AR# 73510

「Constraints 18-5210 No constraints selected for write.」というエラー メッセージが表示される

説明

合成中に制約を使用する Vivado デザインがありますが、合成を実行している間に次のような警告メッセージが表示されます。

[Constraints 18-5210] No constraints selected for write.
Resolution: This message can indicate that there are no constraints for the design, or it can indicate that the used_in flags are set such that the constraints are ignored.This later case is used when running synth_design to not write synthesis constraints to the resulting checkpoint.Instead, project constraints are read when the synthesized design is opened.

これはどういう意味ですか。

ソリューション

このメッセージでは複数のコンディションが説明されています。

  1. 現在の制約セットには制約は割り当てられていません。
  2. 制約は現在の制約に正しく割り当てられています

2 番目のコンディションに関しては (2)、次のメッセージの一部に、Vivado でプロジェクト モードの制約がどのように処理されるのかを説明する意図で書かれています。

"This later case is used when running synth_design to not write synthesis constraints to the resulting checkpoint.Instead, project constraints are read when the synthesized design is opened." (後者のケースは、合成制約をチェックポイントに書き込まないようにするため、synth_designを 実行している間に使用されます。代わりに、合成済みのデザインが開くと、プロジェクト制約が読み込まれます。)

この説明は、プロジェクト モードの合成実行で制約が読み込まれ、使用されると、合成済みのチェックポイント (.runs/synth_1/.dcp) にその制約が保存されないことを示しています。


このメッセージは、Vivado のバージョン 2018.2 から 2019.2 までで表示されます。

このメッセージはユーザーに混乱を招くという理由から、Vivado 2020.1 から削除されています。

AR# 73510
日付 07/15/2020
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略