AR# 73571

|

DisplayPort 1.4 RX Subsystem - DisplayPort (1.2) RX Subsystem - RX コアで正しくない MSA 値がレポートされる理由

説明

DisplayPort RX Subsystem IP から MSA 値を読み出すと、値が期待値ではありません。

MSA 値は適切ではなく、ソースから解像度を変更すると変更が反映されるため、(Xilinx Answer 70130) の問題と関連はないようです。

正しくない MSA 値がレポートされるのはなぜですか。

ソリューション

MSA 値は、ソースからデータ ストリームを介して送信されます (ブランキング期間にフレームごとに 1 回)。

 

最初に、ソースが正しい値を送信していることを確認してください。

複数のシンクでチェックすると、これを確認できます。

また、GPU はビデオ コンテンツのスケーリングのみを実行する場合、ビデオ解像度を送信したように見せかけることがあります。詳細は、(Xilinx Answer 70130) を参照してください。

 

問題の原因がザイリンクス DisplayPort RX Subsystem IP である場合、DisplayPort データ レーンがスワップされている可能性があります。

これを確認するには、データ レーンが正しくマッピングされていることをチェックしてください。

ザイリンクス Video PHY は、GT レーンがアライメントされることを想定し (つまり、DP レーン 0 は GT レーン 0 に割り当てられ、DP レーン 1 は GT レーン 1 に割り当てられる、以下同様)、それに応じて XDC 制約を生成します。

これらの制約でユーザー制約が上書きされる可能性があります。DisplayPort レーンのロケーションを確認する最適な方法は、実装されたデザイン チェックポイント (DCP) をチェックすることです。

AR# 73571
日付 10/29/2020
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
People Also Viewed