UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 8750

Virtex: デバイスのサイズが大きくなると I/O のフリップフロップの入力セットアップ タイムが長くなる理由について

説明

キーワード: Virtex, Setup, Input, セットアップ, 入力

重要度 : 標準

概要 :

Virtex データシートの IOB 入力スイッチの特性では、I/O のフリップフロップのセットアップ タイムがデバイスのサイズによって異なることを示しています。デバイスのサイズが大きくなるとセットアップ タイムが長くなります。

ソリューション

Virtex デバイスでは、入力遅延がグローバル クロック遅延よりも大きくなるように設計されています。これにより入力遅延を使用する際、グローバル クロックに対応しゼロ ホールド タイムを使用できます。デバイスのサイズが大きくなるとグローバル クロック遅延が大きくなるので、入力遅延も対応して大きくなるように設計されています。

Virtex データシートではピン間のセットアップ タイム (DLL 付きまたは DLL なし) も表示されています。デバイスのサイズが変わっても数値は変わりません。デバイスのサイズが大きくクロック遅延が大きい場合、遅延がキャンセルされます。
AR# 8750
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般