AR# 7939

Virtex I/O - 未使用ピンを High、Low、またはフローティングに指定

説明

キーワード : IO, pin, logical, state, pull-up, pull-down, pull, up, down, BitGen, setting, option, change, default, implementation, configuration, template, ピン, 論理, ステート, プルアップ, プルダウン, 設定, オプション, 変更, デフォルト, インプリメンテーション, コンフィギュレーション, テンプレート

デフォルトでは、Virtex デバイスの未使用 I/O ピンには弱いプルアップ抵抗が付いています (~ 50k-100k オームからグランド)。 3.1i の Alliance および Foundation ソフトウェアでは、未使用ピンをプルアップにするかフローティングさせておくことができます。 これは、BitGen で設定できます。


ソリューション

1

異なるソフトウェア ツールでこの設定を変更するには、次の手順に従ってください。 この設定は BitGen レポートにはリストされていません。 また、デバイスがコンフィギュレーションされた後はこの設定を変更することはできません。

Foundation:
1. Project Manager から Implementation Template Manager を開き、[Tools] -> [Utilities] をクリックします。
2. [Configuration Templates] をクリックします。
3. [Default] をハイライトしながら、[Customize] をクリックします。
4. [Program Options] で次のうちの 1 つを選択し、[Set] をクリックします。

-g unusedpin:pullup
-g unusedpin:pulldown
-g unusedpin:pullnone

Alliance:
1. Design Manager で [Utilities] -> [Template Manager] をクリックします。
2. 上記の手順に従います。

Foundation ISE:
1. インプリメンテーション フローを一度実行したあと、[Create Programming File] -> [View Programming File Generation Report] をクリックします。
2. このレポートに BitGen コマンド ラインが記載されています。 そのコマンド ラインをコピーし、コマンド シェルに貼り付け、"-g" オプションを追加します。
3. BitGen を再実行します。

2

Foundation 4.1i にはこのオプションはありません。 .
AR# 7939
日付 04/24/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般