AR# 73626

2020.1 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2020.1 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2020 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc.
and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER
This disclaimer is not a license and does not grant any rights to the materials distributed herewith.
Except as otherwise provided in a valid license issued to you by Xilinx, and to the maximum extent permitted by applicable law: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" AND WITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIES AND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON- INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and (2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort, including negligence, or under any other theory of liability) for any loss or damage of any kind or nature related to, arising under or in connection with these materials, including for any direct, or any indirect, special, incidental, or consequential loss or damage (including loss of data, profits, goodwill, or any type of loss or damage suffered as a result of any action brought by a third party) even if such damage or loss was reasonably foreseeable or Xilinx had been advised of the possibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS
Xilinx products are not designed or intended to be fail-safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications").

Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

100G Multirate Ethernet MAC (MRMAC) (1.2)

* バージョン 1.2

* Feature Enhancement: Reference design for 10G/25GE with 1588 for driver testing and beta customer access

* Feature Enhancement: Versal GT reset helper ports added

* Feature Enhancement: PTP System Timer ports removed and Timer interface ports added (System timer instantiated internally and ports appear only if PTP Enabled).

* Feature Enhancement: Example design update and timing improvement.


100M/1G TSN Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


10G Ethernet MAC (15.1)

* バージョン 15.1 (Rev. 8)

* General: "Update for synth tool behavior: Add DONT_TOUCH attribute on some CDC registers to prevent it from being optimized in global mode, which would then result in Ciritical Warning when these registers are used as path-end points in timing constraints"



10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 17)

* Bug Fix: Updating constraints for cases where txuserclk and txuserclk2 are the same.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


10G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


10G/25G Ethernet Subsystem (3.2)

* バージョン 3.2

* バグ修正: BUFG_GT を最適に使用する目的で Versal サンプル デザインをアップデート

* Bug Fix: Axi4Lite interface updated to report axi rresp and axi_bresp as 2'b10 for invalid read address and write address.

* Feature Enhancement: Added QPLL0RESET port access provided for all the configurations

* Feature Enhancement: Added Nx25G RS-FEC multi-channel option support

* 機能改善: 新しいレジスタを AIX4Lite レジスタ マップに追加

* その他: 新規デバイス サポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


1G/10G/25G Switching Ethernet Subsystem (2.5)

* バージョン 2.5

* バグ修正: タイミング DRC のためアップデート

* バグ修正: CDC を修正

* Bug Fix: Updated the FREQ_TOLERANCE_HZ for independent_clock_bufg port

* その他: 新規デバイス サポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (16.2)

* バージョン 16.2

* 機能改善: Versal デバイス サポートを追加

* Feature Enhancement: Updated the FREQ_TOLERANCE_HZ for independent_clock_bufg port

* Other: Updated with waivers in the XDC

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 変更なし


3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 変更なし


3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし


3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 15)

* 変更なし


3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 20)

* Bug Fix: Removal of debug coverage assertions to prevent memory overflow.


3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 16)

* 変更なし


3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 16)

* 変更なし


40G/50G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1

* Bug Fix: Axi4Lite interface updated to report axi rresp and axi_bresp as 2'b10 for invalid read address and write address.

* Feature Enhancement: GTM SYSMON changes updated in l_ethernet IP to avoid Setup Timing failures.

* Feature Enhancement: Added 50G KP2 soft RSFEC support for both GTY and GTM

* Feature Enhancement: Added new registers to AXI4Lite register map

* Feature Enhancement: Added Runtime Switching support for Versal devices

* その他: 新規デバイス サポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 11)

* 変更なし


7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 11)

* 変更なし


7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 12)

* 変更なし


AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


AI Engine (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし


AMM Master Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


AMM Slave Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.2)

* バージョン 7.2

* Bug Fix: Fixed TLAST generation issue when the TREADY is de-asserted one clock before TLAST, and also when the TREADY de-asserted in the last beat of the transfer within the AXI Ethernet buffer

* Feature Enhancement: Added Versal devices support

* Feature Enhancement: Added support for dynamic switchable between 1000BaseX and SGMII

* Other: Refer to tri_mode_ethernet_mac v9_0 and gig_ethernet_pcs_pma v16_2 core change logs for changes in the sub cores of this core

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 4.1 (Rev. 3)

* Feature Enhancement: SystemC models added


* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* General: Renamed PR_over_PCIe to DFX_over_PCIe.        -

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 24)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.1 (Rev. 21)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* General: C2C Migration to Versal.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 20)

* Feature Enhancement: SystemC model for AXI-Interconnect sub-blocks.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 22)

* Feature Enhancement: SystemC model for AXI-Interconnect sub-blocks.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 21)

* Feature Enhancement: SystemC model for AXI-Interconnect sub-blocks.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.1 (Rev. 23)

* 一般: IP インテグレーターの拡張サポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 7.1 (Rev. 22)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0 (Rev. 21)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 24)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 22)

* Bug Fix: Fixed TLAST generation issue when the TREADY is de-asserted one clock before TLAST, and also when the TREADY de-asserted in the last beat of the transfer

* Feature Enhancement: Added Versal devices support


* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 20)

* General: Updated with waivers in the XDC

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* General: Update HBICAP IP to use new xilinx.com:interface:arb_rtl:1.0 instead of xilinx.com:interface:cap_rtl:1.0 for arbiter interface


* バージョン 3.0 (Rev. 25)

* General: update hwicap IP to use new xilinx.com:interface:arb_rtl:1.0 instead of xilinx.com:interface:cap_rtl:1.0 for arbiter interface

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 24)

* General: Added C_STATIC_TIMING_REG_WIDTH hidden parameter to increase timing width

* General: Added C_DISABLE_SETUP_VIOLATION_CHECK hidden parameter to remove violation checks

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 22)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.1 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 2.1 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.9 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 23)

* General: Updated example design file to resolve port timing issue

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* General: Changes in XDC file

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 21)

* Feature Enhancement: SystemC model for AXI-Interconnect sub-blocks.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1

* New Feature: Add SI-side firewall mode

* New Feature: Add interrupt enable registers and interrupt request output

* New Feature: Add prescaler and initial delay timer for all timeouts

* New Feature: Add final address and A*USER tracking registers to help debug cause of block

* New Feature: Add DECERR/SLVERR detection as optional blocking condition

* New Feature: Conditionally mask off DECERR/SLVERR responses from SI output

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.2 (Rev. 20)

* その他: 内部 GUI 変更。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 21)

* General: Fix behavioral sim of tied-off aresetn for auto-pipelining mode.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* Feature Enhancement: Support Exclusive access by specifying CONFIG.ADVANCED_PROPERTIES {__experimental_features__ {enable_exclusive_access 1}}.

* Feature Enhancement: Support MI up to 64 when SI is 1 and all endpoint slaves are AXI4LITE

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* 一般: 機能上の変更はなし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 一般: STRMG モードの GUI の修正

* 一般: マイナーなバグ修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* General: added minimum maximum range for parameter C_S_AXI_ACLK_FREQ_HZ_d in coreinfo.yml.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 22)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 25)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* General: update to pass log check

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 6.3 (Rev. 9)

* General: Implemented new XDC waiver mechanism to mask user visibility of acceptable warnings

* General: Removed redundant comments from the RTL files

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.2 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* General: Adding narrow burst support

* General: Updating usage from memory to register


* バージョン 2.1 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 1.1 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 22)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 19)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 20)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 22)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* General: Register Initialization

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 21)

* General: Fix behavioral simulation of tied-off aresetn for auto-pipelining mode.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 21)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 21)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし


* バージョン 12.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 12.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 1.1

* 一般: 初期リリース


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 12.0 (Rev. 2)

* General: GT Ref clock connections updated for greater than 16.375 Gbps line rate and more than 4 lanes for Versal devices

* General: GT TX and RX interface definitions modified for Versal devices

* General: Changed user clk port definition to clock_rtl for Versal devices

* General: Updated GTH based logic for CRC valid generation.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 11.1 (Rev. 9)

* General: Support removed for Zynq UltraScale+ (xcu25/30) devices

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* Initial release of Autonegotiation (Clause-73) and Link Training (Clause-72).


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 12.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 8.4 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 3.0

* General: New Version of IP with known bug fixes

* General: Versal board validation

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 6.0 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 8.11 (Rev. 3)

* Port Change: Added agn_line_speed input port for Agnostic mode fast auto-negotiation function.

* Port Change: Added missing output port aux_clk_out on Versal designs when the AXI management option was selected.

* Bug Fix: Fixed a bug in Versal IPI design where FREQ_Hz parameters on clock output ports were missing.

* Bug Fix: Fixed a bug in Versal where Slave FEC cores did not drive bits 14:11 of the speed_select status port.

* Bug Fix: Fixed a bug in Versal simulations where encommaalign was occasionally not set correctly.

* Bug Fix: Fixed a bug where 12.1G line rate was not available in 7 Series Zynq devices with -3 speedgrade.

* Bug Fix: Fixed a bug in some Windows 10 versions of Vivado 2019.2 where create CPRI IP caused errors with some devices.

* Feature Enhancement: New Agnostic mode features including optional port to switch line rate, sub-addresses 0 & 2 are unmodified, link negotiation disabled and 8b10b scrambling removed.

* Other: Example design now uses the actual aux_clk and freerun clock frequencies entered by the user in the GUI.

* Other: Improved example design clock domain synchronization.

* Other: Updated to use version 3.1 of the CMAC_UltraScalePLUltraScale sub IP core (Hard FEC).

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0

* General: Moved to CMC Core Firmware

* General: Fixed invalid HBM temperature issue

* General: Fixed average value calculation issue

* General: Generating QSFP ports in U200 and U250 modes

* General: Added support for U55C and U55N boards

* General: Removed demonstration testbench

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 6.0 (Rev. 5)

* バグ修正: 内部 GUI の修正

* その他: CR の修正


* バージョン 6.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 7.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 6.0 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 2.1 (Rev. 3)

* 変更なし


* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* Added stub file for Custom SystemC Wrapper Support


* バージョン 2.0

* Bug Fix: Updated the Max supported frequency for NOC from 1200 to 1080 for 2HP device.

* Bug Fix: CFU max frequency set to 300 MHz for all ES1 devices.

* Bug Fix: Added missing ports for PCIE-1 config Interfaces.

* Bug Fix: Fixed offsets for PCIE extended capabilities list.

* Bug Fix: QDMA AXI-Streaming Interface incorrect port widths.

* Bug Fix: PMU Peripheral Enable option is removed from GUI.

* Bug Fix: GEM fabric clock signals are exposed to PL.

* Bug Fix: Set NPI clock always to 300MHz.

* Bug Fix: TRACE signal Width corrected.

* Bug Fix: Disable SEM GUI for unsupported devices.

* Bug Fix: Advance options (CCI and route traffic through FPD ) for LPD/PMC masters are removed from GUI.

* Feature Enhancement: EoU changes - Change of interface, port name and GUI changes for readability.

* Feature Enhancement: Tamper setting support - Allowing users to select appropriate tamper Response and Erase BBRAM based on tamper Events.

* Feature Enhancement: Cdo change - PMC cdo split into PMC and LPD cdo.PS cdo is renamed to FPD cdo.

* Feature Enhancement: For XDMA mode 2-PF MSIX capability added.

* Feature Enhancement: Added new option s- Extended Small/Large for PCIE extended config.

* Feature Enhancement: Additional GUI options for Extended capabilities ATS/PRI, PASID and CCIX vendor ID.

* Feature Enhancement: Added CFU ports.


* バージョン 9.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 1.4 (Rev. 9)

* 一般: 2020.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.2 (Rev. 9)

* 一般: 2020.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 6.0 (Rev. 20)

* General: Enabling hexadecimal input on GUI


* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース


* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース


* バージョン 1.0

* General: Initial Release.Previously available as the PRC core.


* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース


* バージョン 4.1 (Rev. 6)

* General: Added a GUI option in the "Debug" tab, to enable store_ltssm logic

* General: Shared logic not supported in the example design when Tandem is enabled.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* 初期リリース


* バージョン 4.2

* General: Support added for larger point sizes 1440, 1500, 1620, 1728, 1800, 1920, 1944, 2160, 2304, 2400, 2592, 2700, 2880, 2916, 3000, 3072, 3240


* バージョン 9.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* Bug Fix: Fixed incorrect video mode change interrupt triggering issue

* Feature Enhancement: Support added for XCZU58DR and XCZU59DR devices

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* Bug Fix: Fixed incorrect video mode change interrupt triggering issue

* Feature Enhancement: Support added for XCZU58DR and XCZU59DR devices

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 8.0 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 5.1 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 2.0

* General: Performance Improvement and Feature addition


* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 変更なし


* バージョン 1.1 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 13.2 (Rev. 5)

* 変更なし


* バージョン 7.2 (Rev. 14)

* Bug Fix: Fixed bug with coefficient reload file.

* Bug Fix: Improved error trapping behavior in the GUI.

* Bug Fix: Fixed simulator specific bug

* Feature Enhancement: Extended Symmetric Coefficient Structures for Interpolation and Decimation Filters with Super Sample Rate.

* Feature Enhancement: Improved the GUI for selecting optimizations.


* バージョン 9.1 (Rev. 4)

* Bug Fix: utility GUI function changed to support lte_fft.機能上の変更はなし。


* バージョン 1.0 (Rev. 14)

* General: Fixed bus width warning in Versal example design.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 14)

* General: Updated device support.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 7.1 (Rev. 10)

* General: internal use changes.機能上の変更はなし。


* バージョン 2.4 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 2.0 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 7.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* General: Revision change in one or more subcores.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.1

* General: Adding support for Versal devices

* General: Adding support for monitoring MDIO transactions with external PHY to decode operating speed


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* General: Added feature to configure IP in PHY_ONLY mode.


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1

* 変更なし


* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* Bug Fix: VU37P and VU47P Status changed to Production

* Feature Enhancement: Added support for 3D Audio

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0

* 変更なし


* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* Bug Fix: VU37P and VU47P Status changed to Production

* Feature Enhancement: Added support for 3D Audio

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* General: First Release

* General: HDMI 2.1 Sink


* バージョン 1.0

* General: First Release

* General: HDMI 2.1 Source


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* General: Fixed Vswing register (0x84) to set the MSB bit of vswing value

* General: Enabled buffer bypass on TX

* General: Added register control to change the threshold of RX clock detection


* バージョン 1.0

* General: Initial version

* General: Support UltraScale+ (GTHE4 and GTYE4) Only

* General: Supports HDMI 2.1 Subsystem IPs Only


* バージョン 3.6

* General: Removed Fractional Mode Support

* General: Fixed fifo_rden connections from fifo_empty when design has multiple strobes.


* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* General: Added support for 32-Bit LR Clock

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* General: Added support for 32-bit LR Clock

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 3.1 (Rev. 18)

* 変更なし


* バージョン 1.4 (Rev. 4)

* Bug Fix: Fixed issue of System clock pin updating to default value

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* Bug Fix: Fixed timing issue

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.3 (Rev. 4)

* Bug Fix: Fixed issue of System clock pin updating to default value

* Bug Fix: Fixed issue with certain Refclk frequencies not available.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* General: Updated device support.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 16)

* General: Fixed bus width warning in Versal example design.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0

* Second version of the core.Added option to use hard block acceleration for the RS-FEC algorithm

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* General: Updated Versal example design for latest GT Quad revision.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* General: Fixed bus width warning in Versal example design.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 一般: cmac_usplus バージョン番号のアップデート

* General: User can now choose the CMAC location

* General: Updated GUI


* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* General: Removed redundant set_false_path constraint for rs_fec_ctrl configuration port in KP4 mode.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1

* Feature Enhancement: Added advance features

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 6.2 (Rev. 11)

* General: Added security attribute


* バージョン 3.1 (Rev. 6)

* General: Updated to add UART hierarchy, no functional changes


* バージョン 8.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* General: Added support for Alveo devices.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.4 (Rev. 5)

* Bug Fix: Updated port enablement

* Bug Fix: Fixed the parallel AXI4-Lite read-write issue

* Other: Updated with waivers in the XDC

* Other: Added new devices

* その他: 新しい UltraScale+ デバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 8.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 7.2 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 8)

* バグ修正: なし

* Feature Enhancement: Added support for GTHE3 and GTHE4 based devices.

* その他: なし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.2 (Rev. 1)

* Bug Fix: None

* Feature Enhancement: Added support for GTHE3 and GTHE4 based devices.

* Feature Enhancement: Improvements to example design to allow it to be run multiple times.

* Feature Enhancement: Improved loss of lock detection circuitry.

* その他: なし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.2 (Rev. 11)

* General: Updated device support

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* Bug Fix: Fix to example design CDC handling.

* Bug Fix: Correct example design PS application Vitus build script.


* バージョン 4.0 (Rev. 18)

* General: Avoid simulation warning, no functional changes


* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 一般: 2020.1 用に変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 2.1 (Rev. 2)

* Bug Fix: fix for GUI latency pane transform cycles

* Bug Fix: Remove disablement of NFFTx3 and SCALING_SCHEDULE_R3 ports when NFFT_MAX is less than or equal to 1024.

* Bug Fix: Correction to Scaling Schedule width for 1k fixed point size.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 変更なし


* バージョン 3.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* General: Do not generate unnecessary XDC constraints, no functional changes.


* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし


* バージョン 5.0

* Bug Fix: Fixed multiple beat of TUSER/TLAST issue

* Bug Fix: Fixed missing lines issue

* Feature Enhancement: Added MIPI D-PHY v2.0 Specification support with limited line-rate support (up to 3.2G)

* Other: Added VCK190 based Example Design support

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 2.1

* Feature Enhancement: Added MIPI D-PHY v2.0 Specification support with limited line-rate support (up to 3.2G)

* Feature Enhancement: Added RAW16, RAW20 Support

* Feature Enhancement: Added Support of equal bandwidth requirement of input and output interface for Effective Pixel widths >=32

* Revision change in one or more sub cores


* バージョン 4.2

* Feature Enhancement: Extended line-rate support up to 3.2 Gbps

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし


* バージョン 2.1

* Feature Enhancement: Added MIPI D-PHY v2.0 Specification support with limited line-rate support (up to 3.2G)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 13)

* General: Added flip-flops to interrupt outputs to avoid clock domain crossing issues for connections to different domains


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.4

* 変更なし


* バージョン 4.2 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 11.0 (Rev. 3)

* Feature Enhancement: Added fault tolerant support for frequency optimized pipeline

* Feature Enhancement: Improved webtalk statistics to report selected preset or template

* Other: Refined DRC metadata by de-scoping waivers to only apply to IP core.機能上の変更はありません。


* バージョン 3.2 (Rev. 18)

* Bug Fix: Ensure that error status for AXI Memory Access From Debug only applies to the latest access.

* Other: Refined DRC metadata by de-scoping waivers to only apply to IP core.機能上の変更はありません。


* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* General: Avoid subcore dependency warning for Versal ACAP

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 12.0 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 変更なし


* バージョン 2.1 (Rev. 11)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* Bug Fix: Timing fixes for XPM sync reset usage

* Feature Enhancement: Made IP into a production version

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* 一般: 初期リリース


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* Bug Fix: NA

* Feature Enhancement: Core moved from roe_framer_v2_1 to new oran-radio-if core

* Feature Enhancement: Added multi oDU to Spatial Stream support

* Feature Enhancement: Added dedicated PRACH BID port

* Feature Enhancement: Added dedicated PRACH UL data channel

* Other: Reduced Unsolicited ports to three.

* Other: Removed 1ms input port dependency


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* General: Core is discontinued and replaced by the dfx_axi_shutdown_manager.


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* General: Core is discontinued and replaced by the dfx_bitstream_monitor.


* バージョン 1.0

* Unknown category others: New IP


* バージョン 1.3 (Rev. 4)

* General: Core is discontinued and replaced by the dfx_controller.


* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* General: Core is discontinued and replaced by the dfx_decoupler.


* バージョン 6.3 (Rev. 2)

* Feature Enhancement: Default threshold value updated to 32767 from 65000.The threshold value is considered as signed number (2's complement) internally.


* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* Bug Fix: Fix to bare metal driver concerning BA_TABLE addresses

* Bug Fix: Fix to example design CDC handling.

* Bug Fix: Correct example design PS application Vitus build script.


* バージョン 5.0 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 1.4 (Rev. 9)

* 一般: 2020.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 9)

* 一般: 2020.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.2

* 変更なし


* バージョン 3.4 (Rev. 8)

* Bug Fix: Driving T pins of OBUFT by a ODDR.

* Other: Changed version of helper core gig_ethernet_pcs_pma from v16_1 to v16_2

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0
 * Feature Enhancement: Major update of the IP, please refer to (PG302) version 4.0
 * Feature Enhancement: Change include registers, Context table and ports
 * Feature Enhancement: Upgrade from previous versions of IP are not supported

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 12.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 1.1 (Rev. 5)

* General: Updated to add TLM model for Vitis emulation

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 7.1 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 1.4 (Rev. 9)

* 一般: 2020.1 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.0

* Bug Fix: Oran_Mode=0   : NA

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Removed any limitation on the number of fram_ctrl ports, now they can be any number between 0 and 32 independent of fram_data_ports

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Added a parameter to let the polling function within the Framer give priority either to data (default) or to control input streams

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Added a 64-bit tuser input to allow the user to provide the transport header to be pre-pended to data and control payloads

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Added a 64-bit tuser output holding the transport header which introduced received data and control payloads

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Added a parameter to allow the buffer manager to safely store a burst of incoming packets when the number of packets to buffer is 0

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Added a parameter to let the deframer interface transfer each incoming packet without checking the Sequence Number

* Feature Enhancement: Oran_Mode=0 : Added a Bit Mask to each PC_ID port mapping so that more than a single flow can be mapped to any given antenna output

* その他: なし


* バージョン 9.0 (Rev. 17)

* 変更なし


* バージョン 9.0 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* General: fix randomization utilized issue


* バージョン 1.0 (Rev. 10)

* New Feature: Support Exclusive access by propagating AxLOCK signals.


* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* Bug Fix: Fix A*VALID de-assertion error and bus hang when one addr segment, DECERR disabled and >1 MI.


* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし


* バージョン 2.0

* 変更なし


* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* Bug Fix: Added Spartan-7 support


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* Bug Fix: Reverted functionality to allow user to stream with CRC errors.User can choose to receive or drop stream with CRC

* New Feature: Added 12-bit support in UHD-SDI IP

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* バグ修正: タイミングを満たしやすくするため、max_delay 制約がつきすぎる問題を修正

* Bug Fix: Changed vid_lock, underflow, overflow and tx_ce_err to be rising edge interrupts

* 新機能: Picxo を使用したパススルー サンプル デザインを追加

* New Feature: Revision change in one or more subcores

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 23)

* General: Increased the tolerance towards pulse-width calculation


* バージョン 5.1 (Rev. 15)

* 一般: 内部バグ修正


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* General: Revision change in one or more subcores.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* General: New internal IP


* バージョン 1.0

* General: New internal IP


* バージョン 1.0

* General: New internal IP


* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* Feature Enhancement: Reduce latency in low area mode


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 4.1 (Rev. 12)

* 変更なし


* バージョン 1.1 (Rev. 5)

* Bug Fix: Correct example design PS application Vitus build script.

* Bug Fix: RTL files/modules renamed to resolve synthesis critical warnings.


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし


* バージョン 5.0 (Rev. 1)

* Port Change: Added Interrupt port

* Port Change: Added CCIX ports

* Port Change: Added ATS ports

* Feature Enhancement: Added support for CCIX coherency protocol

* Feature Enhancement: Added support for Atomic transactions

* Feature Enhancement: Added ATS support for address translation

* Feature Enhancement: Added support for cache maintenance transactions on slave ports

* Feature Enhancement: Added fine-grained control of AXI to coherency translations

* Feature Enhancement: Added fine-grained control of snoop behavior

* Feature Enhancement: Added ECC and parity protection for cache memory when using CCIX protocol


* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* Bug Fix: Fixed external pin debug and width issue

* Bug Fix: Added support for CXS interface

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.3 (Rev. 12)

* General: Device updates.No affect to customers.


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* Updated device support to match that of TSN (Parent IP)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.2 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 9.0 (Rev. 16)

* Bug Fix: Versal RGMII mode: Fixed delay values not loaded for ODELAY elements on RGMI TX_CTL and TXD

* Other: VirtexuplusHBM and Virtexuplus58g device families marked production

* Other: Added I/O delay constraints for MDIO I/F


* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* General: Updated constraints to resolve timing issues


* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 2.6

* Bug Fix: Removed timing constraints from the OOC XDC

* Bug Fix: Updated the watchdog timer logic

* Bug Fix: Fixed the parallel AXI4-Lite read-write issue

* Other: GT ports interface VLNV updated.Now it is same for board and part based design.

* Other: Updated with waivers in the XDC

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.4 (Rev. 7)

* General: Added a GUI option, in "Debug" tab, to enable store_ltssm logic

* General: Fixed Gen2 Link Up issue when the IP configured to use CPLL and IBERT

* General: Fixed CPLL Calibration issue when reference clock is set to 250 MHz

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.7 (Rev. 8)

* Feature Enhancement: Added new transceiver configuration preset options for GTY-100GAUI_4/ GTY-50GAUI_2


* バージョン 3.1 (Rev. 14)

* General: Added support for additional UltraScale+ devices


* バージョン 3.1

* Bug Fix: Removed timing constraints from the OOC XDC

* Bug Fix: Updated the watchdog timer logic

* Bug Fix: Updated the CMAC core location for GTM Dual X0Y11

* Bug Fix: Fixed the parallel AXI4-lite read-write issue

* Feature Enhancement: Added 100GAUI4 - GTY / GTM_NRZ configuration support

* Other: GT ports interface VLNV updated.Now it is same for board and part based design.

* Other: Added the xil_dut_bypass module for GTM serial ports loopback in the example design test bench

* Other: Updated with waivers in the XDC

* その他: 新しい UltraScale+ デバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.3 (Rev. 7)

* Feature Enhancement: Added XCVU7P_C devices support.

* Other: Added a GUI option, in "Debug" tab, to enable store_ltssm logic

* Other: Shared logic not supported in the example design when Tandem is enabled.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* General: Added a GUI option, in "Debug" tab, to enable store_ltssm logic

* General: Shared logic not supported in the example design when Tandem is enabled.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 14)

* Bug Fix: TX Preset user parameter propagation from GUI to RTL wrapper

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.1 (Rev. 2)

* Bug Fix: For 1G line-rate FCS errors seen when preamble bytes less than eight

* Bug Fix: Simultaneous read and write transaction on AXI4Lite I/F results in wrong read data and failure of write

* Bug Fix: Core does not assert error if an incorrect address is written to or read from

* Bug Fix: Core does not assert error when an read happens to a register whose value originates in an non-active clock domain

* Bug Fix: Broadcast, unicast, multicast stat ports are not visible if the core is not generated with flow control enabled

* Other: Signal gt_reset from register GT_RESET_REG is made clear on write

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* General: 1.Fixed Timing Issues


* バージョン 3.0 (Rev. 19)

* 変更なし


* バージョン 2.0

* General: Major updates on functional fixes

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* General: Added Versal Premium devices support

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* General: Added Versal Premium devices support


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* Added ADVANCED_TG support

* Added Debug Signal support

* Added 72Mb Memory parts

* Supported Memory clock frequency from Input clock frequency feature

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* General: Revision change in one or more subcores.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 2)

* Bug Fix: Single write to 00100h DPCD register will clear the CR_DONE lane status bit and SYMBOL_LOCKED status bit when bit 0 of x01FC AXI-4 lite register is set to one

* Bug Fix: Fixed incorrect video mode change interrupt triggering issue

* Bug Fix: Fixed the issue of internal FIFO overflows because of absence of gating FIFO writes until valid MSA is received

* Bug Fix: Fixed the issue in receiving 0x84 and 0x87 type secondary packets back to back

* New Feature: Added Link rate option to select 8.1 Gbps (default) or 5.4 Gbps

* Feature Enhancement: Option to include AXI IIC with DP RX Subsystem

* Feature Enhancement: Support added for XCZU58DR and XCZU59DR devices

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 2)

* Bug Fix: Fixed incorrect video mode change interrupt triggering issue

* New Feature: Added Link rate option to select 8.1 Gbps (default) or 5.4 Gbps

* Feature Enhancement: TX dependency on 'Line Reset Disable' software register with address 0x0F0 has been removed irrespective of whether the resolution has reduced or normal blanking.This bit will no longer have any effect on the subsystem.Reduced blanking cases have been take care of internally

* Feature Enhancement: Support added for XCZU58DR and XCZU59DR devices

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 4)

* General: Added example design support for new memory Dual In Memory Module

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.1 (Rev. 4)

* General: Added example design support for new memory Dual In Memory Module

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.0

* General: Added registers to program the CSC coefficients

* General: Updated example design for newer Zynq platform DIMMs.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* General: Added example design support for new memory Dual In line memory module


* バージョン 6.0 (Rev. 16)

* 変更なし


* バージョン 2.2 (Rev. 5)

* General: Updated family support in coreinfo.yml

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.2 (Rev. 1)

* General: Added configuration option for Deinterlacer

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* General: Added example design support for new memory Dual In Memory Module


* バージョン 8.0 (Rev. 3)

* General: Added support for AXI4 compliant YUV422 and YUV420

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 6.2

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* General: Adjusted line rate range supported to match the UltraScale+ FPGAs Data Sheet

* General: Example design simulation update to use dut bypass simulation flows for PAM4 signals

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 4.3 (Rev. 7)

* General: Added a GUI option, in "Debug" tab, to enable store_ltssm logic

* General: Shared logic not supported in the example design when Tandem is enabled.


* バージョン 9.1 (Rev. 12)

* 変更なし


* バージョン 3.3 (Rev. 8)

* General: New Device support.影響はありません。


* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 7.1 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.2 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 1.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 5.5 (Rev. 6)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.3 (Rev. 2)

* Bug Fix: 1.Pull-up enablement register map correction.

* Bug Fix: 2.Integration of zDDR driver icmp4 version

* Bug Fix: 3.PCW GUI changes for MAX baud rate.

* Bug Fix: 4.16-bit wide Memory interface support.

* Bug Fix: 5.CSU enablement for Isolated Subsystem.

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 2.3

* Bug Fix: Fixed clock forwarding options for gen 3 devices

* Bug Fix: Made RF analyzer configurations where MMCM cannot supply the correct fabric clock illegal

* Bug Fix: Enabled calibration freeze from API when calibration freeze real time signals are not enabled

* Bug Fix: Fixed an issue on dual ADC gen 2 devices where the PL event input to ADC tiles 226 and 227 was not being connected

* New Feature: Added DAC VOP real time signal interface

* New Feature: Added clear over range real time signal input

* Other: Updated ADC and DAC real time signal interfaces to use rfdc_rts_pins_rtl interface from IP packager

* Other: Updated ADC and DAC NCO real time signal interfaces to use rfdc_nco_pins_rtl interface from IP packager

* Other: Updated calibration freeze interface

* Other: Added examples processes to set the ADC thresholds in demonstration testbench

* Other: Updated gen 3 maximum sample rates

* Other: Updated gen 3 PLL configuration

* Other: Updated gen 3 FIFO read pointer start time

* Other: Updated gen 3 clock routing

* Other: Removed reserved calibration option for gen 3 devices

* Other: Removed reserved TDD options for gen 3 devices


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし


* バージョン 4.1 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 1.0

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* Feature Enhancement: Added initial support for near end PMA loopback

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更


* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 14)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし


* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AR# 73626
日付 07/26/2020
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール