AR# 72474

UHD-SDI GT - Vivado 2019.1 での UHD-SDI GT パッチ アップデート

説明

このアンサーには、Vivado 2019.1 の UHD-SDI GT のパッチ アップデートが含まれます。

ソリューション

修正点:

このパッチは、Vivado 2019.1 に含まれる SMPTE UHD-SDI Subsystem v2.0 (Rev. 3) の問題を修正します。

パッチ Rev 3(Xilinx Answer 72575)intf_0_qpll1_refclk_in を使用していないと合成でエラーが発生する
パッチ Rev 2(Xilinx Answer 72516)Vivado 2019.1 の XCKU15P-2FFVE1517I で GTH および GTY を選択できない
パッチ Rev 1(Xilinx Answer 72511)GTY で [Enable PICXO] を選択すると、Vivado 2018.3 と Vivado 2019.1 とでポート リストが異なる


どのリリースで問題が修正されているかの詳細は各アンサー レコードを参照してください。

このパッチは、Vivado 2019.2 以降では必要ありません。

パッチのインストール:

パッチをインストールするには、README.txt ファイルの手順に従ってください。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
AR72474_Vivado_2019_1_preliminary_rev3.zip 218 KB ZIP

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
70291 LogiCORE UHD-SDI GT - Vivado ツール 2017.3 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 72474
日付 08/01/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP