AR# 72527

2019.1 - Video Frame Buffer Write - 2019.1 用のパッチ - Linux カーネル モジュール

説明

このアンサーには、2019.1 リリースに含まれる Video Fame Buffer Write のパッチ アップデートが含まれます。

Linux カーネル モジュールのパッチが含まれます。

その他の技術的な質問は、 Xilinx Video Forums で尋ねるか、ザイリンクス テクニカル サポートまでご連絡ください。

ソリューション

パッチの内容:

このパッチを適用すると、2019.1 リリースの Video Frame Buffer Write に見られる次のソフトウェア問題が修正されます。

添付ファイルは累積パッチで、次にリストされるすべての問題を修正します。

2019-07-10 (Xilinx Answer 72529) 複数のインターレースされたストリームをエンコードするため VUC を使用したVideo Frame Buffer を使用すると、パフォーマンスが低下する

 

このパッチは、2019.1 リリースで使用するためのものです。

この問題は 2019.2 リリースで修正される予定です。 注記: 正確な修正はこのパッチのものとは異なる場合があります。

 

パッチの適用方法:

注記: レシピにパッチを適用する方法の詳細は、『PetaLinux ツール資料リファレンス ガイド』 (UG1144) または http://www.wiki.xilinx.com/PetaLinux+Yocto+Tips

  を参照してください。

  1. このアンサーの最後に添付されているファイル リンクをクリックして、パッチをダウンロードします。


注記:
正しいバージョンの PetaLinux リリースを選択してください。

  1. petalinux-create を使用して、PetaLinux プロジェクトを作成します。
  2. プロジェクト ディレクトリに移動し、抽出された recipes-kernel フォルダーを project-spec/meta-user/ ディレクトリにコピーします。
  3. petalinux-build を使用してプロジェクトをビルドします。
 

注記: ビルド フローでほかに使用しているパッチがあれば、それらの修正を合わせておく必要がある場合があります。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
2019-07-10_-_AR72527-frmbuf-patches_v2019-1.tar.gz 3 KB GZ

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
68765 LogiCORE Video Frame Buffer Write - Vivado 2017.1 ツール以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 72527
日付 11/22/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP