AR# 72545

|

LogiCORE Video PHY Controller - DisplayPort 1.4 TX Subsystem - DP1.4 PHY に準拠するため TX バッファー バイパスをイネーブルする必要があるか

説明

(PG230) には、DisplayPort PHY に準拠するために、送信バッファー パイパスをイネーブルにする必要があると書かれています。

VESA DP1.4 PHY 準拠テスト用に DisplayPort 1.4 TX Subsystem を使用している場合もそうですか。

ソリューション

TX バッファー バイパスは、ペア間のスキューを避けやすくします。ペア間スキュー テストにパスするためには、DP1.2a 準拠テストでこのバッファー パイパスが必要です。

DP1.4 PHY 準拠の場合は (VESA DP1.4 PHY CTS)、ペア間スキューは「informative(情報としてあったほうがよい)」レベルに変更になり、DP1.4 準拠テストには不要です。

DP1.4 PHY CTS では、相互運用テストでエラーが発生した場合に備えて、デバッグ目的で情報テストをしておいたほうが有益だとされています。

ただし、ペア間スキューが相互運用性に問題をきたす可能性はあまりないとも書かれています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 72545
日付 07/22/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
People Also Viewed