[ パラメーターの値を変更 (x4->4 および x8->8)

* その他: AXI-4Liteタイムアウトを係数 4 で増加

* その他: メモリ ベースのデータ スティミュラスとキャプチャ ブロックをサンプル デザインに追加

* その他: デモ テストベンチ データ生成とチェックを変更。データは周波数ドメインで解析されるようになりました。

audio_tpg_v1_0 (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

axi_msg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: 余分なコードをコメント化

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

axi_sg (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

interrupt_controller (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 変更なし

lib_bmg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_cdc (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_pkg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 71806
日付 12/21/2018
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
このページをブックマークに追加