AR# 73188

LogiCORE MIPI D-PHY v4.1 (Rev. 4): FIXED モードの MIPI で IDELAYCTRL_RDY が使用されない

説明

Vivado 2019.1.1 で、キャリブレーション モードを FIXED に設定した状態で、LogiCORE MIPI D-PHY RX IP サンプル コードを生成しました。

ところが、合成した回路図では IDELAYCTRL_RDY が使用されていません (接続されていません)。

Vivado 2019.1.1 でキャリブレーション モードを AUTO に設定して生成された LogiCORE MIPI D-PHY RX IP サンプル コードは、IDELAY をリセットするために使用されます。

 

ソリューション

これは MIPI D-PHY IP での既知の問題で、7 シリーズのデバイスのみに影響します。

 
  • Vivado 2019.1.1 - この問題を回避するには、(Xilinx Answer 72758) から MIPI D-PHY IP パッチをダウンロードして適用します。
  • Vivado 2019.2 - この問題は、Vivado 2019.2 以降の MIPI D-PHY v4.1 (Rev. 4) で修正されています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 73188
日付 12/23/2019
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
ツール
IP