AR# 73024

2019.2 Zynq UltraScale+ MPSoC VCU - ザイリンクス低レイテンシ モードを使用して num-slices=16 とした 4Kp60 AVC をエンコードすると VCU がハングする

説明

ザイリンクス低レイテンシ モード (Low Latency Phase 2 または LLP2 とも呼ばれる) を使用して num-slices=16 とした 4Kp60 AVC をエンコードすると VCU がハングするのはなぜですか。

パイプラインの例:

gst-launch-1.0 -v v4l2src io-mode=4 device=/dev/video0 ! video/x-raw\(memory:XLNXLL\), width=3840, height=2160, format=NV12, framerate=60/1 ! omxh264enc control-rate=low-latency target-bitrate=25000 filler-data=0 prefetch-buffer=TRUE num-slices=16 ! video/x-h264, alignment=nal ! queue max-size-buffers=0 ! omxh264dec low-latency=1 ! video/x-raw\(memory:XLNXLL\) ! queue max-size-bytes=0 ! fpsdisplaysink name=fpssink text-overlay=false 'video-sink=kmssink bus-id=a0070000.v_mix plane-id=30 hold-extra-sample=1 show-preroll=false sync=true' sync=true -

ソリューション

これは、Zynq UltraScale+ MPSoC - LogiCORE H.264/H.265 Video Codec Unit (VCU) での既知の問題であり、Low Latency Phase 2 (LLP2) モードを使用して num-slices=16 とした 4Kp60 AVC をエンコードすると VCU がハングします。

この問題は、num-slices=8 を使用することで回避できます。

この問題は現在調査中ですが、今後のリリースで修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 73024
日付 12/21/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP