AR# 71867

LogiCORE SMPTE UHD-SDI - XAPP1248 v1.4 - Vivado 2018.3 を使用して XAPP1248 をコンパイルするとエラーが発生する

説明

Vivado 2018.3 を使用して XAPP1248 v1.4 をコンパイルすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

Error messages:
ERROR: [IP_Flow 19-3478] Validation failed for parameter 'PPM offset between receiver and transmitter(RX_PPM_OFFSET)' with value '1200' for IP 'v_smpte_uhdsdi_gtwiz_x0y16'. RX_PPM_OFFSET is out of range for RX_LINE_RATE (11.88), should not be more than 200, refer to FPGAs data sheet Rxppmtol for legal value
INFO: [IP_Flow 19-3438] Customization errors found on 'v_smpte_uhdsdi_gtwiz_x0y16'. Restoring to previous valid configuration.
INFO: [Common 17-17] undo 'set_property'
ERROR: [Common 17-39] 'set_property' failed due to earlier errors.
    while executing
"rdi::add_properties -dict {CONFIG.CHANNEL_ENABLE X0Y16 CONFIG.TX_MASTER_CHANNEL X0Y16 CONFIG.RX_MASTER_CHANNEL X0Y16 CONFIG.LOCATE_COMMON EXAMPLE_DESI..."
    invoked from within
"set_property -dict [list CONFIG.CHANNEL_ENABLE {X0Y16} CONFIG.TX_MASTER_CHANNEL {X0Y16} CONFIG.RX_MASTER_CHANNEL {X0Y16} CONFIG.LOCATE_COMMON {EXAMPLE..."
    (file "./kcu105_uhdsdi_demo_script.tcl" line 38)

この問題の解決方法を教えてください。

ソリューション

これは予期されるエラーです。その理由は、2018.3 Vivado リリースのデバイス データシートに基づいて Transceiver Wizard がアップデートされ、6.6 Gbps を超えるライン レートに対する PPM 値が 200 ppm になったためです。

これが原因で、Vivado 2018.3 を使用して XAPP1248 を実行するとエラーになります。 

このアンサーに添付されている Tcl スクリプト (kcu105_uhdsdi_demo_script.tcl) を使用すると、この問題を解決できます。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
kcu105_uhdsdi_demo_script.tcl 10 KB TCL

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54547 LogiCORE IP SMPTE UHD-SDI - Vivado 2015.1 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 71867
日付 12/20/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP