AR# 72765

HDMI Receiver Subsystem v3.1 (Rev 2) - 1080p60 と 1080p50 を何百回も切り替えると VIC コードが 0 に変化する

説明

HDMI ソースを 1080p60 から 1080p50 に何百回も切り替えると、VIC コードが 0 として読み出されます。

原因を教えてください。


 

ソリューション

これは、Vivado 2018.3 および 2019.1 HDMI Receiver Subsystem でのみ発生する既知の問題です。

入力ストリームによってチャネル間の位相が変わることがあります。

この問題を解決するには、再度調整が必要です。

この問題は、Vivado 2019.2 以降で修正される予定です。

  • Vivado 2018.3 - この問題を回避するには、HDMI Receiver Subsystem プラットフォームを (Xilinx Answer 71920) からダウンロードします。
  • Vivado 2019.1 - この問題を回避するには、HDMI Receiver Subsystem プラットフォームを (Xilinx Answer 72497) からダウンロードします。
  • Vivado 2019.2 - この問題は、Vivado 2019.2 以降の HDMI Receiver Subsystem で修正されています。
AR# 72765
日付 10/08/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
IP