UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 8674

Mentor Design Architect/ Xilinx A2.1i:Virtex-E のディファレンシャル I/O (LVDS) の使用方法

説明

キーワード: LVDS, differential I/O, standards, schematic, ディファレンシャル I/O, 標準, 回路図

重要度 : 標準

概要:

インプリメンテーション ツール バージョン 2.1i (サービス パック 5) の Mentor C.2 Design Architect を Virtex-E をターゲットにして使用しています。LVDS のディファレンシャル I/O の使用方法を教えてください。Virtex ライブラリには記載されていません。

ソリューション

バージョン 2.1i (サービス パック) では、LVDS コンポーネント シンボルがライブラリにないため、回路図で使用できません。

現在のところは、LVDS I/O 標準を使用するには、ユーザー制約ファイル (UCF) を使用してください。

注 :インプリメンテーション ツール バージョン 3.1i には、これらのコンポーネントのシンボルが回路図に配置されるようになります。

UCF ファイルの例および LVDS の使用方法については、(ザイリンクス アンサー #8187) を参照してください。
AR# 8674
作成日 02/23/2000
最終更新日 06/13/2002
ステータス アーカイブ
タイプ 一般