AR# 72158

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem 3.1 (Rev 1) - HDCP がイネーブルになっていると、一部のHDMI HDR ソースで、HDMI サンプル デザインが機能しない

説明

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem 3.1 (Rev 1) で、ビデオ モードが HDR のとき、リンクが安定せず、数秒ごとに再起動します。

この問題の原因は何ですか。

ソリューション

これは HDMI 1.4/2.0 のサンプル デザインでの既知の問題です。

HDCP がディスエーブルになっていると 4K HDR モードのアップル TV 4K でこの問題が発生します。

サンプル デザインのデフォルトの EDID ファイルでは HDR がサポートされません。

次の手順に従って Sink の EDID をクローンすると、この問題を回避できます。

  1. HDMI トランスミッターを HDR をサポートする HDMI Sink に接続します。
  2. HDCP パスワードを入力します (オプション)。
  3. EDID をクローンします (UART で E を押してから 2 を押します)。
  4. HDMI ソースを HBR レシーバーに接続します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54546 HDMI 1.4/2.0 Receiver (RX) Subsystem - Vivado ツール 2015.1 以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 72158
日付 05/29/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP