AR# 8173

CPLD CoolRunner XPLA - ISP または JTAG/バウンダリスキャン機能を持つ CoolRunner (XPLA1、XPLA2、XPLA3、CoolRunner-II) デバイスについて

説明

ISP またはバウンダリスキャン操作は、どの CoolRunner デバイスでサポートされていますか。

ソリューション

CoolRunner ISP および JTAG/バウンダリスキャンのサポート


  1. すべての CoolRunner-II (XC2C32、XC2C64、XC2C128、XC2C256、XC2C384、XC2C512) は、JTAG 1532 に準拠しています。
    これらのデバイスは JTAG TAP ピンからプログラムされ、BYPASS、SAMPLE/PRELOAD、EXTEST、INTEST、USERCODE、IDCODE、CLAMP、および HIGHZ 命令をサポートしています。 

  2. すべての XPLA3 (XCR3064XL、XCR3128XL、XCR3256XL)、XPLA2 (XCR3320、XCR3960)、および XPLA1 オリジナル (3128、5128) デバイスは、JTAG 1149.1 に準拠しています。
    これらのデバイスは JTAG TAP ピンからプログラムされ、BYPASS、SAMPLE/PRELOAD、EXTEST、INTEST、USERCODE、IDCODE、および HIGHZ 命令をサポートしています。

  3. すべての XPLA1 拡張 (XCR3032A/C、XCR3064A、XCR3128A、XCR5032C、XCR5064C、XCR5128C) は、JTAG 1149.1 に準拠しており、BYPASS および IDCODE 命令をサポートしています。
    これらのデバイスは、JTAG TAP ピンから、またはサードパーティ プログラマによってプログラムされます。

  4. XPLA1 オリジナル メンバー (XCR3032、XCR3064、XCR5032、XCR5064) および 22V10 メンバー (XCR22LV10、XCR22V10) では、JTAG 1149.1 規格をサポートしておらず、プログラムするための JTAG TAP ピンがありません。
    これらはサードパーティ プログラマによってプログラムされる必要があります。

 
AR# 8173
日付 09/19/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス