UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 72242

2019.1 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2019.1 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。 

ソリューション

(c) Copyright 2019 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc. and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER This disclaimer is not a license and does not grant anyrights to the materials distributed herewith.Except as otherwise provided in a valid license issued to you by Xilinx, and to the maximum extent permitted by applicable law: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" AND WITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIES AND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON- INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and (2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort, including negligence, or under any other theory of liability) for any loss or damage of any kind or nature related to, arising under or in connection with these materials, including for any direct, or any indirect, special, incidental, or consequential loss or damage (including loss of data, profits, goodwill, or any type of loss or damage suffered as a result of any action brought by a third party) even if such damage or loss was reasonably foreseeable or Xilinx had been advised of the possibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS Xilinx products are not designed or intended to be fail- safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications").Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.


100G Multirate Ethernet MAC (MRMAC) (1.0)

* バージョン 1.0

* ポート変更: ポートに関連した機能をイネーブル

* 機能改善: 初版

* 機能改善: 1x100GE コア スピードのサポート

* 機能改善: 4x25GE コア スピードのサポート

* 機能改善: 1588 PTP サポート (1 ステップおよび 2 ステップ)

* 機能改善: TX/RX フロー制御のサポート

* 機能改善: FEC のある 1x100GE および 4x25GE コンフィギュレーションのサポート

* 機能改善: AXI4-lite インターフェイスのサポート

100M/1G TSN Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 一般: 低機能デバイス用 IP をイネーブル

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet MAC (15.1)

* バージョン 15.1 (Rev. 7)

* 一般: AKINTEX7 デバイスのプロダクション シリコンのサポートをアップデート

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 修正点: areset が qpllreset をトグルしない。

* 修正点: GTYE3 の RX_PRBS_ERR_CNT の DRP アドレスのアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G/25G Ethernet Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0

* 機能改善: xxv_ethernet IP で LPM/DFE モードの選択肢の追加

* 機能改善: AXI4 統計カウンターをイネーブルにする機能の追加

* 機能改善: Versal GTWIZ サポートの追加

* 機能改善: オート ネゴシエーション/リンク トレーニング ロジック レジスタ空間ビット フィールドをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/10G/25G Switching Ethernet Subsystem (2.3)

* バージョン 2.3

* ポート変更: 1G PCS コアの signal_detect、basex_or_sgmii、an_interrupt ポートを追加

* 修正点: タイミング DRC のアップデート

* 機能改善: 1000BASEX/SGMII の CL37 AN のサポートを追加。1G から10G までの手動選択。

* 機能改善: CL37 AN ポートを追加

* その他: 新しいデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (16.1)

* バージョン 16.1 (Rev. 6)

* 修正点: AXI4 lite IPIF モジュールへの s_axi_resetn のリセット ロジックをアップデート

* 修正点: DRP クロック レートの GUI DRC チェックをアップデート

* 修正点: (Xilinx Answer 72084) の 1000BaseX および SGMII モードの FIFO からのマスターおよびスレーブ データ読み出しの CDR ロジックをアップデート

* 修正点: CL37 のオート ネゴシエーションの再開始用セルフ クリアの修正をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

32-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 変更なし

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 18)

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

40G/50G Ethernet Subsystem (2.5)

* バージョン 2.5

* 機能改善: AXI4 統計カウンターをイネーブルにする機能の追加

* 機能改善: GTM トランシーバーの 4x10.3125G を追加

* 機能改善: GTM トランシーバーの 50G Ethernet Subsystem を追加

* 機能改善: オート ネゴシエーション/リンク トレーニング ロジック レジスタ空間ビット フィールドをアップデート

* その他: 新しいデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 11)

* 変更なし

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 11)

* 一般: xa7k160tffg676-1q デバイスのサポート追加

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 11)

* 一般: 新規の xa7k160t デバイスの追加

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 一般: サンプル デザインのスクリプトのアップデート機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AI Engine (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

AMM Master Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 一般: サンプル デザインのスクリプトのアップデート機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AMM Slave Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 一般: サンプル デザインのスクリプトのアップデート機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 6)

* 機能改善: VCU128 および VCU129 ボードのブロック オートメーション サポートの追加

* その他: このコアのサブコアの変更に関しては、tri_mode_ethernet_mac v9_0 および gig_ethernet_pcs_pma v16_1 のコア変更ログを参照。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHBLite Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 一般: サンプル デザインのスクリプトのアップデート機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI APB Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 一般: IP サンプル デザインのマイナー アップデート

AXI BRAM Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 1)

* 機能改善: 読み出しレイテンシ サポートの追加

* 機能改善: ECC ビットの整理ロジックをすべてのデバイスに対し保持

* 機能改善: 読み出しコマンド レイテンシの最適化に読み出しコマンド最適化パラメーターを追加

* その他: BMG サポートの削除、および BMG または XPM を選択するパラメーターも削除

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 機能改善: GT Wizard IP の XDC で GT チャネル LOC 制約をディスエーブルにするオプションを GUI に追加

* 機能改善: TANDEM 用の GUI オプション MCAP_FPGA_BITSTREAM_VERSION を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 22)

* 一般: Versal デバイスをサポートするためサンプル デザインをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 19)

* 一般: IP インテグレーターのサポートを拡張

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 5)

* 一般: Aurora 64B66B サブコアを 11.2 から 12.0 へ移行。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 18)

* 一般: Versal サポートの削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 20)

* 一般: Versal サポートの非表示

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 18)

* 一般: Versal サポートの削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 一般: Versal サポートの削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 21)

* 一般: サンプル デザインのアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 20)

* 一般: 許容範囲の警告をユーザーに見えないようにする XDC 権利放棄メカニズムを新しくインプリメント

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 19)

* 一般: サンプル デザインのアップデート機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EPC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 22)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Buffer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Clocking (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AXI EthernetLite (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 23)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 22)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 20)

* 一般: Versal サポートの削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 13)

* 一般: C_HAS_FAST が変更になると、パラメーター C_DISABLE_SYNCHRONIZERS および C_MB_CLK_NOT_CONNECTED をアップデート

AXI Lite IPIF (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし

AXI MMU (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 17)

* 一般: Versal サポートの非表示

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI Memory Init (1.0)

* バージョン 1.0

* ネイティブ Vivado リリース

* 初版

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.9)

* バージョン 2.9 (Rev. 1)

* 機能改善: xa7k160t デバイスのサポートの追加

* 機能改善: x2 モードで CPG236/CPG238 を再びサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Multi Channel Direct Memory Access (1.1)

* バージョン 1.1

* 一般: TID ビヘイビアーの変更。パケットの長さ分、一定したままになります。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 21)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 一般: Versal サポートのためクロッキング ウィザードのアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 一般: Versal サポートの削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Firewall (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 一般: シミュレーション ソース用にパッケージ変更。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 18)

* 一般: Micron および追加の Macronix 機能のため、内部 GUI を変更し、新規コマンドのサポート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 新機能: SLR 切り替えの QoR を改善するため、タイミング ドリブンのパイプライン段を自動的に挿入するよう、自動パイプライン処理モードを追加。

* その他: 拡張 AXI メタデータの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Sideband Utility (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: Versal サポートのためクロッキング ウィザードのアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI SmartConnect (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 機能改善: クロック変換および分割のための低エリア モード最適化

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 22)

* 一般: タイミング 14 の権利放棄を追加。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 機能改善: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Traffic Generator (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* 一般: HLT モードの GUI を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI USB2 Device (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 20)

* 一般: IP の権利放棄メカニズムの追加。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Uartlite (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* 一般: 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Verification IP (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 5)

* 一般: has_size を含めるようにアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Video Direct Memory Access (6.3)

* バージョン 6.3 (Rev. 7)

* 一般: 許容範囲の警告をユーザーに見えないようにする XDC 権利放棄メカニズムを新しくインプリメント

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: 内部デバイス ファミリを変更。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.2)

* バージョン 4.2 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4 Debug Hub (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 15)

* 一般: 制約ファイルに権利放棄機能の追加。機能上の変更はなし

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 18)

* 一般: 古いクロック API を get_datetime に置き換え。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* ポート変更: xpm の biterr 挿入のポート クロスオーバーを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream ILA (Integrated Logic Analyzer) (1.0)

* バージョン 1.0

* ネイティブ Vivado リリース

* ロックまたはアップグレードされた IP インスタンスを含むデザインをサポートするため HDL モジュール、ライブラリ、インクルード ファイル名に IP リビジョン番号を追加

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 19)

* 一般: axi_traffic_gen を v2.0 から v3.0 にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 19)

* 一般: 古いクロック API を get_datetime に置き換え。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream VIO (Virtual Input/Output) (1.0)

* バージョン 1.0

* 新規リリース

AXI4-Stream Verification IP (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 5)

* 一般: スレーブ モードでのユーザー パラメーターの強度を有効にするためアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Accumulator (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 13)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Adder/Subtracter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 13)

* 一般: 新規デバイスのサポート既存の機能、リソースの使用、パフォーマンスには変更なし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Advanced IO Wizard (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Audio Clock Recovery Unit (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

Audio Formatter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 一般: サンプル デザインでのマイナー修正 (機能上の修正ではない)

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 64B66B (12.0)

* バージョン 12.0

* 一般: Versal デバイスのサポートを追加

* 一般: AKINTEX7 デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 8B10B (11.1)

* バージョン 11.1 (Rev. 7)

* 一般: AKINTEX7 デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Binary Counter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 13)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Block Memory Generator (8.4)

* バージョン 8.4 (Rev. 3)

* 一般: 内部デバイス ファミリを変更。機能上の変更はありません。

CANFD (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 一般: Versal デバイスをサポートするためサンプル デザインをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CIC Compiler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 一般: comb での DRC 警告を修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CORDIC (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876) を参照

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CPRI (8.10)

* バージョン 8.10

* ポート変更: オプションの Structure Agnostic Line Coding Aware インターフェイス ポートを追加。

* 機能改善: オプションの Structure Agnostic Line Coding Aware モードを追加。

* 機能改善: 長い転送ラインをサポートするため、拡張 CDC FIFO の深さを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Card Management Solution Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 変更なし

Clock Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

Clocking Wizard (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 3)

* 修正点: 内部 GUI 修正

* その他: 新しいファミリのサポートを追加

Color Correction Matrix (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 変更なし

Color Filter Array Interpolation (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 14)

* 変更なし

Compact GT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Complex Multiplier (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 17)

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876) を参照

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Concat (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 3)

* get_display_strings to bd/bd.tcl を追加。

Constant (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 6)

* get_display_strings を提供するため bd/bd.tcl を追加。

Control, Interface & Processing System (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Convolution Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR3 SDRAM (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 7)

* 一般: 2019.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 7)

* 一般: 2019.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 18)

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876) を参照

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DMA/Bridge Subsystem for PCI Express (PCIe) (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 3)

* 修正点: -1M デバイス (Gen2 および 125 MHz の AXI クロック周波数) のコア生成に関する問題を修正。

* 修正点: 7 シリーズ Gen2 DMA の連続読み出しエラーを修正。

* 機能改善: GT Wizard IP の XDC で GT チャネル LOC 制約をディスエーブルにするオプションを GUI に追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP Macro (1.0)

* バージョン 1.0

* 新機能: UltraScale および Versal でサポートされている前置加算器の結果からの 2 乗計算

* その他: DSP Macro の初版。このコアが DSP48 Macro (xbip_dsp48_macro) を置き換えます。

* その他: Versal デバイスのサポート (DSP58/DSP エンジン)

* その他: GUI のエラー処理を改善

* その他: フル精度の出力 (P) 幅の計算を改善。前置加算器の計算をフル精度幅に変更。

DSP48 Macro (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DUC/DDC Compiler (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 一般: 二重駆動信号についての警告を解決するためコードの書き換え。機能およびパフォーマンスへの変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Debug Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* 一般: CDC の権利放棄機能をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Discrete Fourier Transform (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 5)

* 修正点: KCU105 パススルー サンプル デザインで AXI VDMA コンフィギュレーションをアップデート

* 修正点: 音声がイネーブルになっている場合の 0x0A および 0x0B DPCD レジスタをアップデート

* 修正点: ALMOST FULL ピンを HDCP エグレスおよびイングレス FIFO に追加。HDCP 1.3/HDCP 2.2 がイネーブルになっているときのデータ破損を避けるため使用

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort TX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 5)

* 修正点: KCU105 パススルー サンプル デザインで AXI VDMA コンフィギュレーションをアップデート

* 修正点: MVID[7:0] 値を微調整するため 0x090 AXI-4 Lite レジスタを追加

* 修正点: ALMOST FULL ピンを HDCP エグレスおよびイングレス FIFO に追加。HDCP 1.3/HDCP 2.2 がイネーブルになっているときのデータ破損を避けるため使用

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Distributed Memory Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 13)

* 一般: 内部デバイス ファミリを変更。機能上の変更はありません。

Divider Generator (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 15)

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876) を参照

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Double Data Rate Sampling (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

ECC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 一般: 最新版のクロッキング ウィザードを使用するためサンプル デザインをアップデート。コアに機能上の変更はなし。

ERNIC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 修正点: 読み出し応答パケットの QP ID フィールドの問題を修正

* その他: 性能の向上

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ETRNIC (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 一般: この IP は 2019.2 リリースから廃盤予定です。 この IP が必要なお客様はザイリンクス FAE までお問い合わせください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FEC 5G Common Utilities (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIFO Generator (13.2)

* バージョン 13.2 (Rev. 4)

* 修正点: 共通クロックモードのとき一部の XPM_CDC インスタンスがデスティネーション クロックに正しく接続されない。正しいクロックを接続するための条件を追加

* その他: 制約ファイルに IP 権利放棄機能の追加。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIR Compiler (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 12)

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 修正点: 係数ファイルの係数幅の最小範囲を修正。

* 修正点: アドバンスド チャネル シーケンスが選択されているときのサンプル周波数の上限を修正。

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876) を参照

* その他: 新規デバイスのサポート既存の機能、リソースの使用、パフォーマンスには変更なし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fast Fourier Transform (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 2)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fiber Channel 32GFC RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fixed Interval Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 一般: Versal サポートのアップデート。

FlexO 100G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Floating-point (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 8)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.4)

* バージョン 2.4 (Rev. 1)

* 一般: 新規デバイスのサポートを追加。インターフェイス、機能などへの変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Gamma Correction (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 15)

* 変更なし

Gamma LUT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 一般: Versal サポートの追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

GMII to RGMII (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 7)

* 変更なし

HBM IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: 2019.1 用にアップデート

HDCP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし

HDCP 2.2 Cipher (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし

HDCP 2.2 Cipher for DP (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

HDCP 2.2 Montgomery Modular Multiplier (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDCP 2.2 Random Number Generator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

HDCP 2.2 Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDCP 2.2 Receiver for DisplayPort 1.4 Subsystems (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

* レシーバー モードのサポート

* リピーターまたはコンバーター モードのアップストリーム インターフェイスのサポートなし

HDCP 2.2 Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDCP 2.2 Transmitter for DisplayPort 1.4 Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

* DP プロトコルのサポート

* トランスミッター モードのサポート

* リピーターまたはコンバーター モードのダウンストリーム インターフェイスのサポートなし

HDMI 1.4/2.0 Receiver (3.0)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 2)

* 修正点: サンプル デザインの接続されているピンの間でタイプが一致していないことを知らせる警告を修正

* 修正点: サンプル デザインの hdmi_acr_ctrl.xdc および AudioGen.xdc にある制約が原因で表示される、一致しているセルがないことを知らせる警告を修正。

* 機能改善: Virtex UltraScale+ 58g および Virtex UltraScale+ HBM デバイスのサポートを追加

* 機能改善: AUX パケット FIFO の読み出しメカニズムを改善

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDMI 1.4/2.0 Transmitter (3.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Transmitter Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 2)

* 機能改善: Virtex UltraScale+ 58g および Virtex UltraScale+ HBM デバイスのサポートを追加

* 機能改善: スタートアップ時のオーバーランを避けるため、TX HPD タイマー メカニズムを改善。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDMI GT Controller (1.0)

* バージョン 1.0

* 一般: 初期バージョン

* 一般: Versal ファミリのみのサポート

* 一般: HDMI 1.4/2.0 および HDMI 2.1 Subsystem IP のサポート

* 一般: GTYE5 トランシーバーのみをサポート

High Speed SelectIO Wizard (3.5)

* バージョン 3.5 (Rev. 1)

* 一般: 非同期タイム モードでの問題を修正。

I2S Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: サンプル デザインのアップデート。I2S RX および TX の両方でマスター モードを使用。

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

I2S Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: サンプル デザインのアップデート。I2S RX および TX の両方でマスター モードを使用。

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTH (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 一般: デバイス サポートのアップデート

IBERT 7 Series GTP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 一般: デバイス サポート リストのアップデート。

IBERT 7 Series GTX (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 一般: オートモーティブ Kintex デバイスのサポートを追加

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 17)

* 一般: デバイス サポートのアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTH (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 2)

* 一般: デバイス サポートのアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTM (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 新機能: NRZ モジュレーションのサポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTY (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 2)

* 一般: GTY デバイスのサポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 200G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 25G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 一般: TX または RX のみを生成できるようになりました。デフォルトでは両サイドがイネーブルになっています。ユーザーが変更する必要なし。

* 一般: Versal デバイスを含めるためデバイス サポートを拡張。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 400G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 50G RS-FEC (2.0)

* バージョン 2.0

* 一般: KP4 モードを追加、Versal デバイスを含むデバイス サポートをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 Clause 74 FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 Multi-channel 25G RSFEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)

* 一般: cmac_usplus バージョン番号のアップデート

IEEE 802.3bj 100G RS-FEC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 一般: デバイス サポートのアップデート (Versal デバイスを含める)。UltraScale+ のサンプル デザインをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 9)

* 一般: CDC の権利放棄機能をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IOModule (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 変更なし

Image Enhancement (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 15)

* 変更なし

In System IBERT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interlaken 150G (2.4)

* バージョン 2.4 (Rev. 3)

* 修正点: VCU108 ボードを [Board] タブに追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interleaver/De-interleaver (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 PHY (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 6)

* 修正点: FSM が SH_LOCK から SH_INIT へ遷移するときに有効なヘッダーが同じクロック サイクルで受信された場合、間違った位置にロックされないようにするため、64B66B の同期ヘッダー アライメント アルゴリズムを変更

* 機能改善: 64B66B の同期ヘッダーアライメントアルゴリズムで SH_LOCK から SH_INIT に遷移するプロセスをさらに堅牢にするため、その条件を変更

* 機能改善: デザイン処理をスピードアップさせるため、すべてのソース ファイルからの Tcl クロック プロシージャへのコールを削除

* その他: 未定

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204C (4.1)

* バージョン 4.1

* 修正点: EMB_LOCK を損失しても完全な再同期が実行されない 64B66B RX コアの問題を修正

* 機能改善: IP サンプル デザインのクロック精度を改善。

* 機能改善: IP サンプル デザインの読みやすさを改善。

* 機能改善: アドレス 0x50 の CTRL_SYSREF レジスタへの新機能を追加。トレランス値を常時 sysref モードでの sysref 検出に指定するため、ビット 8、9、10 を使用 (デフォルト値は 0)。

sysref が予期位置に対してトレランス内に収まる場合は、エラーは出力されません。(PG242) を参照。

* 機能改善: 64B66B コア専用。コアのクロック サイクル数 SYSREF は、15 から 255 に変更になり、遅れる可能性があります。CTRL_SYSREF のビット 16 から 23 までが、この値を設定するために使用されます。

* 機能改善: デザイン処理をスピードアップさせるため、すべてのソース ファイルからの Tcl クロック プロシージャへのコールを削除

* 機能改善: レーンごとのレジスタ CTRL_TX_ILA_LID に新機能を追加。これらのレジスタのビット 16 から 20 までは、各レーンのリンクごとのレーン数を指定するために使用されます (write no. lanes - 1) 。

これらのレジスタのデフォルト値は、コアで最初に設定されているレーン数から 1 を引いた数です (PG242 を参照)。

* 機能改善: アライメントバッファーオーバーフローが発生すると、コアがデータを出力しなくなるなど、64B66B RX コアを改善。

* 機能改善: 受信したリンク タイミングに基づき、サブクラス 0 で LEMC を開始するよう、64B66B RX コアを改善。

* その他: 未定

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JTAG to AXI Master (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 9)

* 一般: オートモーティブ Kintex デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LDPC Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 修正点: Windows でのトランザクション ファイル生成を修正。

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 修正点: DOCSIS の範囲コードを追加。

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LMB BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 16)

* 一般: 今後のデバイスのサポートを簡素化するため、サポート デバイスとプロダクション ステートを自動的に決定

LPDDR3 SDRAM (MIG) (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 一般: 2019.1 用に変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE DL Channel Encoder (4.0)

* バージョン 4.0

* 一般: AXI-S および AXI4 インターフェイス、より高いバンド幅で SCH チャネルを処理するための追加ハードウェアを含めるため、コメントのメジャー アップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE Fast Fourier Transform (2.1)

* バージョン 2.1

* 一般: 384、768、3072、4096 のポイント サイズのサポートを追加。長さが任意の巡回接頭辞を追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE PUCCH Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 16)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE RACH Detector (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 5)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE UL Channel Decoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 16)

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 変更なし

MIPI CSI-2 Rx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし

MIPI CSI-2 Rx Subsystem (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 1)

* 修正点: RAW20 データ破損の問題を修正

* その他: Versal デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Tx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

MIPI CSI-2 Tx Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 新機能: サンプル デザインを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 3)

* 一般: Versal デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし

MIPI DSI Tx Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 一般: Versal デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 11)

* 変更なし

Mammoth Transcoder (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Memory Helper Core (1.4)

* Version 1.4

* 変更なし

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (4.2)

* バージョン 4.2 (Rev. 1)

* 一般: Vivado 2019.1 ソフトウェアをサポート。

MicroBlaze (11.0)

* バージョン 11.0 (Rev. 1)

* 修正点: 命令ビクティム キャッシュの合成エラーを回避。 この問題が発生するバージョンは 7.30.a - 11.0。命令ビクティム キャッシュがイネーブルで、命令やッシュおよび外部メモリのサイズが同じとき、エリアまたはパフォーマンス最適化でのみ発生可能。

* その他: 今後のデバイスのサポートを簡素化するため、サポート デバイスとプロダクション ステートを自動的に決定

* その他: タグを追加するため権利放棄機能をアップデート。機能上の変更はありません。

* その他: 64 ビット モードの命令の互換性を改善

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 16)

* 一般: タグを追加するため権利放棄機能をアップデート。機能上の変更はありません。

MicroBlaze MCS (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 一般: 今後のデバイスのサポートを簡素化するため、サポート デバイスとプロダクション ステートを自動的に決定

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiply Adder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 一般: 新しいデバイスのサポート。機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mutex (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 10)

* 変更なし

NVMe Host Accelerator (1.0)

* バージョン 1.0

* 機能改善: 遅延を低減するため、ソフトウェア AXI インターフェイス 32/64 ビットをコンフィギュレーション可能に設定

* その他: IP を一般リリース。2018.3 ではこの IP のコンポーネント名は nvmehc でした。これは 2019.1 リリースで nvmeha に名前が変更されています

NoC Clock Re-Convergent Buffer (1.0)

* バージョン 1.0

* 初版

NoC NIDB (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

NoC Packet Switch (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

PCIe PHY IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 修正点: 警告メッセージに対し IP の権利放棄メカニズムをインプリメント

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

PR AXI Shutdown Manager (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

PR Bitstream Monitor (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Controller (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.3)

* バージョン 6.3

* 機能改善: CPS=2 の LUT 最適化

* 機能改善: CPS=2 の場合のみ LUT 最適化後にレイテンシをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Polar Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 修正点: エラー訂正パフォーマンスを改善

* 修正点: 512 以上のコードを短くするコード生成機能を訂正。

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Processor System Reset (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 13)

* 変更なし

QDRII+ SRAM (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 7)

* 一般: 2019.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM (MIG) (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 一般: 2019.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM PHY IP (2.0)

* バージョン 1.2

* 変更なし

QSGMII (3.4)

* バージョン 3.4 (Rev. 6)

* 一般: zqzu29dr デバイスのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Queue DMA Subsystem for PCI Express (PCIe) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 1)

* 修正点: 未使用の出力ポート axis_c2h_status_imm_or_marker を削除

* 修正点: usr_irq_in_vec 入力ポート幅を 5 ビットに変更

* 修正点: メールボックス割り込みは PF ベクターからのみ生成され、ほかのベクターからは生成できなかった

* 修正点: 直接割り込みと間接割り込みの混在で割り込みが正しく受信されない

* 修正点: コンプリーション オプションのみの AXI-MM が機能しない

* 修正点: バッファー深さ 32 と 64 の結合バッファーをライトバックしても機能しない。深さ 32 の問題は修正され、深さ 64 は不可。

* 修正点: プリフェッチ キャッシュの深さに関する GUI パラメーターの伝搬の問題

* 修正点: C2H 書き戻しタイマー削除の問題: タイマーを削除した直後に再度挿入すると、削除されずに複数のタイマーが存在する

* 修正点: キューが無効のときマーカーの応答が機能しない

* 修正点: Tcl オプション CONFIG.adv_int_usr を使用すると関数ごとに 8 つ以上の割り込みベクターが存在するという問題

* 修正点: 拡張 ROM 空間 (最後の BAR で選択された EPROM) の読み出し/書き込みアクセス問題

* 修正点: サンプル デザインの問題: 混合ペイロード転送 (即値データとペイロード データ) に続く ST C2H 転送のコンプリーションが受信されない

* 修正点: C2H DMA 書き込みエンジンの SOP を削除して、パフォーマンスを改善

* 修正点: tm_dsc_sts_rdy のバック プレッシャーの問題を修正

* 機能改善: GUI で [Slot Clock Configuration] オプションをイネーブル

* 機能改善: JTAG デバッガーおよび IBERT デバッグ オプションのサポートをイネーブル

* 機能改善: 共有ロジックの GUI ページをイネーブル

* 機能改善: キューの数を 1 から 2048 までユーザー設定可能

* 機能改善: CQ の未処理トランザクションのユーザー パラメーターを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAM-based Shift Register (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAMA IP (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 1)

* タイミングを改善。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 13)

* 変更なし

RLDRAM3 (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4 (Rev. 7)

* 一般: 2019.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.4)

* バージョン 4.4 (Rev. 6)

* 一般: zqzu29dr デバイスのサポート

* 一般: この IP は 2019.2 リリースから廃盤予定です。 この IP が必要なお客様はザイリンクス FAE までお問い合わせください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Radio over Ethernet Framer (2.0)

* バージョン 2.0

* 一般: ORAN メッセージ解析のベータ サポート

* 一般: レガシ バージョン。タイム ドメイン アプリケーションにないパケットまたは遅延パケットを処理するためバッファー マネージャーを変更。

* 一般: レガシ バージョン。ユーザー クロックが内部クロックよりも早いと発生する問題を回避するため、肯定応答信号の読み出しで、1 クロック サイクル遅延を追加。

* 一般: レガシ バージョン。フレーム出力 FIFO でのミスアライメントを引き起こす問題を削除。

* 一般: レガシ バージョン。サポートされていないパラメーター割り当てを避けるため、フレーム出力 FIFO コンフィギュレーションを変更。

* 一般: レガシ バージョン。タイム ドメイン モードで正しい次元を割り当てるため、フレーム データ FIFO コンフィギュレーションを変更。

Reed-Solomon Decoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reset Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: 非同期のユーザー パラメーターおよびクロックの追加

SC EXIT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし

SC MMU (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし

SC SI_CONVERTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 修正点: 狭いシングルビートのトランザクションが縮小されたときの読み出しすぎを防止。

SC SPLITTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

SC TRANSACTION_REGULATOR (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし

SDI RX to Video Bridge (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 一般: UltraScale+ のステータスをプロダクションに変更

SMPTE UHD-SDI RX (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI RX SUBSYSTEM (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 修正点: GT クロックの変更、および GT 階層のアップデート

* 修正点: 基準クロックの選択のため UHDSDI-GT GUI をアップデート

* 修正点: タイミング解析用に gen_no_clkdiv_12g Rx クロック選択肢を追加

* 修正点: KCU116 サンプル デザインでの CDC 違反をクリーン

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE UHD-SDI TX (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI TX SUBSYSTEM (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 修正点: GT 基準クロックの選択のため UHDSDI-GT GUI をアップデート

* 修正点: CDC 警告の修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SPDIF/AES3 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 21)

* 修正点: サンプル レートが変更になるとステータス レジスタがアップデート

* その他: CDC を処理するためのリセット ロジックをアップデート

* その他: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SelectIO Interface Wizard (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 13)

* 一般: 駆動されていない入力ポートを正しく接続解除

Sensor Demosaic (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 一般: Versal サポートの追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Serial RapidIO Gen2 (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Shell Card Management Controller Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Shell Card Management Peripheral Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Shell Utility MSP432 BSL CRC Generator (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Slice (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* get_display_strings を提供するため bd/bd.tcl を追加。

SmartConnect AXI2SC Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし

SmartConnect Node (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* 変更なし

SmartConnect SC2AXI Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし

SmartConnect Switchboard (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし

Soft ECC Proxy (1.0)

* バージョン 1.0

* コア初版

Soft Error Mitigation (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 12)

* 一般: 新規 7 シリーズ FPGA のサポートを追加。

* 一般: 新しい UltraScale および ACAP デバイスを除外するため IP パッケージングをアップデート。IP 機能に影響はありません。

Soft-Decision FEC (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 修正点: MEX ラッパーでのメモリ リークを修正。

* 修正点: 複数の DSP IP C モデルが一緒に実行されると C モデルがクラッシュする問題を修正: (Xilinx Answer 71876) を参照

* その他: -1L パーツが指定された場合、サンプル デザインでプログラマブル ロジックのクロック周波数を低減。

* その他: Windows でのトランザクション ファイル生成を修正。

* その他: DOCSIS の範囲コードを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Stream Traffic Manager (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Switch Core Top (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Cache (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 6)

* 一般: キャッシュ ラインの長さを ACE マスター コヒーレンシでチェックする DRC を追加

* 一般: 今後のデバイスのサポートを簡素化するため、サポート デバイスとプロダクション ステートを自動的に決定

System ILA (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 5)

* 一般: オートモーティブ Kintex デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Management Wizard (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 10)

* 一般: 内部テストベンチをアップデート。カスタマーには影響なし。

TMR Comparator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

TMR Inject (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし

TMR Manager (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

TMR Soft Error Mitigation Interface (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 一般: サポートされるファミリを更新。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TMR Voter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

TSN Endpoint Block (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TSN Tri Mode Ethernet MAC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Time-Aware DMA (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Timer Sync 1588 (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 4)

* 変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 14)

* 修正点: ユーザー書き込みの後、TX PTP パケット バッファーが破損する問題を修正。

* 修正点: 内部モードのブロックレベル XDC をアップデート: クロック ソースが user_clk2 に設定された状態でIP が生成される場合、TX-RX タイミング パスの set_max_delay 制約を削除。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UHD-SDI Audio (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 一般: レポート手法ステージでのクリティカル警告を修正

UHD-SDI GT (2.0)

* バージョン 2.0

* 修正点: RX 専用コンフィギュレーションの GT 基準クロックの RTL 選択を修正

* 新機能: GUI オプションを簡易化

* 新機能: GT ウィザードからの最新ファイルを使用するため HIP フローをイネーブル

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UHD-SDI Video Pattern Generator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

UltraScale 100G Ethernet Subsystem (2.5)

* バージョン 2.5

* ポート変更: 追加の ANIT 機能制御/統計ポートを追加

* 修正点: AXI4-Lite がイネーブルになっていても、ctl_tx_send_idle、ctl_tx_send_lfi、ctl_tx_send_rfi ポートが表示される

* 修正点: デバイス チェックの正規表現をアップデート

* 修正点: トランザクション デバッグ モジュールの TX_DIFFCTRL 値をアップデート

* 機能改善: VCU108 ボードのサポートを [Board] タブに追加

* 機能改善: AXI Streaming ユーザー インターフェイス サポートの追加

* 機能改善: AXI4 Lite 統計レジスタを GUI でディスエーブル/イネーブルにするオプションを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.4)

* バージョン 4.4 (Rev. 5)

* 機能改善: GT Wizard IP の XDC で GT チャネル LOC 制約をディスエーブルにするオプションを GUI に追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.7)

* バージョン 1.7 (Rev. 6)

* 一般: 追加のユース ケースを網羅するため、CPRI のトランシーバー コンフィギュレーション プレセット オプションをアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale Soft Error Mitigation (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 11)

* 一般: 追加の UltraScale デバイスのサポートを追加

* 一般: UltraScale+ デバイスをターゲットにしている場合、Vivado IP インテグレーターの GUI で ICAP および FRAME_ECC 階層を選択するドロップダウン リストをイネーブル

UltraScale+ 100G Ethernet Subsystem (2.6)

* バージョン 2.6

* ポート変更: 追加の ANIT 機能制御/統計ポートを追加

* 修正点: AXI4-Lite がイネーブルになっていても、ctl_tx_send_idle、ctl_tx_send_lfi、ctl_tx_send_rfi ポートが表示される

* 修正点: デバイス チェックの正規表現をアップデート

* 修正点: トランザクション デバッグ モジュールの TX_DIFFCTRL 値をアップデート

* 機能改善: CAUI4 - GTM_NRZ コンフィギュレーション サポートの追加

* 機能改善: AXI Streaming ユーザー インターフェイス サポートの追加

* 機能改善: AXI4 Lite 統計レジスタを GUI でディスエーブル/イネーブルにするオプションを追加

* その他: 新しい UltraScale+ デバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express 4c Integrated Block (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 修正点: PF0 以外の場合にシステム ベンダー ID を変更できないように修正

* 修正点: SRIOV がイネーブルになっている場合 PF ごとに 0 VF を設定するオプションを削除。SRIOV がイネーブルになっている場合、イネーブルになっている PF にはそれぞれ最低 4 VF が必要。

* 機能改善: GT Wizard IP の XDC で GT チャネル LOC 制約をディスエーブルにするオプションを GUI に追加

* 機能改善: メッセージ送信パラメーター -AXISTEN_IF_ENABLE_MSG_ROUTE を変更するオプションを GUI に追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 5)

* 修正点: PF0 以外の場合にシステム ベンダー ID を変更できないように修正

* 修正点: SRIOV がイネーブルになっている場合 PF ごとに 0 VF を設定するオプションを削除。SRIOV がイネーブルになっている場合、イネーブルになっている PF にはそれぞれ最低 4 VF が必要。

* 機能改善: GT Wizard IP の XDC で GT チャネル LOC 制約をディスエーブルにするオプションを GUI に追加

* 機能改善: メッセージ送信パラメーター -AXISTEN_IF_ENABLE_MSG_ROUTE を変更するオプションを GUI に追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Universal Serial XGMII Ethernet Subsystem (1.1)

* バージョン 1.1

* 機能改善: AXI4 統計カウンターをイネーブルにする機能の追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Utility Reduced Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 変更なし

Utility Vector Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 変更なし

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 20)

* 一般: 内部デバイス サポート メソッドの変更

Versal PCI Express Integrated Block (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

Versal PCIe PHY IP (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

Video AXI4S Remapper (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Color Space Conversion and Correction (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 一般: Versal サポートの追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video DisplayPort 1.4 RX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1

* 修正点: XDC 制約の XDCB-5 警告を修正

* 修正点: AXI-4 Lite レジスタ 0x7F0 が MAX_LINE_RATE の 0x02201 DPCD レジスタと同じになる。これで、DP 1.4 Subsystem ライン レートは 5.4 Gbps に制限されます。

* 修正点: drp_clk of vid_phy コントローラーで TP1 リセット パルスを検出できるよう、このパルスを増長。

* 修正点: 音声がイネーブルになっている場合の 0x0A および 0x0B DPCD レジスタをアップデート

* 修正点: Interrupt module is updated to mask the no_video interrupt on streams 2,3,4 when SST is mode is selected through software in the MST capable system

* 修正点: ALMOST FULL ピンを HDCP エグレスおよびイングレス FIFO に追加。HDCP がイネーブルになっているときのデータ破損を避けるため使用

* 新機能: MST FB パススルーのサンプル デザインを追加

* 機能改善: 音声クロック再生成インターフェイスを追加

* 機能改善: 8.1 Gbps の KCU105 パススルーのサンプル タイミング クロージャ

* 機能改善: VCU118 RX 専用サンプル デザインのボー レートをほかのサンプル デザインに合わせて 115200 にアップデート

* 機能改善: ZCU102 パススルー サンプル デザインでYUV4422 および YUV444 サポートを追加し、ACR インターフェイスは使用されていなかったので削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video DisplayPort 1.4 TX Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1

* 修正点: XDC 制約の XDCB-5 警告を修正

* 修正点: 非同期モードで、AXI-4 Lite 0x1AC および 0x1B4 レジスタでそれぞれ M-VID および N-VID の値をアップデート

* 修正点: ALMOST FULL ピンを HDCP エグレスおよびイングレス FIFO に追加。HDCP がイネーブルになっているときのデータ破損を避けるため使用

* 新機能: MST FB パススルーのサンプル デザインを追加

* 機能改善: 8.1 Gbps の KCU105 パススルーのサンプル タイミング クロージャ

* 機能改善: VCU118 TX 専用サンプル デザインのボー レートをほかのサンプル デザインに合わせて 115200 にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Read (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 2)

* 一般: 12 および 16 bpc サポートの追加。

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Write (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 2)

* 一般: 12 および 16 bpc サポートの追加。

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video In to AXI4-Stream (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Video Letterbox Engine (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Mixer (4.0)

* バージョン 4.0

* 機能改善: オーバーレイレイヤー数を 8 から 18 へ変更

* その他: ロゴ レイヤー イネーブル ビットをビット 15 からビット 23 にアップデート

* その他: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Multi-Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video On Screen Display (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 16)

* 変更なし

Video PHY Controller (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 3)

* 修正点: クリティカル警告を解決するため、メインの XDC の制約の IBUFDS を削除。

* 修正点: FBDIV を 40 に訂正するため gthe3_common_wrapper をアップデート

* 修正点: 断続的な CPLL 処理問題を解決するため DP 7 シリーズに CPLL レーリング モジュールを追加

* その他: サポートされている UltraScale+ デバイスをすべてプロダクションに変更

* その他: HDMI 1.4/2.0 および Display Port Subsystems のサポート

* その他: 7 シリーズ、UltraScale および UltraScale+ デバイスのみのサポート

* その他: GTPE2、GTXE2、GTHE3、GTHE4 および GTYE4 トランシーバーのみの HDMI サポート

* その他: GTXE2、GTHE3、GTHE4 および GTYE4 トランシーバーのみの DisplayPort サポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Processing Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1

* 一般: デインターレーサーの 64 ビット コンフィギュレーション オプションを GUI に追加

* 一般: 8k 解像度用に問題を修正

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Scene Change Detection (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 一般: 64 ビット アドレス指定の確認

* 一般: Versal サポートの追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Test Pattern Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 1)

* 一般: カラー バー パターンのモーション イネーブルを追加。

* 一般: Versal サポートの追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 13)

* 変更なし

Video Vertical Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Vertical Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video to SDI TX Bridge (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

Virtex UltraScale+ FPGAs GTM Transceivers Wizard (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 機能改善: 50G FEC トランスコーディング ブロックのインスタンスを 2 つサポート

* 機能改善: UltraScale+ FPGA のデータシートに合わせるため、サポートされているライン レートを調整

* 機能改善: デュアルで独立 FEC コンフィギュレーション選択のサポートを追加

* 機能改善: SIM_RESET_SPEEDUP 属性を GTM_DUAL UNISIM プリミティブに追加

* 機能改善: リセット コントローラー ヘルパー ブロックをアップデート

* 機能改善: サンプル デザインの XDC の MAX_PROG_DELAY 値を 0 にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.3)

* バージョン 4.3 (Rev. 4)

* 変更なし

Viterbi Decoder (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

XADC Wizard (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 6)

* 変更なし

XAUI (12.3)

* バージョン 12.3 (Rev. 6)

* 一般: zqzu29dr デバイスのサポート

* 一般: この IP は 2019.2 リリースから廃盤予定です。 この IP が必要なお客様はザイリンクス FAE までお問い合わせください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

XHMC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 修正点: UltraScale+ デバイスの場合、スピード グレードが -2、-3、-2L の場合はリンク スピードを 15 G に制限、-1LV の場合は 10 G に制限

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 13)

* 変更なし

ZYNQ UltraScale+ SYNC IP V1_0 (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQ UltraScale+ VCU (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 1)

* ポート変更: なし

* 修正点: なし

* 機能改善: なし

* その他: なし

* その他: バージョン 1.2

ZYNQ UltraScale+ VCU DDR4 Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQ7 Processing System (5.5)

* バージョン 5.5 (Rev. 6)

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQMPSOC Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Zynq UltraScale+ MPSoC (3.3)

* バージョン 3.3

* 修正点: 1. SMMU と機能させるため DMA ベースのペリフェラルを修正。

* 修正点: 2. LPDDR4 VREF CA を「30.8 %」に設定するため、DDRC、PHY ドライバー ファイルをアップデート

* 修正点: 3. 内部クロック ソースが gem TSU クロック用に使用されると、clk_to_pl_bufg ポートがディスエーブルになる

* 機能改善: 1. Dynamic DDR コントローラー コンフィギュレーションのサポートを追加

* 機能改善: 2. GPIO 極性制御のサポートを追加

* 機能改善: 3. HP インターフェイスの手動 QoS 設定のサポートを追加

*機能改善: 4. USB3 デュアル クロックをイネーブルにするサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Zynq UltraScale+ RF Data Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 2)

* 修正点: DAC ナイキスト ゾーン 2 のデモ用テストベンチ データ チェッカーを修正

* 修正点: DAC および ADC 反転 Q 出力のデモ用テストベンチ データ チェッカーを修正

* 修正点: PLL でサポートされている最大値を超える基準クロック周波数を GUI で指定できてしまう問題を修正

* 修正点: IP インテグレーターのサンプル デザインで、データ スティミュラス ブロック クロックの丸め問題を修正

* 新機能: RF アナライザーのサポートを追加

* 新機能: バックグラウンド キャリブレーション バイパス オプションの追加

* 新機能: パワーアップ シーケンスで POR 有限ステート マシンでエラーが検出されるよう割り込みを追加

* その他: タイルごとのスライス合計数のパラメーターを追加

* その他: バイパス IG -> IQ モードのとき、ADC スライス 1 および 3 に対し、[Mixer Type] を OFF に変更

* その他: IP インテグレーターのサンプルデザインのコンポーネント名から「_i」拡張子を削除

* その他: IP で使用されていなかったパラメーター、DAC_AdderXY_Enable、DAC_FifoXY_Enable、DAC1_Output_Current および DAC2_Output_Current、ADC_FifoXY_Enable を削除

* その他: IP の GUI から ADC/DAC デバッグ オプションを削除

* その他: GUI からキャリブレーション時間オプションを削除

* その他: Pblock 制約をサンプル デザインから削除

* その他: gen 2 デバイスの最大 ADC サンプルレートを低減

audio_tpg_v1_0 (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

axi_msg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

axi_sg (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

gtm_cntrl (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 機能改善: BRAM INIT 文字列のアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

interrupt_controller (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 変更なし

lib_bmg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* xpm メモリ読み出しレイテンシおよび初期化パラメーターを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_cdc (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* デフォルトで XPM 使用

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_pkg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AR# 72242
日付 05/29/2019
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
このページをブックマークに追加