AR# 8258

2.1i:9500 : Hitop:「警告:CPLDFitter - インスタンス <inst> に設定されているプロパティ SLOW が以前に設定した FAST と競合する。

説明

キーワード:9500, fast, slow, slew, 速い, 遅い, スルー

重要度 :標準

概要:

9500 デバイスではスルー レートを高速または低速に設定できます。制約ファイルに次の制約を追加できます。

net <name> slow;

デザインのインプリメンテーションを実行しようとすると、制約は無視され、次のような警告が表示されます。

WARNING:CPLDFitter - The property SLOW set on the instance "<inst>" conflicts with the previous setting FAST. Both settings are ignored in favor of the fitter default.

この警告は FPGA Express を使用して合成した場合に発生します。FPGA Express で出力信号に FAST 属性を追加すると、UCF で SLOW 制約がある場合にフィッタが混乱します。

ソリューション

1

この問題を回避するには、次の操作を実行します。

1) GA Express の合成制約を編集します。
2) [Ports] タブをクリックします。
3) ネットのスルーを設定します。
4) ネットリストにはこのネットの SLOW 属性が追加されています。

2

WebPack に含まれる Xilinx 合成ツール (XST) (http://www.xilinx.co.jp/sxpresso/webpack.htm) ではこの問題は発生しません。

3

また別の解決策として、ネットリストを開き、属性 FAST を SLOW に変更する方法があります。
AR# 8258
日付 06/13/2002
ステータス アーカイブ
種類 一般