AR# 8216

2.1i FPGA Editor - マクロとしてデザインを保存中にアプリケーション エラーが発生する。

説明

キーワード:FPGA Editor, watson, 0000005, 006098f2, fpga_editor.exe, saving, macro, 保存, マクロ

重要度 :標準

概要:配線済みのネットを含むデザインを FPGA Editor でマクロとして保存するとき、次のワトソン博士のエラー メッセージが表示されます。

アプリケーション エラーが発生しました。アプリケーション エラー ログを作成しています。
fpga_editor.exe
例外 : アクセス違反 (0xc0000005). アドレス (0x006098f2)

ソリューション

FPGA Editor でマクロ ファイル (拡張子 .nmc) を保存する時、マクロに含めることのできるアイテムは、配線済みコンポーネント、未配置 IOB、未配線ネットのみです。デザインに配線済みまたは配置済み IOB が含まれている場合は、マクロが不正で、ワトソン博士のエラーが保存時に表示されます。

マクロとしてファイルを保存するには、配置した IOB の配置を取り消し、すべてのネットの配線も取り消します。これでデザインがマクロとして保存できるようになります。FPGA Editor でのマクロ作成に関する詳細については、『FPGA Editor ガイド 2.1i 日本語版』を参照してください。
(http://toolbox.xilinx.com/docsan/2_1i>http://toolbox.xilinx.co.jp/docsan/2_1i).
AR# 8216
日付 07/09/2001
ステータス アーカイブ
種類 一般