AR# 7749

4.1i Foundation Simulator - スクリプト ファイルでファンクション シミュレーションは実行できるが、タイミング シミュレーションができない

説明

キーワード : fndtn, simulation, timing, functional, シミュレーション, タイミング, ファンクション

重要度 : 標準

概要 :
スクリプト ファイルを使用してファンクション シミュレーションをした場合、正常に実行されますが、 特定のスクリプト ファイルを使用してタイミング シミュレーションを実行した場合、「Unknown signal or net name」というメッセージが表示されます。 さらに、FPGA Editor でもネットが表示されます。

ソリューション

1

この問題は通常、信号が予測とは異なる構文で記述された場合に発生します。 このような構文バリエーションの原因としては、バックアノテーション中における階層の維持オプションの使用が考えられます。 タイミング シミュレーションにこのオプションを使用してください。これには、[Implementation Options] → [Simulation Options] → [EDIF] タブをクリックし、[Retain Hierarchy] をオンにします。

スクリプト ファイルが実行されると、階層が変更されたためバスが見つからないという警告が表示されることがあります。 たとえば、U1/ID[15:0] という信号があるとすれば、ID[15:0] に変更するだけで警告メッセージを消去できます。 これにより、スクリプト ファイルを変更することなく目的の信号が表示されます。

Foundation Logic Simulator はバックアノテートされた time_sim.edn ファイルの内容を読み込むだけです。 EDN ファイルに信号がある場合、スクリプト ファイルの変更にかかわりなく、Foundation Logic Simulator を使用して選択ができます。 場合によっては、Logic Simulator の [Add Signal] で階層内を検索した方が信号を見つけやすいこともあります。

2

表示されない信号が若干数であれば、手動で信号を追加し、スクリプト ファイルを変更して修正できます。 この操作は、階層を維持したままで可能です。

まず、手動で信号を選択します。 これには [Component Selection] ウィンドウの階層をスクロールし、信号のあるマクロを探します。 最上位をクリックすると、左側に信号のリストが表示されます。 ここで、目的の信号がリストに含まれているはずです。 シミュレーション ウィンドウを閉じ、目的の信号を追加します。

次に、スクリプト ファイルから delete_signals 行を削除します。 スクリプト ファイルが実行されたら、信号はすでに配置されています。信号を追加できない旨のメッセージは無視してかまいません。
AR# 7749
日付 06/13/2002
ステータス アーカイブ
種類 一般