UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 8262

4.1i 4000XLA MAP - 「FATAL_ERROR:OldMap:x45maclb.c:204:1.10.2.2 - Unknown input pin Q」というエラー メッセージが表示される。

説明

キーワード : x45maclb, 204, unknown, input, pin, FPGA Express, XNF, latch, LDCE_1, 不明, 入力, ピン, ラッチ

重要度 : 標準

概要 :
ネットリストは 4000XL デバイスにマップされますが、MAP で 4000XLA デバイスをターゲットにすると次のエラー メッセージが表示されます。

FATAL_ERROR:OldMap:x45maclb.c:204:1.1.2.2 - Unknown input pin Q for CLB LATCH primitive. Process will terminate.

ソリューション

LDCE_1 ラッチのピン タイプが、I または O ではなくすべて不正に「B」に定義されています。 LDCE_1 は FPGA Express ライブラリでプリミティブとしてリストされていません。 このため、インスタンシエーションされた時、ブラック ボックスとして扱われます。 上記のような場合、Verilog では、ピンの方向が指定されている必要がなく、FPGA Express にはこのコンポーネントに関する情報はないため、デフォルトで双方向ピンとなります。 この問題を解決するには、LDCE_1 モジュールを次のように定義します。

module LDCE_1 (G,CLR,GE,D,Q);
input G,CLR,GE,D;
output Q;
endmodule

前と同じようにブラック ボックスとしてインスタンシエーションされ、NGDBuild で展開する必要がありますが、XNF ファイル内でピン方向は正しく宣言されます。

4000XL と 4000XLA ではデザインの動作が異なります。これは、4000XLA では LDCE_1 はプリミティブですが、4000XL では有効なピン タイプが指定された低レベルの LDCE が使用されるためです。
AR# 8262
作成日 12/13/1999
最終更新日 06/13/2002
ステータス アーカイブ
タイプ 一般