AR# 8110

Virtex-5 / Spartan-3/E/A コンフィギュレーション - LOUT 書き込みを使ってシリアル モードでデバッグ

説明

キーワード : Virtex, Spartan, - configuration, lout, serial, -5 コンフィギュレーション, シリアル

ビットストリームをデバッグする必要があります。 シリアル モードでデバッグするには LOUT 書き込みをどのように使用しますか。

ソリューション

LOUT コンフィギュレーション レジスタは DOUT ピンへのパイプライン レジスタです。 LOUT 書き込みをビットストリームに埋め込むと、ダウンロードがある一定点に達したことがわかるようになります。 つまり、デバイスが同期化されているということになります。

LOUT 書き込みを埋め込むには、テキスト エディタを使って、RBT ファイルに書いておくのが一番の方法です。しかし、2 つのパケットの間に挿入する必要があります。 パケットおよびビットストリームのフォーマットの詳細は (Xilinx XAPP138): 『Virtex FPGA Series Configuration and Readback』を参照してください。

32 ビット 1 ワードの LOUT 書き込みのパケット ヘッダは 0x30010001 です。 この後には、DWord (データ) が 1 つ続く必要があります。 このデータは何でもかまいません。デバッグのときに便利になります。 LOUT 書き込みはビットストリームのどこにでも埋め込むことができ、正常なダウンロードが行われているのを確認するために重要になります。

詳細は、(Xilinx Answer 7891) を参照してください。
AR# 8110
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般