AR# 75195

|

2020.1 Zynq-7000: Linux 5.4 カーネルでイーサネットの性能の数値が低下する

説明

2019.2 および 2020.1 リリースの性能テストを比較すると、PS と PL イーサネットの両方について Zynq-7000 デバイスの TX 側と RX 側で 100 ~ 150 Mbps の性能低下があります。

ソリューション

これは 2020.1 リリース Linux 5.4 カーネルの既知の問題で、Zynq-7000 デバイスにのみ影響を与えます。

Zynq UltraScale+ MPSoC/RFSoC および Versal デバイスは影響を受けません。

現在この性能低下に対する解決策はありませんが、必要に応じて下のパッチを使用できます。

https://github.com/Xilinx/linux-xlnx/commit/ac7c3e4ff401b304489a031938dbeaab585bfe0a


根本的な原因:
この性能低下は、Linux カーネルの「enable CONFIG_OPTIMIZE_INLINING forcibly」 commit に起因しています。

カーネルおよびネットワーキング スタックには多くのインライン関数があるため、最適化されていないインライン関数によって性能低下が引き起こされることがあります (これは GCC バージョンによって異なる場合もある)。


この性能低下は、Zynq-7000 デバイスの GEM およびザイリンクス AXI Ethernet MAC でのみ発生します。

該当のカーネル管理者によって解析されるよう、ザイリンクスではこの性能低下を文書化し、メインのコミュニティで話し合いの機会を持つことに努めています。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
0001-compiler-enable-CONFIG_OPTIMIZE_INLINING-forcibly.patch 2 KB PATCH

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
73686 PetaLinux 2020.1 - 製品アップデートのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 75195
日付 07/14/2020
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP
Boards & Kits
People Also Viewed