UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 8194

3.1i COREGEN - Xilinx CORE Generator 3.1i の新機能

説明

キーワード:new, coregen, CORE Generator, 新

重要度 :重要

概要:
Xilinx CORE Generator 3.1i の新機能

ソリューション

1. すべてのプラットフォームでの起動時間が短縮されました。

2. Solaris でのランタイムが約 1.5 倍高速になりました。

3. CORE Generator に新しいグラフィカル ユーザー インターフェイスが加わりました。
- 新しいファミリ サポートをウィンドウに表示
- Xilinx サポート ページへのリンクの追加。
- 編集可能なプリファレンスの設定 (表示するプロジェクト ディレクトリの数、Web ブラウザのパス、PDF ブラウザのパス、最近使用したプロジェクトへの自動的アクセス、出力ファイルの自動上書き)。
- コア ディレクトリの並べ替え方法の選択が可能。この機能を使用してコアをアルファベット順、ファンクション別、ベンダー別、ファミリ別、タイプ別に並べ替えることができます。
- デザイン フローにあわせて指定可能なプロジェクトのオプション。
- VHDL または Verilog デザイン フローを選択すると、デフォルトで VHO および VEO テンプレート ファイルが生成。
- ファイルを選択するダイアログ ボックスの改善。

4. ユーザーの指定したプリファレンスは、UNIX プラットフォームではホーム ディレクトリに、PC では Windows のレジストリにある .coregen.prf ファイルに保存。
グラフィックのステータスの改善。

5. Foundation ISE のサポートが新しく加わりました。(PC のみ)

6. JAVA および SWING の新しいバージョン (1.1.7b / SWING 1.1.1) をサポートしています。

7. コアのカスタマイズ ウィンドウで新しくコア ビューア機能が使用できるようになりました。
- RPM を介したロジックのグラフィック表示、モジュール生成後に CLB/スライス、LUT、レジスタの使用状況のレポートを作成
- Virtex、4000、Spartan、Spartan-II アーキテクチャのサポート (Virtex-II のコアは将来のリリースでサポートされます。)
- コアのカスタマイズ ウィンドウで生成後にコア ビューアの表示を指定

8. HDL フローの改善
- ユーザーによる get_models の実行は必要なし。
o 3.1i に含まれるコアの CORE Generator Verilog シミュレーション モデルは $XILINX/verilog/src/XilinxCoreLib から入手可能。
o 3.1i に含まれるコアの CORE Generator VHDL シミュレーション モデルは $XILINX/vhdl/src/XilinxCoreLib から入手可能。
- 新しい IP のアップデート用のモデルは既に抽出されて利用可能。また 2000 年 9 月以降のリリースでは IP のインストール操作で自動的に抽出されます。
- 新しい vhdl_analyze_order ファイルに、シミュレーション用の CORE Generator VHDL モデルのコンパイル順をリスト。
- 新しい verilog_analyze_order ファイルに、CORE Generator Verilog ビヘイビア モデルをコンパイル済みの Verilog シミュレータのコンパイルの順でリスト。
- プロジェクト オプションで Verilog および VHDL フローを指定すると、それぞれ VEO および VHO テンプレートを自動的に作成。

9. .ASY シンボル フォーマットをサポートしています。
- デフォルトで各コアの ASY ファイルを生成。
- ECS 統合をサポート。
ユーザー パラメータの選択に沿ってコアのカスタマイズでコア シンボル ピンのアップデートが可能。(Virtex コアのみ)

10. coredb.xml ファイルが IP データベース ファイルをインストールする resources.lib に変わり、この新しい COREDB ユーティリティでコア データベース ファイルをインストールする新しい coredb.xml を直接アップデートします。

11. プロジェクトの管理がさらに向上しました。
- プロジェクトを選択するダイアログ ボックスの改善。
- 新しいプロジェクト ロック機能で、複数ユーザーのプロジェクトへの同時書き込みを防ぎます。
AR# 8194
日付 08/23/2002
ステータス アーカイブ
種類 一般