AR# 8532

2.1i, V1.5 CORE Generator: 確認 (verbose) レポートで CORE Generator を実行する方法。

説明

キーワード: coregen, verbose, CORE Generator, 確認

重要度 : 標準

概要:
確認 (verbose) モードで CORE Generator を実行する方法。

ソリューション

PC の場合:
--------
%XILINX%\bin\nt\coregen.bat を編集します。

通常最後の行にある jre.exe を呼び出す行に -v オプションを追加します。

例: %XILINX%\coregen\java\nt\jre1.1.5\bin\jre.exe -v -mx128m -ss4M -classpath .;%XILINX%\coregen\lib;%XILINX%\coregen\resources;%XILINX%\coregen\java\nt\jre1.1.5\lib\rt.jar;%XILINX%\coregen\java\nt\jre1.1.5\lib\i18n.jar;%XILINX%\coregen\java\swing\swing-1.0.3\swingall.jar com.xilinx.encore.coregen.main.Coregen -c %XILINX%\coregen %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9


.bat file を保存します。アクセス権が上書き禁止に設定されている場合、変更します。

Core Generator を通常どおり起動してください。


Solarisの場合:
-----------

$XILINX/bin/<platform>/coregen を編集します。

通常最後の行にある jre.exe を呼び出す行に -v オプションを追加します。

例: $JAVA/bin/jre -v -mx128m -ss4M -DLDLIBPATH=$LD_LIBRARY_PATH -classpath $COREGEN/lib:$COREGEN/resources:$JAVA/lib/rt.jar:$JAVA/lib/i18n.jar:$SWING/swingall.jar com.xilinx.encore.coregen.main.Coregen -c $COREGEN $*

.bat file を保存します。アクセス権が上書き禁止に設定されている場合、変更します。

Core Generator を通常どおり起動してください。
AR# 8532
日付 09/05/2001
ステータス アーカイブ
種類 一般