AR# 73174

UHD-SDI GT v2.0 - PICXO と FRACXO を切り替えても Vivado 2019.2 でのコアのポートに影響はない

説明

[Enable PICXO Ports] をオンにして Vivado 2019.2 で UHD-SDI GT コアを使用する場合、FRACXO と PICXO を切り替えても IP のポートに影響はありません。

GTY では、有効となっているポートは FRACXO に使用されるポートです。

  • intf_0_gt_common_sdm0data_in
  • intf_0_gt_common_sdm0reset_in
  • intf_0_gt_common_sdm0toggle_in
  • intf_0_gt_common_sdm0width_in

GTX では、有効となっているポートは PICXO に使用されるポートです。

  • intf_0_txpippmstepsize

ソリューション

これは、PIXCO と FRACXO を切り替えても影響はないという Vivado 2019.2 の既知の問題です。

  • 2019.2 - この問題を回避するには (Xilinx Answer 73173) から UHD-SDI GT のパッチをダウンロードして適用します。

この問題は、今後のリリースで修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 73174
日付 12/11/2019
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP