UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 8255

3.1i JTAG Programmer - 「Error: JTag - Boundary-scan chain test failed at bit position '3'...」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : JTAG, integrity, failed, bit position, 2.1i, エラー, ビット位置

重要度 : 標準

概要 :
JTAG Programmer を使用してほかの JTAG 操作をコンフィギュレーションし、実行すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"Checking boundary-scan chain integrity...ERROR:JTag - Boundary-scan chain test failed at bit position '3' on instance 'ttt(Device1)'."

ソリューション

1

このエラーは JTAG のチェーンが破損しているか、あるいはチェーンにノイズがあるために発生します。

通常は、ケーブルが正しく接続されていないか、ボードのトレースが正しくないか、チェーン内のほかのデバイスでエラーが発生しているか、パラレル ポートにノイズがあるかのいずれかが原因です。

デバッグの際には、次を試してみてください。

1. 別の PC で別のケーブルを使用してみてください。
2. TAP をプローブし、信号の強さを確認してください。

2

JTAG 動作中に、PROG 信号が High のままであるかどうかを確認してください。 PROG が Low にアサートされると、デバイスがリセットされ、JTAG チェーンが破損します。

ザイリンクスでは、PROG 信号にプルアップ抵抗を付けることをお勧めしています (4.7k のプルアップ抵抗を推奨)。 このプルアップ抵抗は、PROG 信号が XC18V00 デバイスの CF 信号に接続されている場合でも必要です。
AR# 8255
作成日 08/31/2007
最終更新日 09/30/2005
ステータス アーカイブ
タイプ ??????