AR# 8245

2.1i:9500 : Hprep6 :反転されたグローバル トライステートが正しく機能しない。

説明

キーワード:2.1i, hprep6, CPLD, 9500, tristate, global, トライステート, グローバル

重要度 :標準

概要:
反転されたグローバル トライステートを使用すると、シミュレーションは問題なく実行されるが、ハードウェア上では正しく機能しない。制御信号が解放したと報告していても、トライステート信号は解放されていない。

ソリューション

この問題の原因は、CPLD フィッタおよび反転されたトライステート制御の取り扱い方にあります。この問題が発生するのは以下の条件の揃ったときです。

- 9536/9572/95108 を使用している。
XL では影響はありません。またこれ以外の 9500 デバイスでも影響はありません。

および

- デザイン全体を通してグローバル ステートの正と負を使用している。
グローバル ステートがすべて正または負のいずれかの場合には問題ありません。

この問題を回避するには、Design Manager の以下のオプションのチェック ボックスをオフにします。
[グローバル出力イネーブルを使用]

この問題はサービス パック 5 で修正される予定です。
AR# 8245
日付 08/27/2001
ステータス アーカイブ
種類 一般