UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 8038

8.1i TRACE/Timing Analyzer/制約 - IOB で LD ラッチを通過するパスに FROM TO 制約を設定する方法 (lat_d_q)

説明

キーワード : TRACE, analysis, from, to, latch, IOB, 解析, ラッチ

IOB の LD ラッチを通るパスに制約を設定することはできますか。

ソリューション

使用できません。 ラッチは組み合わせロジックになると考慮されるため、FROM:TO 制約は pad-to-latch と latch-to-pad から設定する必要があります。

制約を使用してラッチを通過させるには、次のラインを PCF/UCF に追加してください。

enable=lat_d_q;
AR# 8038
日付 11/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般