AR# 72233

Video Processing Subsystem v2.0 - PG231 - 2018.3 以降のバージョンでサンプル デザインの SDK プロジェクトが生成されない

説明

2018.3 より前のリリースでは、2019 年 1 月以前に発行された『Video Processing Subsystem 製品ガイド』 (PG231) の第 5 章で説明されている Tcl フローを使用してサンプル デザイン ソフトウェアが作成されました。

  
2018.3 以降では、SDK フロー (BSP からインポート) を使用してサンプル デザインが作成されます。
  
VPSS に対してアップデートされたこのフローは、次のバージョンの VPSS ドキュメント (v2.1 で、2019 年 5 月に発行) に含められています。
  
 
 
2018.3 より前および 2018.3 以降のフローの手順は次のとおりです。
  

ソリューション

2018.3 より前のフロー:

  

72233-1.png



 

 

72332-2.png



 

2018.3 以降のフロー:

  

72332-3.png



 

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
65449 LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) - Vivado ツール 2015.3 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 72233
日付 07/08/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP