UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 8245

2.1i:9500 : Hprep6 :反転されたグローバル トライステートが正しく機能しない。

説明

キーワード:2.1i, hprep6, CPLD, 9500, tristate, global, トライステート, グローバル

重要度 :標準

概要:
反転されたグローバル トライステートを使用すると、シミュレーションは問題なく実行されるが、ハードウェア上では正しく機能しない。制御信号が解放したと報告していても、トライステート信号は解放されていない。

ソリューション

この問題の原因は、CPLD フィッタおよび反転されたトライステート制御の取り扱い方にあります。この問題が発生するのは以下の条件の揃ったときです。

- 9536/9572/95108 を使用している。
XL では影響はありません。またこれ以外の 9500 デバイスでも影響はありません。

および

- デザイン全体を通してグローバル ステートの正と負を使用している。
グローバル ステートがすべて正または負のいずれかの場合には問題ありません。

この問題を回避するには、Design Manager の以下のオプションのチェック ボックスをオフにします。
[グローバル出力イネーブルを使用]

この問題はサービス パック 5 で修正される予定です。
AR# 8245
作成日 12/09/1999
最終更新日 08/27/2001
ステータス アーカイブ
タイプ 一般