AR# 7861

4.1i CORE Generator - 重複するコア リソースが検出されたことを示すエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : coregen, duplicate, core, samba, 重複, コア

重要度 : 標準

概要 : CORE Generator を起動すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

# Xilinx CORE Generator 4.1i # User = xilinx # 新規 IP リソースをスキャン中です。 しばらくお待ちください...
# /home/kimolos2/xilinx/alliance_2.1/coregen/ip/xilinx/baseblox_v1_0/com/xilinx/ip...
# エラー : /home/kimolos2/xilinx/alliance_2.1/coregen/ip/xilinx/baseblox_v1_0/com/xilinx/ip で重複するコア リソース BaseReg、1.0、xc4000_all+virtex_all、xilinx が見つかりました。
# エラー : /home/kimolos2/xilinx/alliance_2.1/coregen/ip/xilinx/baseblox_v1_0/com/xilinx/ip で重複するコア リソース C_BUFT、1.0、xc4000_all+virtex_all、xilinx が見つかりました。
# エラー : /home/kimolos2/xilinx/alliance_2.1/coregen/ip/xilinx/baseblox_v1_0/com/xilinx/ip で重複するコア リソース C_LUT、1.0、xc4000_all+virtex_all、xilinx が見つかりました。
# エラー : /home/kimolos2/xilinx/alliance_2.1/coregen/ip/xilinx/baseblox_v1_0/com/xilinx/ip で重複するコア リソース C_LUT_FD、1.0、xc4000_all+virtex_all、xilinx が見つかりました。
# エラー : /home/kimolos2/xilinx/alliance_2.1/coregen/ip/xilinx/baseblox_v1_0/com/xilinx/ip で重複するコア リソース C_LUT_LD、1.0、xc4000_all+virtex_all、xilinx が見つかりました。

ソリューション

このエラーは 1 つのコアに対するデータ ファイルやその他関連ファイル (ほとんどの場合 XCD ファイル) が複数存在すると発生します。

たとえば、1 つのコアに対し 2 つの XCD ファイルが存在し、そのうちの 1 つのファイル名は大文字で、もう 1 つが小文字の場合、そのサブ ディレクトリ名も同様に大文字/小文字が一致しないまま作成されてしまいます。

この場合、どちらか不必要なディレクトリを削除して、ファイル名の不一致を回避します。 次にアップデートを再び実行すると、元の設定でファイルが格納されます。

このエラーは、CORE Generator IP アップデートの ZIP ファイルをネットワーク上の PC から Samba を実行している UNIX にインストールしても発生します。 Samba では既存コアの新規バージョンに対し、PC ファイル名が自動的に小文字に変換されます。 CORE Generator ではファイル名の大文字/小文字が区別されないため、この 2 つの XCD ファイルが重複しているものと認識されてしまいます。

この大文字/小文字の問題を検出するには、$XILINX/coregen/ip ディレクトリでファイルが重複していないかを確認します。 重複するファイルは、$XILINX/coregen/ip/resources.lib ファイル (2.1i リリース)、$XILINX/coregen/ip/corelib.xml ファイル (3.1i リリース) からも検出できます。

重複するファイルがあった場合は、UNIX の tar.gz フォーマットの IP アップデート最新版を入手し、$XILINX/coregen/ip ディレクトリを削除します。次に、この圧縮ファイルを使用し、CORE Generator に IP アップデートを再インストールしてください。
AR# 7861
日付 10/09/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般